金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

あなたは「金鉱山株価指数」をご存じでしょうか。

その名のとおり金鉱山の上場企業の株価指数です。

もちろん金相場の予想に使えます。


案外、「金鉱山株価指数」を使って金相場を予想している人は
ほとんどいないのではないでしょうか。

もしかしたら、初めて知った!という人もいるかもしれません。


我々専業投資家でも、この金鉱山株価指数を使っている人が多く存在します。

どんな指標になるかというと、もちろん複数の判断材料の1つにしかなりませんが、
金鉱山は、金を採取して、それを精製したりして売却します。

その売却額は、金相場によって変わってくるのです。

金鉱山は、バージンゴールドの供給元になるわけですから、
金相場に強い影響力を持っています。

とはいっても、大量に発掘が出来ても、
金相場に影響されない程度で抑えておくのが常識ではあります。


長期保有で金投資を考えている人は、是非、この「金鉱山株価指数」はオススメします。


扱い方は、専業投資家たちの秘密事項ですから、ここではあえて解説しません(笑)

気になる方は、個別にメールでご質問ください。

メールは、私の無料メルマガに登録すれば受付できます。



 
2013/11/14 17:07
ネット上では「金投資をこれから始めるのは、もう遅い!!」という情報があるようですが、
そのようなことを言う人は本当に金投資を把握しているのでしょうか。

確かに現物投資は、もう遅いかもしれません。

リーマンショック後に、
「金投資はこれからだ!!」と言われ、
金相場は伸び続けてきましたが、今年になり下落しているのは周知のとおりです。


しかし、そもそも金現物というのは大富豪が、
相場の下落など気にせず、現金・外貨・不動産・株式などと別の資産として保有するものです。

もちろん、現代においては一般個人も購入するようになりました。

しかし、本来であれば一般個人であれば、金現物よりも金先物の方がメリットが多い
と私は思います。


答えは、ただ1つ。

「相場が上昇しているときも」
「相場が下落しているときも」


どちらでも稼ぐことが出来るためです。


相場が下落しているときも稼げるも稼げる仕組みがわからない人は、
こちらの記事で説明しています。


前述のとおり、
「万一のときに一族が食っていけなくなるようなことを避ける」
ために金現物を大富豪が購入します。

大富豪は、損するだとか得するだとかはあまり考えずに金現物を購入するのです。
現金が紙切れになっても、株式が紙切れになったときに金現物は強いためです。


しかし、個人投資家というのは、そんなことを考えて投資しません。

売買を繰り返して、利益を上げたいから投資しているのです。

となってこれば、相場が上昇時にしか利益を上げることが出来ない金現物は、
退屈ですし投資としては欠陥品でしょう。

しかし、金先物なら下落時も、上昇時と同じように利益を上げることが出来るのです。


いくら金相場が下落しても、利益を上げることが出来るのです。


そう考えれば、下落している現在は、「今がチャンス」と言っても過言ではないのです。

 
「最近の金相場は予想が難しい」

そんな声をよく聞くようになりました。

しかし、現実問題としては、
「自信がなくなった」というのが本音でしょう。


2013年。
金相場は大激動の年
でした。

それによって、
一般の個人投資家では特殊な情報ルートがない限り、予測が極めて困難な年であった
と言えます。

そのため、多くの人が自分の考え(予想)に、自信がなくなったと思います。

無理もありません。


しかし、あなたがもし金先物を続けていきたいと少しでも思うなら、
これから自信をもってトレードをしていくべきでしょう。


ただ、そう簡単なことではありません。


とりあえずの年末までの金相場予想としては、以下を参考にしてください。


●現在の金相場
最近の金相場は、2010年頃と同じ水準です。
何が言いたいのかというと短期的に考えれば下落していることは間違いありません。

しかし、長期的に見れば、依然として極めて高い水準にあるということです。

今後、ヘッジとして金が買われる機会が少なくなる可能性はありますが、
もっと重要なのはヘッジとしての金というのが薄まってきています。

これは金に対して魅力が落ちたわけではなく、一時的なものですが年末まで続くことでしょう。


●年末までの分析方法
テクニカル重視の個人投資家の方も多いことでしょう。

年末までは、テクニカルも有効ではあります。
新しいサイクルの始まりと先日の記事でも言いましたが、
新しいサイクルの出発は、ファンダメンタルズも大きく影響することは頭に入れておいてください。


これからの金相場の予想について、まずは、私の無料メルマガで分析の基本を学んでください。

そして、基本を学んだ方向けに
年末頃に、「2014年の分析」についてのレポートを人数限定で配布する予定です。

これは、無料メルマガ会員さんのみにお知らせします。


 
2013/11/09 17:12
今年もあと残すところ2ヶ月を切りました。
2013年の金相場の動きには気だるさを感じた方が多いことでしょう。

それもそのはずです。
2013年は金相場が4.25年サイクルの底という準長期サイクルの終焉を見た年です。
その終点があの6月28日につけた1180ドル(円建てでは3750円)です。

しかし、それは長期8.5年サイクルの前半サイクルですので、
同時に後半4.25年サイクルの出発でもあります。

再び高値を目指す出直り相場の中にいる割には何かパッとしない現在の金相場ですが、
こういう時は「天井三日、底百日」という相場の格言を思い出すべきかも知れません。

相場は一度本格的に沈み込むと、
底を突いてもしばらくはなかなか上に伸びてはいかないもので、
それが相場の常なのだと受け入れるしかありません。

週足チャートを眺めてみると納得出来るのではないでしょうか。

【Spot Gold 週足】
↓クリックで画像拡大↓
98.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


あの6月28日以降、最近見た安値はある中期サイクルの底ですが、
1180ドルを下抜いてはいません。

その安値から現在反騰中ですが、大きい絵としてチャートを見ると、
この先越えて欲しいのは下記の二本のラインです。

1. 50ヶ月移動平均線(現在1450ドル水準)
2. 40ヶ月移動平均線(現在1530ドル水準)

上記二本のラインは上昇途中で一旦ぶつかりながらも、両方とも上抜けて行くと見ています。

一度週足の雲から大きく乖離した相場は、ゆっくりとその乖離を解消して雲に接近しています。

金相場は6月28日大底に向かう前、上限を1800ドルライン、
そして下限を1520ドルラインに挟まれたボックス圏内で保合い相場を演じていました。

現在の40ヶ月移動平均線がその時の下限ライン(1520ドル)に近似していることは奇妙です。

2014年中にこの40ヶ月移動平均線は上抜け、
一度下抜けた同ボックス圏内に戻ると見ていますが、
ボックスの上限1800ドルを更に上に抜けるかどうかは微妙です。

ドル建て金相場が、この先大きな逆三尊パターンを作るのなら
同年中は、1800ドル水準ラインが上値の限界になるかも知れません。


【Spot Gold 月足】
↓クリックで画像拡大↓
99.jpg


総じて2014年の金は出直り相場になると見ていますが、
年前半のきつい下げによって切り下げられたボリンジャーバンドによって、
価格はまだ右下に押し流される圧力を受けています。

同バンドの中心線と下限線の間にある -σ のラインが目先のハードルですが、
年末くらいにはもう少し様子が見えてくると思いますので、またその時にでも再考してみましょう。


 
2013/11/05 18:57
2013年も間もなく終わりに近づいてきました。

金投資家にとって、大変動となった2013年を如何にして乗り切るかが
今後の金投資人生を大きく左右することでしょう。

「決済したくても、出来ないような"どうにもならない"ようなポジションを保有している人」

そんな人は、まず以下をお読みください。


まず直近の年単位における金相場の傾向は、下落傾向であることは言うまでもありません。

これを現実として受け取らずに、
どうにもならないポジションを的確に判断して処分またはホールドを考えなければいけません。


特に2013年4月以前に買ったポジションを保有する人は非常に深刻であることは、
ご自身でもわかっていることでしょう。

なんとか、年内、遅くとも半年以内にはどうにか判断だけはつけないといけない
と私は思っております。

もちろん、同様に、如何なるポジションであれ、
「どうにもならない」状況であれば、やはり判断を待つのではなく急ぐ必要があるでしょう。

判断とは、実際に利確または損切りすることではありませんのでご注意を。

あくまで、どうするか大筋決めておき、
それを考慮し今後のポジションの行方を日々考えていくことです。


「どうにかしたい」
と少しでも思われるなら、私の無料メルマガに登録して、
私にすぐに状況をメールで教えてください。

既に無料メルマガ会員さんの場合は、同様に状況をメールでいただければと思います。

「こうしてください」というアドバイスは出来ません。

しかし、参考になる情報を用意しています。


 
<<前の5件 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る