金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時15分前後配信!!(現在10月10日版配信中)

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


最近もドル円について触れた記事を一つアップしていましたね。

その時のポイントは、もしかするとドル円の長期16.5年サイクルは、

既に2011年10月に底を打っているのでは???・・・ ということでした。


これは、サイクル論的に2011年10月31日の75.57円が、

1995年4月19日の79.70円から数えて、

きれいにドル円の長期サイクル16.5年目であったからです。

今のところ、まだその見方は変わっていません。


ところで、ドル円月足チャートを見ると、2007年6月以降急激に進んだ円高の形が、

鍋底型になっているように見えませんか?(以下のチャート中の枠内に注目


【ドル円月足 一目均衡表】 
↓クリックで画像拡大↓
24.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


もしかすると、ドル円月足は、ラウンドボトムの形を作っている可能性があります。

このチャートパターンで底を打つと、

底値圏にいる時間帯は日々似たような数字ばかり

しばらくの間見せられます。 


このために日々相場があまり変化しているような気がせず、

底を打ってもなかなか気付かないことが多いのです。 

なかなか月足チャートまでご覧になる方は少ないですよね。


これが実際にラウンドボトムであれば、

この先は時間の経過と共に、

ある時期から急激に円安の流れが顕著になってくるはずです。

中心より右側の円弧が段々急に反り上がってくるからです。

そのイメージ・・・掴めますよね?


この見方の通りであれば、ドル建てゴールド高と円安の時代が重なり、

円建て金価格も円安トレンドの支援を受け、伸び方が今までよりも勢い良くなります。

何せ国内金価格は、同時に進行してきた円高トレンドによって

本来の上げ幅を削られてきた場面が多く、

他国の通貨建ての金価格に比べると何か損をしてきたように感じます。


実際に、海外の読み物では、

日本の円建て金価格は世界一割安感があるなどと書かれてきました。 

だからといって、海外の人が円を買って日本で金(ゴールド)を買っても同じことです。

安い金(ゴールド)を買う前に高い円を買わなければいけないからです。


しかし、日本に根付いている外国人の場合はどうでしょうか。

彼らは円で収入を得ながらお金を貯め、

東京の御徒町で金(ゴールド)を買っています。


こういうことであれば、

これは母国に住んでいる家族が母国で貯めたお金で、

金(ゴールド)を母国で買う場合よりも、断然割安感があります。


日本に住んでいる中国人やインド人は、

この10年間、日本で割安な金(ゴールド)を手に入れてきました。

私自身もよく彼らとお店で鉢合わせになったものです(笑)


相場は、いつまでも一方向でのトレンドでは動いていません。

必ずトレンドはどこかで反転するものです。

大きく動いてしまった後なら誰でも気付くことが出来ます。

トレーディングや投資で成功する鍵は、誰よりも先に自分は変化に気付くことです。

少なくとも、潮目が変わっているのではないかと自分で仮説を立て、

自分でそれを検証する力をつけることです。 


いつも言うようにそれがテクニカル分析力なのであり、

私が無料メルマガに執筆している内容です。

個人的に、私が最も重宝しているテクニカル分析は、

まだこれからまとめようとしていることですが、一目均衡表(上のチャートがそれ)です。

一目均衡表には、俗に "雲" と呼ばれる帯のような領域があり、

この "雲" と価格の位置関係で相場の将来が見えるような気がするからです。


上の月足チャートの雲を見ると、ドル円はしっかりと雲の下を推移してきました。

このことは如何に円高トレンドだったかを意味しています。


今後、ドル円相場がこの月足の雲に近づき、雲の中にでも入ってくれば、

円高トレンドが終了していたことを後で体感するようになるのでしょう。 


では、また。

 

こんにちは。
マサアキです。


メリマンサイクル論では

金(ゴールド)の長期サイクルは24.5年であることを以前にお伝えしました。

私はFXトレーダーではありませんが、

ドル円は円建て金価格への影響がある点から注視しています。

ドル円相場にも金の24.5年に相当する長期サイクルがあり、その長さは16.5年です。

16年半毎に円高が極まり、

その後円安に向いて再び円高に向かう動きを繰り返すサイクルです。

因みに、前回の対円ドル底(円高の極み)は

1995年4月19日につけた1ドル=79.40円であり、

今回のドル円16.5年サイクルの起算点です。

では、そのドル円の月足チャートでそのサイクルを見てみましょう。


【ドル円 月足】 潮目が変化した予感

↓クリックで画像拡大↓
20.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


サイクルの起算点1995年4月19日から

2011年10月31日(1ドル=75.57円)までの日柄は

16年6ヶ月と12日であり、見事な位に16.5年サイクルに一致しています。

今日までドル円相場が75.57円を下回った瞬間は実際に無く、

これがドル円16.5年周期の底打ちポイントだった可能性が高いと思います。


チャート中に引いたトレンドラインは下降ウェッジを形成しているようです。

そして、ドル円はその上値抵抗ラインを既に上抜いています。

この事実が、ドル円16.5年周期の底打ち完了への見方を

私の中では支持しているわけです。


更に・・・2007年6月22日(124.15円) 

以降の円高トレンドは鍋底型を形成しているようにも見えますので、

これがもしかすると

ラウンドボトム型になるかも知れません。

そうなれば底の打ち方は緩やかですが、

円安になり始めると途中で円安のスピードが加速的になります。

すると円建て金相場はどうなるでしょう? 


もうお分かりですね。

円建ての東京金相場も、ドル建てゴールド高に加え、

円安の追い風を受けて加速的な上昇を見せることになります。



消費税も上がる・・・為替もこの先円安見込み・・・ということになれば、

金(ゴールド)を買っておかねばならない理由ばかりが増えていく今日この頃です。


上述した言葉で、「下降ウェッジ」 や 「ラウンドボトム」 については、

私の無料メルマガの中で詳しく解説していますので、そちらをご参照下さい。

今後もブログの中でこれらの言葉は多用すると思います。

ぜひ覚えてあなたの相場取り組みスキルを磨いて下さい。

知は力なりです。


では、また。

 

こんにちは。
マサアキです。


金価格は米ドルと反相関関係にあるとよく言われていますね。

多くの場合確かにその通りですが、

ある場面だけを捉えれば必ずしもそうでないこともあります。


市場にはドル指数という概念があります。

ドル指数とは、主要6通貨
(ユーロ、円、英ポンド、カナダドル、スウェーデンクローナ、スイスフラン)

に対するドルの相場を指数化したものです。


このドル指数にもチャートがありますので、ゴールドのチャートと比較しながらちょっと

見てみましょう。 期間は比較的最近を選びました。


<ドル指数 月足> リーマンショック (2008年末)以降に注目
↓クリックで画像拡大↓
14.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


<ゴールド月足> リーマンショック (2008年末)以降に注目
↓クリックで画像拡大↓
15.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


両チャート中の ①~③の期間を各々比較してご覧になれば一目瞭然ですが、

ドル指数が上昇しているにも拘わらず、ゴールドもまた一緒に上昇しています。

他にもこういう動きを見せた期間はあります。

金(ゴールド)と米ドルは反相関関係のはずなのに、

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?



例えば、昨今はユーロ圏経済悪化のニュースばかりが流れています。

この場合、基本的に通貨ユーロは安くなります。

そうなると米ドルは相対的に高くなります。


ドル指数を構成する通貨の中には、日本円などの経済大国通貨もありますが、

使用人口が3億人を超えるユーロ経済圏の通貨が揺れれば、

その影響がドル指数をも大きく動かすことは容易に理解出来ますよね。


通貨ユーロが安くなるような経済的有事で、

金(ゴールド)が買われるのであれば、

米ドル高とゴールド高が同時進行する・・・ということも道理になるわけです。


この場合、米ドルは対円でも高くなることが多く、

ゴールド高と円安が同時進行して東京金も一層大きく上昇します。


以前は私も金価格の予想をするのに米ドル指数をよく気にかけていました。

しかしユーロ危機勃発以降、個人的にはそれがやや使い難くなりました。

私が普段、無料メルマガで配信しているテクニカル分析手段だけで十分です。


まだ紹介の途中で全て出し切っていませんが、

あれだけでもむしろ多過ぎる位でしょう。

ドル指数からでは金価格の目標値計算までは出来ませんし・・・(笑)


では、また。

 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る