金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時15分前後配信!!(現在10月10日版配信中)

公式メルマガご登録

ゴールドマーケットナビゲーターは文字通り金相場をテーマとしていますが、
銀相場についても解説してもらえませんかという依頼が旧年中に数件ありました。
日本人でも銀相場に興味がある人がいるのですね。

日本人が関心を向ける白系貴金属は、多くの場合プラチナです。

不況だの何だのと言いながら、基本的に日本人は安価なものにはあまり関心を示しません。
安価なものより高価なものを選考する傾向は他の面においてもはっきりしています。

例えば、今の季節の外出時に着るアウターは、
有名ブランドならどこのものでも決して安くはありませんが、
その中でもトップブランドは何といっても MONCLER(モンクレール) でしょう。

一着十数万円もしますから、簡単に手が出そうな価格域のものではないだろう...と思いきや、
毎年冬になると都内で道行く非常に多くの人達はモンクレールのアウターを着て歩いています。
(日本人はみんなオカネ持ってるよね~)

日本人が貴金属を買う場合にも同じ傾向が出ていると思います。

皆さん、高価な金やプラチナには関心が向くのですが、
銀を買っていこうとする人はまずいません。

もちろん銀も金と同様、貴金属であることは誰でも知っているはずなのに...です。

いつの間にか、日本人のDNAには、
「安価=低品質」の連想パターンが刷り込まれてしまったようです。

一般消費財の世界ならその考えで通用すると思いますが、
投資の世界で稼ごうと思うなら異なる見方も必要です。


一般的に投資家たちは、どんな投資対象でも良いので割安なマーケットを探そうとします。
そして、見つけたらそこへ資金を投入してバブルを作っていきます。

現在の貴金属市場を見ると、一つの大きく歪んだ現象に気付きます。
それは、銀価格の大きな出遅れです。

貴金属市場は、金、銀、プラチナ、そしてパラジウムの4種類銘柄で構成されています。

この中で最初に狂乱相場を演じたのは2000年のパラジウムでした。
金相場でさえ当時260~270ドル台に低迷していた時期に
驚きの1000ドル超えを果たした金属です。


そしてリーマンショック前のプラチナ価格は2290ドルまで昇り詰めました。
金価格が1030ドル天井をつけたのと同じ時期です。

銀価格は、金が1980年1月に835ドル天井(当時にしたら物凄い高値だった)つけたのと同じ時に
41ドル50セントという高値をつけています。

銀価格がその高値を上抜いたのは2011年4月の49ドル31セントでしたが、
1980年の高値を一瞬更新しただけでした。

現在も1980年当時の値段より沈んでいるのは4つの中で銀価格のみであり、
とても不可解な事実です。

貴金属市場で割安感が最も出ているのは、明らかに銀市場です。
他銘柄と比較してみると一目瞭然です。


<金> ドンドン高値更新中(1980年高値はもう遥か下)
↓クリックで画像拡大↓
107.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


<プラチナ> 2008年天井から大暴落するも再び高値圏へ
↓クリックで画像拡大↓
108.jpg


<パラジウム> 2001年天井に再び近づいている程の高値
↓クリックで画像拡大↓
109.jpg


そして・・・

<銀> 銀だけが今も1980年高値の下に沈んでいる
↓クリックで画像拡大↓
110.jpg


上の4銘柄のチャートを一度に見れば、銀価格が如何に出遅れているかが分かると思います。

相場においてある部分だけが出遅れていたり歪んでいたりすると、
その部分はいずれ補正されるのが相場の習性です。

もしその習性が銀価格の出遅れに適用されたとするならば、
銀相場はこの先あるところで大暴騰する可能性があると思います。


金と銀のサイクルは各々独自ですが、基本的に金が上がれば銀も連れて上がります。

いつも言うように、金のサイクル的余命はまだかなりありますので、
銀についても同様に言えると思い、
どこかで出遅れ分を一気に取り戻すのではないかと見ています。

無料メルマガでは金のサイクルを解説していますので、
銀に興味を持った方はこちらを見て、銀のポテンシャルを推し量ってみて下さい。


 
2014/02/04 12:46
久し振りに銀相場についても触れておきたいと思います。

金投資一筋の人もいれば、銀投資も行っている人も少なくないことでしょう。

そして、銀投資をやっている人も私のメルマガ会員さんにはいらっしゃるので、
今後の銀相場について解説したいと思います。


まず大前提として、金と銀の大きな違い・特性は、用途です。

金は、宝飾品がほとんどであることに比べ、銀は大半が工業利用です。

また、希少性も比較対象にならないほど金の方が希少です。
現実的な埋蔵量の違いもあります。


しかし、やはり、金と銀は密接な関係を持っていて、
銀相場は、金相場と連動する場合がほとんどです。

しかし、金相場の大きなサイクル・レンジの中で銀相場が動いているような感覚のため、
時には連動しないこともあります。

特に短期売買の方は、そのように思うことが多いでしょう。


しかし、中長期的に見ればほぼ同じ推移をしているのです。

価格の違いによって、資金的な問題で金投資をしたいけど、
銀投資にしているという人が多いのではないでしょうか。

そのため、特別銀相場については金相場と同じであるため、
私がブログやメルマガで配信している金相場情報を応用していただければ
問題ないので解説することは少ないですが、

短期売買の方は、銀相場特有の値動きを察知したいのだと思います。


まず大前提として、銀相場の特徴は、短期的に見ればはっきりと値上がった場合、
すいすいと値上がり続ける傾向があります。

そのため、如何にしてそれを察知することができるかが重要になってきます。


これを察知して、お小遣い稼ぎは実におもしろい。
実は、この銀相場の特徴を使って私も、暇なときよくやっています(笑)

成功率は7割を安定的に超え、損も少ない段階で損切りすることが出来ます。

これについては、テクニカルをマスターすれば比較的簡単なことかもしれません。

まずは、私のメルマガで配信している
オリジナルテクニカル分析手法のレポートを全てマスターしてください。


「今後の銀相場」という記事ではありますが、基本(短期以外)は金相場と一緒。

短期の場合は、上記をしっかり実践してみてください。



 
2013/12/14 21:53
こんにちは。
マサアキです。


先日、またスイスに現物買いのオーダーを出しました。

今度はシルバーでなく、ゴールドインゴットを注文しました。

個人的には2002年以来、実に10年ぶりの金買いです。

国内店頭には無いブランドだったので気に入って買うことにしました。 

あと数日で届くでしょう。


ところで、その時シルバー・インゴットの在庫状況を

チラ目で見てややショックを受けました。

"Out of stock", "Out of stock", "Out of stock"

・・・つまり「在庫切れ」の表示なのです。

ちょっと前まではこんな表示は見たことがありませんでした。


実は、シルバーインゴットには人気が集中している銘柄があります。

↓これがその銘柄です↓
25.jpg


スイスPAMP社の1オンス(=31.1035g)シルバーインゴットです。

世界的にこれが大人気なのです。

気品のある美しいデザインに、世界的に有名な鋳造業者のロゴが入っています。

また、それ自体が保証書になるプラスチックケースに入っています。 

完璧でしょう?(笑)

私もいくつか持っている中の4枚をYahooオークションに出したことがありますが、

全てアッという間に高値でさらわれていきました(笑)

いるんですね、この日本にも・・・分かっている人が。


サイズもこの1オンスものが手頃で、

価格もまだ銀価格が本格的に高くなる前であるため、

送料込みでも1枚5~6千円程度で入手出来ます。

eBayでも購入出来ますが、オークションサイトでは争奪戦になるため、

まず業者価格よりはやや割高な落札価格になります。


海外の人たちは貴金属に対する嗅覚が日本人よりもかなり鋭く
(というよりも日本人の嗅覚が鈍い)、

読んだ空気に乗りながら投資を行っているため、

少々の割高感など意に介さないといった雰囲気で大賑わいです。



以前、将来の銀相場の見通しは明るいという趣旨で

書かせて頂いたことがありましたね。

銀(シルバー)の地上在庫が減っているからというのがその主な理由ですが、

一体どの位の銀在庫が地上から減ったのでしょうか。 


<銀の地上在庫状況の変化>

1990年・・・21億オンス             
     ↓
2005年・・・2億5000万オンス



何と15年間で実に10分の1です。

他の銘柄を見渡してみても、

こんなに在庫が減ってしまった商品銘柄は銀(シルバー)以外には無く、

決して見過ごしておける事実ではありません。


銀相場は金(ゴールド)に連れて確かに上がってはいます。

しかし在庫が10分の1まで減ったという程の状況を反映していると言えるでしょうか? 

多分、それはNoでしょう。

深く突っ込むつもりはありませんが、相場というところの胡散臭さをいつも感じますね。

しかし、2000年の頃の 「鉄と同じになってしまったゴールド」 から 

現在の 「やはり有事の資産」に復帰したゴールドの前例もあるように、

歪んだ相場は後で必ず修正されるのが相場の摂理です。


英語の資料を読めば、シルバー投資の推奨はいたるところで見ることが出来ます。

残念ながら日本語ではなかなかなく、あっても著者がアメリカ人の僅かな本だけです。

あのロバート・キヨサキも、彼の本の中で 

「シルバーは地上在庫の激減ぶりを見ると、1オンス2000ドルまで来てもおかしくはない。」 

と言っているほど、海の向こうではシルバーが大変熱い様子です。


今日現在、シルバーは1オンス32ドルです。

ゴールドは既に青天井の域に入っています。 

これはもう言うまでもないことでしょう。

しかし、シルバーはここまでで終りなのでしょうか?

シルバーも間もなく青天井の域に入るでしょう (シルバーだけが遅れてるんです)。


まあ、私のメインはあくまでゴールドです、シルバー投資についての踏み込み判断は

余裕資金の問題もありますから各自に委ねます。


現在、毎週発刊している私の無料メルマガは、

当初の構想ではゴールドだけを取り入れるつもりでしたが、

一部の方からシルバー投資についての質問も受けたこともあり、

いかにシルバーについての記述を取り込むか、そのタイミングを現在思案中です。


ではまた。

 

2012/11/17 15:51

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

こんにちは。
マサアキです。


今日はまた久しぶりに銀(シルバー)の話をしましょう。

予想通りにまた元気良く上昇を始めたからです。


以前、今後の銀相場の大きなポテンシャルについて

触れた記事を書いたことがありますが、

覚えて頂いてますしょうか?


銀相場は基本的に高騰する金相場に連れて上昇していくものです。

「金(ゴールド)は "オカネ" である」

とはよく聞こえてくる話ですが、

それは銀(シルバー)も全く同じことです。


特に日本では金(ゴールド)の陰に隠れて地味な存在であるためか、

何かとスポットライトが当たり難い銀(シルバー)です。

マネー雑誌や新聞の記事にもまず話題に選ばれてきませんでしたが、

実は銀(シルバー)もまた、金(ゴールド)同様、

とても良い運用パフォーマンスを示してくれるのです。

決して見捨てるべきではないと思います。



銀相場について前回記事で私が強調したかった点をもう一度言います。

銀(シルバー)は上場貴金属銘柄 (金、銀、白金、パラジウムの4つ) の中で、

現在値が、1980年時の高値より下を推移している唯一の銘柄だということです。


相場的にはこういうものを「出遅れ銘柄」と言います。


昨年夏の天井時、一瞬少しだけ1980年時の高値を更新しました。

これは、いずれはこの水準を上に抜けて行きますよという予告でしょう。


ただ銀(シルバー)の場合、私は先物をあまり勧めていません。

金(ゴールド)とは異なり、東京市場では取り組みが少ないからです。

Yahoo オークションを見ていると、意外と日本人の中でも銀(シルバー)に関心を持って

いる人がそこそこいることが分かります。


ebayになると、もう世界ですから盛んに取引がされており、

銀(シルバー)は大人気です。

今のうちにあなたも買っておかれることをお勧めします。

私の友人で既に20キロ購入している人もいます。


テクニカル的にも銀相場は、今年の8月終り頃、

長い時間が掛けて終に上値抵抗線を上に抜けました。(以下のチャート参照)


急いだ方が良いかも知れませんね。


Spot Silver 週足   やはり強い兆しが・・・
↓クリックで画像拡大↓
13.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


今後、私の無料メルマガ

銀(シルバー)についてのコメントも適時入れていこうかと考えています。 

メインはあくまで金(ゴールド)なのですが、

銀(シルバー)は、今最も気になる銘柄なのです。

仕込みは周囲がまだ静かなうちにするのが私流です。

金(ゴールド)の時もそうでした。


では、また。

 

2012/10/15 15:22
こんにちは。
マサアキです。


最近、何人かの方達から同じ質問をほぼ同時に頂きました。

受けた質問は・・・

「金(ゴールド)にせよ銀(シルバー)にせよ、どれ位買ったらいくら儲かるの?」 

です。 

この質問は先物でなく、現物の金(ゴールド)買いを考えての話だそうです。

お金に余裕があれば現物を買ってじっくり熟成させるのも良いでしょう。

万一、買った値段より一時的に下がってしまったとしても証拠金取引ではないので

追加担保を入れる必要も無く、

上昇トレンドの最中ですから黙って値の回復を待てばいいだけですから・・・

余計な神経を使わなくて楽ですからね(笑)


では、本論に入ります。

クリップボード01.jpg

現在の金価格の位置は上の図で言えば、真ん中の第二波前半です。

上がり始めた相場の最初は非常に緩やかな動きです。

緩やかな上昇に対しては、調整(下落)も緩やかですが、

相場は段々と勢いづいてくるものです。いつまでもマッタリとした動きではありません。

最初の緩やかなステージが終了し、次のステージが始まると動くスピードは

いきなりグッと増します。そのステージが終了し、そのまた次のステージが始まると

更にスピードが増します。

以前なら何ヶ月もかけて動いていた値幅が、

今は既にわずか数日で動いています。


例えば、

10年前なら1年かけても60~70ドルも動けば良い方だったのに、

今ではたった1日で100ドル以上動くこともあります。


たった1日で100ドル動くことがあるのですから、

底から天井までの値幅は、今ならほんの数ヶ月で300~500ドル位になるなるわけです。

そのうち1000ドルを超えるようになっても何もおかしくはないことです。


では、ここで質問者の方たちが知りたかったことを計算してみましょう。

極めて現実的なシュミレーションです。


<想定条件>

ドル円相場:78円 で止まっているとするとしましょう

買う金現物:1kgバー(=1000g)を一枚

動いた金価格:1650ドル→2250ドル(600ドル)


<計算>

ドル建て金価格が1オンス(=31.1035g)1650ドルの時の円建て金価格(1グラム)を計算します。

1,650ドル÷31.1035グラム×78円=4,138(円/グラム)

つまり、この時の 1kgゴールドバーの税抜き価格は、4,138,000円です。

消費税込みだと、4,138,000円×1.05=4,344,900円になります。


では、ドル建て金価格が2250ドルになった時の円建て金価格は・・・

2,250÷31.1035×78=5,642(円/グラム)

この時の 1kgゴールドバーの税抜き価格は、5,642,000円となり、

消費税込みだと、5,642,000円×1.05=5,924,100円になります。

ここであなたが満足し、1kgゴールドバーを貴金属店で売った場合の儲け額は、

5,924,000円-4,344,900円=1,579,200(円)です。


想定条件ではドル円レートを固定しましたが、実際には動いていますので、

決済時のドル円が78円より円高ならば5,642,000円より少し目減りしますが、

円安ならば逆に少し増えます。



税金のお話もしておきましょう。

金地金を売却したお店からあなたに払われた消費税は、

個人の場合は納付義務はありません。 

納付義務があるのは、あなたが個人事業主もしくは法人の場合です。

しかし、この場合でも納付免除枠1000万円があります。


ただし、売却益そのものについては譲渡所得として申告義務があり、

譲渡所得には課税されます。


課税は、金地金保有期間が5年以内なら (譲渡所得-売却手数料) に対してなされますが、

保有期間が5年超なら、(譲渡所得-売却手数料)×0.5 に課税されます。


金先物取引で得た所得には分離課税が適用されるのに対し、

金現物売却による所得には総合課税が適用されるところが異なる点です。



では最後に関心があるのは、金は一体いくらまで上がるのか?ですね。

最もよく聞こえてくるのは、1オンス4000~6000ドルという数字です。

8000~10000ドルと言う人もいますし20000ドルなんて数字を出す人もいます。

いずれにせよ、私も個人的には4000ドル以上の価格が実現すると思っています。



既に昨年の9月6日には2000ドルの一歩手前まで実現しています。

そして、長く1年にも及ぶ調整期間を経て、今再び上昇を再開しようとしています。

しかも、通常、金(ゴールド)は秋口から冬にかけて高騰することが多いという

季節的傾向があります。丁度まさに今ですね。


底付けも5月16日の1527ドルで終了していると思います。 

したがって金(ゴールド)の現物買いをお考えの方は急ぐべきです。


これで答えになりましたでしょうか?

無料メルマガなどでも、詳しく説明していきますので

メルマガ会員様の方は、またいつでもご質問下さい。


では、また。

 

http://goldmarketnavigator.net/re/hoxin/
2012/08/31 12:41

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る