金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時15分前後配信!!(現在10月10日版配信中)

公式メルマガご登録

金現物を売却する時に、重量が同じならば同じ日にどこで売っても値段は同じだ
と思ったらそれは厳密には正しくありません。

貴方が売りに出したものの状態とブランドの人気度をチェックされ、
買い取り値に影響します。


また、銘柄を全然気にされないで購入する方もいらっしゃいますが、
あまりにマイナーな銘柄は一部の買い取り店に買い取りを拒否されることもありますので
その点は注意が必要です。

買い取り店の手元には買い取り価格表があります。
驚かれるかも知れませんが、買い取り価格は一つではなく何段階かに分かれています。

その表の上で最上値のことを彼等の言葉で"トップ"というらしいのですが、
あなたが自分の金を保有している期間中、あまり粗末な保管の仕方をしていると
彼等に"トップ"の値段で買ってもらえない可能性が高くなります。



金現物購入時と購入後は以下にご注意下さい。

1.人気ブランドか有名ブランドを購入する
(無名銘柄のインゴットやメイプルリーフ金貨以外は買い取りを拒否する店があります)

2.購入時に入っていたケースや密閉パックから出してしまうことは厳禁
(これをやるとトップの値段では絶対に買ってもらえません)

3.殆どがケースに入っていない裸売りのラージバー(1kgと500g)
  にもやたらと触るな

(金にあまり直接触ると微量でも擦り減って重量が軽くなり、買い取り値が安くなります)
(売却時には買い取り店が電子天秤で精密軽量します ⇒ 例:999.97グラムとか)


結局、上記から購入時に選ぶ物は以下が無難だと分かります。


1.インゴットなら保証書兼用のプラスチックケースに入った
   スイスブランドもの


2.コインなら日本国内ではご婦人達に人気のメイプルリーフ金貨
  (これが最も無難)

(カンガルーやウィーン・ハーモニーでもまあ良いですが)


実物写真は以下参照下さい。

197.jpg
198.jpg

先の投稿記事でも述べましたが、金の買い出動時期は今です。

日々の動きをデジタルで見ているだけでは相場の回復軌道は見えなくなってしまいます。

金相場をBig Picture で見ると、金はゆったりとしながらも上値志向で動いています。


<Spot Gold 月足>
↓クリックで画像拡大↓
199.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


そして、注目すべきはボリンジャーバンドの収束であり、
バンドの収束は上下どちらかに大きく振れる前兆であると言われます。

収束している時期は年末年始の頃であり、
恐らく雲が切り上がっていることが更なる安値阻止に効いていると思われるので、
それまで雲の下限線に張り付くように推移していくと思います。

またその頃は
バンドの中心線も下げ角度が緩やかになって同線を上に抜けて行き易くなると思い、
これが金の買い時が今のうちだと思う所以です。

ボリンジャーバンドや一目の雲の形状を見ると先の展開が見え易くなります。

今回はそれらを月足チャートに適用して先を占いましたが、
日足や週足または分足チャートにも適用出来て大変便利なものです。

ボリンジャーバンドや雲の形状から相場を読む感覚を身につけたい方は、
私の無料メルマガに纏めて解説していますので、是非ご登録してお取り寄せ下さい。


 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2014/08/27 22:28

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

その昔、純金と言えば純度99.9%で通用していました。

しかし、その後時代は99.99%で純金を流通させる時代へと移り、
9が4つあるので"フォアナイン"と呼ばれていました。

お分りだと思いますが、
これは金の純度が10倍にグレードアップされたということであり、

今日も尚フォアナインのゴールドインゴット、
及びゴールドコインが世界標準として通用しています。
(以下写真参照)
159.jpg

ところが最近、金の純度を更に10倍にアップさせたファイヴナイン(99.999%)の
ゴールドコインをカナダ政府が発行するようになりました。
(以下写真参照)

160.jpg

コインとしては珍しく、保証書カードと共に販売されていて、
このカードから外に出したりしなければ、
売却時に"トップの値段"で買い取ってもらえます。

インゴットの場合は上の写真のように
保証書カードに入った形で売られているケースが大半ですので、
売却時に買取り値を叩かれることもあまりありませんでした。

一方でコインはこれまでこの形態での販売は例がなく、
店舗よって買取り値を叩かれ易かった
(要するにケースから一度出しただろうと疑われて)という傾向がありました。


しかし、<写真3>のコインなら、そのような疑念が入る余地はなく、互いに快く売買出来ます。

今後の金現物購入に当たっては
ファイヴナイン(純度99.999%)を検討されて見ては如何でしょうか?

金という最高の資産は、
最高の純度のものを最高の状態で保有することが最高の持ち方です。

金は2011年9月天井以降のマッタリ相場でしたが、さすがにそろそろ買い場到来だと思います。


<Spot Gold 月足> 現物買いには良いタイミング
↓クリックで画像拡大↓
161.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


ボリンジャーバンドが萎んだ時間帯では恐らくバンドの中心線を上抜けて、
更なる上に向かっているだろうと思います。


その前に、6月足が陽線として育っているライン上から
バンドの中心線に向かう動きが見えてきたら

恐らく金は昨年6月と12月のダブル底を下抜く可能性はいよいよ低くなるはずなので、
現物はもうそろそろ買い出動しても良いでしょう。

<写真3>のコインはちょうど今頃が絶好の購入チャンスです。

上記で少し触れた今後の予想記述は、
ボリンジャーバンドについてのテクニカルに由来しています。

金のテクニカル分析について詳しくお知りになりたい方は、無料メルマガをお取り寄せ下さい。

金相場の分析手法を色々な角度から盛りだくさん解説しています。


 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2014/06/29 20:22
今月から消費税が8%に上がりました。
やがて10%にまで引き上がることが既に決まっており、現状もあくまで中間的姿です。

安値で買った金現物は、
金価格が上昇している限り売却時にもらえる金額が増えていきますので良いのですが、
問題はこの先、金現物を買う時です。

金は高価なものですから消費税もそれなりに高額です。

売却時にもらう微増税分を狙ったような短期の現物投資ではなく、
金現物本来の保有意味の下にこれからも金を押し目買いするつもりの方にとって、
消費税の増税は嫌気がするはずです。

消費税がどうなろうが、
それを気にせずに金現物購入と保有が出来る方法があれば大変便利ですよね。

通常、店頭で買った金現物は家に持ち帰るはずです。

家に現物があれば金の保有者であることを実感することが出来ますから、
私自身も金を自分で保有することを推奨してきましたが、
それは盗難リスクを自己責任において管理しなければならないことが条件ではあります。


今回は、金現物について別の購入方法もあることを皆さんに紹介しておこうと思います。

確実に金を保有さえしていれば、自宅に現物を置いて眺めなくても良いという方は、
購入後に保管までしてくれるお店が海外にあることを知っておきましょう。

これは銀行の貸金庫とは異なりますので勘違いなさらないで下さい。


このサービスを利用した場合の利点は下記の通りです。

1.購入先が海外だが、輸入をせず現地に現物を置いたままなので
 日本国の消費税を払う必要がない

2.したがって購入金額が格段に安い

3.安価に購入出来るため、同じ予算でより多くの重量の金を買うことが出来る

4.売却時には同じ店に買い取ってもらえば良いので、現物移動の手間もコストも不要

5.盗難のリスクから解放される



このように購入元で保管までしてもらうサービスのことを、英語ですが
"vault service"(ヴォルト サービス)といいます。

この"vault"という言葉は「金庫」の意味です。

このサービスには保管料が掛かるだろうと言われそうですが、それは実際にその通りです。
しかし、お店を選べば最初の1年間は無料で保管してくれるところがあります。

不足金が生じた時に追証が追っかけて来る先物はやらないが、
金現物投資ならやりたいという方にとって、これは一つの楽な金現物購入方法でしょう。

口座の中のお金のやり取りだけで済む金投資方法です。

購入時は先物取引同様、やはり相場分析力を磨いて如何に安く買えるかが重要です。

金相場の分析力上達には私の無料メルマガが役に立つはずですので、是非読んでみて下さい。


 
2014/04/05 20:49
ネット上では「金投資をこれから始めるのは、もう遅い!!」という情報があるようですが、
そのようなことを言う人は本当に金投資を把握しているのでしょうか。

確かに現物投資は、もう遅いかもしれません。

リーマンショック後に、
「金投資はこれからだ!!」と言われ、
金相場は伸び続けてきましたが、今年になり下落しているのは周知のとおりです。


しかし、そもそも金現物というのは大富豪が、
相場の下落など気にせず、現金・外貨・不動産・株式などと別の資産として保有するものです。

もちろん、現代においては一般個人も購入するようになりました。

しかし、本来であれば一般個人であれば、金現物よりも金先物の方がメリットが多い
と私は思います。


答えは、ただ1つ。

「相場が上昇しているときも」
「相場が下落しているときも」


どちらでも稼ぐことが出来るためです。


相場が下落しているときも稼げるも稼げる仕組みがわからない人は、
こちらの記事で説明しています。


前述のとおり、
「万一のときに一族が食っていけなくなるようなことを避ける」
ために金現物を大富豪が購入します。

大富豪は、損するだとか得するだとかはあまり考えずに金現物を購入するのです。
現金が紙切れになっても、株式が紙切れになったときに金現物は強いためです。


しかし、個人投資家というのは、そんなことを考えて投資しません。

売買を繰り返して、利益を上げたいから投資しているのです。

となってこれば、相場が上昇時にしか利益を上げることが出来ない金現物は、
退屈ですし投資としては欠陥品でしょう。

しかし、金先物なら下落時も、上昇時と同じように利益を上げることが出来るのです。


いくら金相場が下落しても、利益を上げることが出来るのです。


そう考えれば、下落している現在は、「今がチャンス」と言っても過言ではないのです。

 
金先物投資家 マサアキです。


世の中に投資の対象は数多くありますが、

何に投資するのが一番利益をもたらしてくれるかは時代が決めることです。

先に時を読んだ者が優位に立つ世界です。


では、今を読むとどんな答えが出てくるでしょうか?

答えは複数あるかもしれませんが、

その中の一つの答えとして間違いないのは、今が金の時代だということです。


投資家と呼ばれる人達は、

皆、概ね自分の好きな投資対象に繰り返し投資していく傾向にあるように思います。

ある程度の大きな資金を用意出来る方たちの中では、

不動産投資を考える方が圧倒的に多いのではないでしょうか?


自分が金投資をやってきたからというわけではありませんが、

私が思う最良の投資対象はやはり金現物です。


その理由は...

1. 上昇トレンドに乗っていること

2. 売買がいつでも可能であること (売却時に買い手が現れるまで待つ必要がない)

3. 売買が簡単であること (日々の買い物と全く同じであり、契約書などの書類も不要)

4. 転居しても持ち運びが容易であること

5. 国内だけでなく世界共通の有効資産であること


...ということです。


決して不動産投資に否定的なわけではありません。

どんな時代でも上手に不動産投資を行なって成功している方もいらっしゃるだろうと思います。

ただ、私も投資ではありませんが自宅の売買を経験しています。


その時に個人的に感じたのは...

1. 不動産は抵当権設定や登記などを行う必要があり、購入時点で何かと手続きが多い
  (日中の仕事が忙しい時に本当に面倒だった)

2. 売却時も買い手が現れるまで現金化は出来ない
  (1年も掛かったりすると本当に売れるのかどうか心配になってくる)

3. 上記の"1"と"2"については、投資としての売買でも同じ手間と時間が掛かるだろう


...ということでした。


これに比べると、同じ実物資産として比較するならやはり金現物の方が何かと楽だし、

含み益を積み上げるスピード自体も恐らく金の方が早いであろうと思われます。


言うまでもなく、金先物には決して小さくはないリスクがあります。

そのことは市場参加者の皆さんも承知の上で日々取り組んでおられることでしょう。

私が金現物を勧めるのは、先物取引のような資金ショートという状況がないからです。


金現物については購入時に全額決済がされていますので、

金相場が上昇トレンドにある限り、

一時的に含み損状態になってもそれは時間が解決してくれることになります。

その辺は、目先の見通しが大事な先物取引とは全く条件が異なります。


私も大富豪であったら最初から金先物などしてはいなかったと思います(笑)

その代わりに、その時点で金現物だけは買い捲ってきたことでしょう。

ただ、現実は大富豪ではありませんでしたので、

リスクと上手く共存しながら先物で現物購入の資金を作りながら

現物購入を地道にしてきたわけです。

もうかなり前から私は当欄で現物買いの勧めを説いてきました。


金現物は利息がつかないから云々...とよく言われていますが、

上昇トレンドにある限り、これはあまり意味の無いコメントだと思います。


このようにメディアは何かと金にケチをつけたがりますが洗脳されないで下さい。

一万円札は放置しておいて決して二万円札に化けたりはしません。

ですから現金には利息が欲しいのです。


しかし、金については金本体の価格が上昇しているのですから利息など不要です。


多くの先物トレーダーの方たちが私の記事を毎回読んで下さっていることと思いますが、

先物で得た利益の一部は、小さくても良いので金現物に代えておくことをお勧め致します。

そのための先物トレードであるならモチベーションもより高くなるはずです。


いつも言うことですが、先物トレードに必要な知識は

私の無料メルマガがお手伝いしていますので、気楽にご登録して読んでみて下さい。

きっと役立つはずです。自信があります。


では、また。


 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2013/08/12 20:30
1  2  3  4  5  6

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る