金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

金先物投資家 マサアキです。


最近、無料メルマガ会員の皆様とコミュニケーションをとる機会が劇的に増えています。

その中で日々雑感といいますか、しばしば思うことが一つあります。

それは、皆さんがチャートの縦軸(価格)ばかり気になさっていることです。


チャートを見る時は横軸(時間軸)の方をもっと気に掛けて頂きたいと思います。

トレードの結果は当然縦に動いた幅で決まりますので、縦軸が気になる心情は理解出来ます。

しかし、相場を読むに当たっては横軸を見ないとそれは出来ません。

縦軸だけを見てああだこうだと言うのは、所詮妄想だけという結果になりがちです。

何故なら相場は所定(?)の日柄が経過しないと絶対に流れが反転しないからです。


相場は揉み合い局面を脱すると上下いずれかの方向に放れ、トレンドというものを形成します。

一度トレンドが形成されると、相場はしばらく一方向(放れた方向)に向かって動き続けます。


しかし、永遠に同一方向に向かって動き続ける相場などはありませんので、

どこかでトレンドは終焉することになります。


トレーダーは、どこがトレンド転換点になるのか、

それを予め知ることが出来るのなら当然知りたいはずです。


いつどのタイミングでも分かり易いわけではありませんが、

知っていると便利なことが相場には多くあります。


実例を挙げると枚挙に暇がなくなりますので、最もシンプルな一例だけを紹介します。

<東京金 月足> 1月、2月に買った高値玉を3月以降まで持ち越すのは愚の骨頂
↓クリックで画像拡大↓
87.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS Pro」を利用しております。


一目均衡表には基本数値と呼ばれる便利な概念があり、9、17、26の三つを指します。

高値もしくは安値から数えて、基本数値に合致するローソク足が天底や転換点になる

ということを知ったらあなたはどう思うでしょう?

トレードに取り入れたいと思うでしょうね。


ちなみに上のチャートはローソク足を数え易くするために一目均衡表は取り払っています。

チャートの中で囲った枠の中を見て下さい。


昨年の6月底をカウント起点に数えると、

今年の2月足が天井で9本目になっているのがよく分かると思います。


底月から数えて天井月までが基本数値9本目に該当するということは、

10本目になる翌月が9本目の高値を超えるはずはないので、

翌月(3月)足は5081円を超えることはなく陰線になっているだろう読める
わけです。


当時、基本数値を知っていた人は、

天井前の安値で買っていたポジションを2月以内に利益確定出来ていたはずです。

また、1月や2月の天井値段近辺で買ったポジションを

3月以降に持ち越すという行為を選択する人はいなかったことでしょう。


その後の急落に見舞われる前に...恐らく2月以内に手仕舞いして逃げていたはずです。

また、2月で建てた売りポジションでその後に含んだ益を確定出来た人もいたと思います。

知るべきことを知っていると、かなりの高確率であなたに利益を運んできてくれます。


上記の例のように、底から天井まで(あるいはその逆)が真っ直ぐ9本というケースは

そうザラにはありません。

これは最もシンプルなケースです。

多くのケースではもっと曲折的に複雑なカウントの仕方をしながら9本や17本...を数えます。

しかし、所詮は起点を決めてカウントすることだけのことであり、難しいことではありません。

単に慣れです。


私の無料メルマガに登録下されば色々なカウントパターンを図解で示しています。

基本数値だけでなく、その他の相場テクニカル講座も満載です。

ぜひ読んでみて下さい。


では、また。


 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2013/08/03 03:37
こんにちは。
マサアキです。


6月の最終営業日(28日)につけた安値3750円からちょうど一ヶ月が経過しました。

その日以降、今日(7月29日)までに見た最も高い値段は7月25日の4329円です。

わずか一ヶ月の間に3750円から579円も昇っていたんですね~


そして間もなく7月も終わり、今週木曜日からは8月に入ります。

恐らく7月足はこのまま大きな陽線で確定するでしょう。


大きく下げてきた相場の先を占うに当たりそれは重要な指標です。

つまり、相場がトレンド反転したことに確信が持てるサインです。


円建て月足チャートでこの大きな陽線を見ても、

やはり6月28日(3750円)は底だったのかなと思います。


ただ相場は数字の世界なので、

出来ることなら「大きい」とか「小さい」という形容詞ではなく、

何か数字を見たり数えたりして判断したいものです。

形容詞よりも数字の方が客観的ですから...


毎日、私が相場を見る時に活用しているものの一つが「基本数値」という概念です。

これは一目均衡表という、便利な相場分析ツールを構成する概念で最も重要な一部です。


基本数値とは具体的に、9、17 そして26 の三つの数字をいいます。

そして基本数値の延長上にある数字として、33、42、65、76... などの数字があり、

これらは、複合数値と呼ばれています。


それでその基本数値や複合数値がどう役に立つかというと...

チャート中のある高値や安値を起点にローソク足を数えると、

基本数値や複合数値に該当するローソク足が、次の安値だったり次の高値に当たったりする


のです。


また、基本数値や複合数値に合致するローソク足は安値や高値とは限らず、

反転のきっかけになるローソク足になる時もあります。


このローソク足チャートの性質を利用すると、

相場の動きの節目が見えてトレードがとてもしやすく、面白くなります。


では、ここで東京金月足チャートの中で基本数値を数えてみましょう。


<東京金 月足> 今月は反転足だったか

↓クリックで画像拡大↓86.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS Pro」を利用しております。


まず、あの安値1180.30ドルをつけた6月足は、

どこかの高値足や安値足を起点にすると、基本数値に該当するでしょうか?


起点1の2012年2月足からカウントすると2013年6月足は17本目になり、

見事に基本数値に該当しています。

もう一つ、上昇途中の小安値足である2012年11月足を起点2に選ぶと、

今月(2013年7月)足は9本目になります。


安値の6月足の次に立った陽線が基本数値に該当するということは、

トレンド転換(反転)足
と解釈出来そうです。


一時5000円を超えていた高値の時は、

一目均衡表の雲からも随分と上に乖離していましたが、

雲の近くまで戻ってきて陽線反転している姿は、

基本数値とは別の角度から見ても底打ちの様相として格好はついています。


ボリンジャーバンドの下限線にも6月足と7月足の両方が確りと乗っており

それより下には行きようがなく見えます。


今回は初めて円建てチャートでも、2013年6月とその後をテクニカル検証してみましたが、

こちらで見ても2013年6月は大底だったのではないかと思います。


基本数値や複合数値など、相場の天底を判断する手段に困っている人は、

私の無料メルマガに登録下さい。


私が実際にたっぷりと稼いできた時に活用してきた相場のテクニカル分析手段をご紹介します。

市販されていない内容のものを含みますので、これは絶好のチャンスですよ。


では、また。


 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2013/07/30 12:48
こんにちは。
マサアキです。


今日は、私の無料メルマガ会員様に

「相場の窓」とは何か?

と質問されましたので、これをご説明しておこうと思います。


相場ではローソク足チャートが主流ですが、

ローソク足から次のローソク足に移る時、

前のローソク足が含む値段と重なる値段帯が概ねあるものです。


しかし、相場が急に上げたり下げたりすると、

隣のローソク足と重なる値段帯が全く無い空白地帯が出来ることがあります。


その "空白地帯" のことを相場の "窓" といい、英語では "gap(ギャップ)"と呼ばれています。


下図でそのイメージを掴んで下さい。
84.jpg

実は、この「相場の窓」が話題になるのには理由があります。

それは、上下いずれに動いている時でもこの "窓"  が出来ると、

出来たその空白を埋めるために、

窓のある位置まで引き戻されるという現象が相場ではよく起こります。


つまり、相場が急騰して窓を開けて上に行った価格は、下に開けた窓を埋めるために、

いつか少なくともその位置まで値が下がってくると予想出来ます。



反対に急落で窓を開けながら下げた相場は、その窓を埋めるために、

いつかは、少なくともその位置まで値を上げることが予想出来るというわけです。


これを「窓埋めの法則」と呼ぶ人がいます。


この「窓埋め」はかなりの高確率で実現しますが、

時々実現しない(捨て窓と呼ばれます)こともあったりするので、

法則とまで呼べるものかどうかは分かりません。

しかし、「窓」が出来た時は必ずその埋まる位置を記録しておいた方が良いでしょう。


よく誤解されるのですが、「窓」は出来てから直ぐに埋まるわけではなく、

きちんとトレンドが反転してからということになります。


そこは注意しなければいけません。


それで現在の円建て金価格ですが、ちょうど近々ある窓を埋めようとしているように見えます。

この記事を執筆中の現在、窓埋めポイントからやや落ちて4250円ですが、

日足チャートで見ればもう射程距離内ですね。


【東京金 日足】
↓クリックで画像拡大↓
85.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS Pro」を利用しております。


相場には、このように相場を読む便利なサインや指標がたくさん存在します。

「窓」などはその中では、どちらかといえばマイナー的な存在です。


相場で稼ぐ人達は皆、こういうサインや指標を修得して活用しているものです。

だから稼ぐ人達は、いつも稼ぐ側に回れるのです。



そういうものを自分も勉強したいから教えてくれという方は、

私の無料メルマガに登録下さい。

内容は盛りだくさんです。


では、また。


 
2013/07/25 12:20
こんにちは。
マサアキです。


最近、無料メルマガ会員様の方からメールを頂くことが大変多くなりました。

毎日必ず何通かのメールの返信に時間を割いています。

色々な方とのやり取りの中で気付くのは、

比較的近視眼的に相場を見ている方が余りにも多いことです。


理解は出来ます。

僅か2~3日で200円位動いてしまうような今の金相場ですから、

そうなるのも無理はないと思います。


しかし、相場にはまず大局的トレンドという大きな流れがあります。

「木を見て森を見ず」という言葉でいうなら "森" に相当する話です。


こんな変動の大きい時代ですから、

自分は短期トレードしかしないと決めている人もきっと多いと思います。

そんな彼らは、ある程度の値幅を利として含んだら直ぐに決済するから、

自分にはトレンドは関係ないと言います。


しかし、それはどうでしょう。

私はそれは正しくないと思います。


一方向に向かう大きな流れの中の上下動でも、

力強いのはやはりトレンドと同じ方向への動きです。

何故なら上昇トレンドの中では、上昇の時間の方が下落の時間よりも長いからです。

逆に下落トレンドの中では、

上昇に使われる時間より下落している時間の方が長いという特徴があります。

よく考えてみれば、極当たり前なこの事実を忘れてはいけません。


実際にチャートを見ればそれは一目瞭然です。

<上昇トレンドの中の下げ時間> 日計りでも買いで美味しい相場だった
82.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS Pro」を利用しております。


<下降トレンドの中の上げ時間> 日計りでも売りで美味しい相場だった
83.jpg


相対するこの二つのケースは全然公平ではないようですね。

上昇トレンドの中の下げは、まあ上手くやれば何とか利に結びつくこともありそうですが、

下降トレンドの中の反騰狙いの買いはちょっと難しそうですね。


かなり深く下げると、落ち着いた人なら、

「もうここら辺で買えば反騰で利益は取れるだろう」

と判断して、少し打診買いに走りたいところだと思います。


しかし場面にも拠りますが、上のサンプル場面のようなきつい下げトレンドの中では、

いくら日計りでも、エントリーしては外れ、

再びエントリーしてもまた外れ...

と外れが重なって嫌気が差し、戦意喪失してしまったことでしょう。


スイングトレーダーはもちろんですが、

日計りトレーダーでもやはり大局的トレンドを把握した上で取り組むべきと考えます。

自分は極短期トレード派だという方でも、

トレンドの方向に向いてポジションを取る方が楽に望む結果が出易いはずです。


動く値幅を当てることは容易ではありませんが、

相場が向く方向を見定めることは相場において第一に重要なことです。


しかしそれは楽しい作業でもあります。

その方向が読めた時は、ちょうど数学の問題が解けた時の感覚によく似ています。


相場の向きを読むためには反転のサインになるものや

気著言うの強弱を判断する物差しを多く知ることが最も有効です。


商品市場に限らず、FXや株式市場にも適用出来るテクニカル知識はありますが、

金先物市場で成功するためには、

ドル円や株式とは無関係で金独特のテクニカル知識をつけるのが近道です。


金独特の...って何だ?と興味がある方は

私の無料メルマガにご登録下さい。

そこに書いてあることは、多くの方が全然知らないことが満載です。

是非それで楽しく力をつけ、金市場から美味しい果実を捥ぎ取って下さい。


では、また。


 
2013/07/19 11:23
こんにちは。
マサアキです。


6月28日の1180.30ドル(Spot Gold )から2週間が過ぎました。

2013年7月15日現在、この安値はまだ下抜かれていません。

あれから今日までに120ドル位上げたところがありましたが、

何せ今の金相場は大きく振れますから

200~300ドル位上げてくれないと安心出来ませんよね(笑)

しかし、それを待ってからエントリーするのでは絶好のポイントは逃してしまいます。


あまりにも執拗な下げが長期間続くと、

まだ下げるのではないかという方向に人間の心理は傾いていきます。

下げが止まっても、下げ止っている時間は、次なる下げの準備期間に見えてくるようになり
(底に至るまでは実際にそういうことを繰り返しますから)

それはまるで、続落教祖に洗脳されたような状態です。


現在、一応反騰中ですが、やはりまだ疑いの目から抜けられない人がいることでしょう。

ここは「相場は懐疑の中で育つ」という格言を思い出さなければならない場面かも知れません。

要は、思惑が外れた時の対処を予め決めておくことが重要です。


ここでゴールドの週足チャートを眺めてみましょう。

<Spot Gold 週足>
81.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS Pro」を利用しております。


このチャートを見て注目したいのは以下の3点です。


1.下げ止まっている基準線

基準線が下げている間の相場は弱気ですので、

基準線の下げが止まっていることは底打ち期待にとって

十分条件にはなりませんが、必要条件ではあります。


2.現在価格位置が一目の雲から大きく乖離している

一目の雲からある程度以上に(上にも下にも)大きく乖離している状態は、

相場が歪んでいる状態です。

ちょうどそれは、ゴムが伸び切るまでその後の強い反動力を溜めているような状態です。

下に伸び切って限界点に達すれば、いずれ上に向かって大きく反転することは確実です。

このチャートはそのような状態にあるように見えます。


3.現在価格位置がボリンジャーバンドの下げ止まりポイントに近い

6月28日に1180.30ドル(スポット)をつけて以降、

週足のボリンジャーバンドの下垂れは止まっています。

現在価格位置からもまだ大きく下に垂れていると、

反騰しても右下に流れるバンドの構成線にぶつかった瞬間、

その線と同じ方向に流されることが多いため、

ここでのバンドの下げ止まりは買い安心感を与えてくれます。


上記はドル建ての週足チャートだけで述べた大まかな雑感です。

ボラも大きい時代ですので、これだけで今直ぐ飛びつくことは危険です。

本格的な分析となれば日足はもちろん、

分足チャートの細かい箇所まで分析することになります。



相場は、エントリーも決済も決断の連続です。

売買を決断するためには、自分の中にその根拠が必要です。

根拠として拠って立てるものが自分の中にあれば、

それを信じて踏み込むしか開ける道はありません。


万一それでも間違った場合の対処だけ予め決めておけば良いのです。

まずは、森全体を見て大局的な流れを掴むことから相場は始まります。


始めに月足を見て、

次に週足、日足...果ては場合によっては2時間足や30分足くらいまで、

分析はドンドンと因数分解していきます。


因数分解の前に、森の見方さえもまだ分かっていないと思う方は、

私の無料メルマガを読んでみて下さい。

そこに書いてある内容を覚えれば、

森も読めるし因数分解も出来るようになりそうな気がする...と思えるはずです。

 
では、また。


 
2013/07/15 22:28
<<前の5件 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る