金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時15分前後配信!!(現在10月10日版配信中)

公式メルマガご登録

金先物投資家 マサアキです。


5月には一時103円台の円安まで見ましたが、その後はまた90円台の往来相場になっています。

毎日レートの数字だけ見ていたら、何やら永遠に膠着していそうな感じに囚われそうです。


金でもFXでも、相場に取り組む人が陥る罠はほぼ決まって、現状に目が慣れてしまうことです。

同じ状況が未来永劫続くなんてことはありません。


毎日相場の数字を見ていて、何かいつも同じような数字ばかりだなあと思ったら、

その時こそ週足チャートを見る習慣をつけると、

何が起こっているのかが直ぐ分かることが多いです。


実際に、今のドル円はどんな状況か、以下の週足チャートをご覧下さい。


<ドル円 週足> 三角保ち合い中(シンメトリカル・トライアングル)

↓クリックで画像拡大↓
91.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


やはりそうでしたね。

これは、シンメトリカル・トライアングルという最もオーソドックスな三角保ち合いです。

しかも既にかなり収束していますね。

そろそろこの保ち合いをどちらかに放れそうです。

再び円安がやってくるのかな...(だとしたら嫌だな)


円安は円建て金相場の支援にはなりますが、

私たちの生活を総合的に見て、やはり一般国民的には歓迎しない人の方が多いでしょう。


食品を含めて何かと輸入依存度が高い日本では物価高になり、危機感を感じます。

海外旅行も行き難くなります。


円建て金価格は、普通にドル建て金価格の上昇トレンドに任せておけば、

少々円高気味であってもちゃんと上がっていきますから(今までがそうだったのですから)。

金相場で稼ぎ、そのお金で外国を楽しんだ方が生活に充実感があるでしょう?

そう思いませんか?


まあ、私の呟きはどうでもいいとして、実際にドル円はこの後どうなるでしょうか?


次はBig Pictureで見てみましょう。


<ドル円 月足> 典型的なレフト・トランスレーション(長期円高トレンドだった)
↓クリックで画像拡大↓
92.jpg


チャートの中にAとB二つの枠を囲いました。

一目均衡表の雲との位置関係が、現状と酷似しているように見えるからです。


メリマンサイクル論では、ドル円の長期サイクルは16.5年とされています。

多少の誤差は範囲内ですが、最近(2011年10月31日)に満了したと思われる

16.5年サイクルは本当に綺麗な16.5年でした(チャートを見て分かる通りです)。


ということはつまり、2013年の現在は新16.5年サイクルに入って2年目にいることになります。

サイクルとは底から底までの時間のことです。

ドル円の底とは円高のことですから、

新16.5年サイクルが円安から始まることは、テクニカル的視点からすれば当たり前のことです。

それを私たちは普段、TVのニュースを見て

「アベノミクスだから円安になったんだ」と納得しているわけです。

アベノミクスがなければ円高のままだったというのなら

ドル円相場はチャートにならないんですけどね。

相場動向の説明はいつも後付けです。


それはともかく、97年時に下から雲に入った姿がちょうど2013年の今の状況と似ている状況は、

やはり気になります。


何故なら、その後98年に円安の極み(147円台)までドルが昇っていったのを見たからです。

今回も同じことが起きるかも知れないという懸念(人によっては期待)は当然出てきます。


ドル円の長期16.5年サイクルは、

三つの5.5年サイクル(あくまで平均)で構成される三位相パターンです。



すなわち、今は新16.5年サイクルの第一5.5年サイクルの中にあり、その2年目です。

95年4月の79円台から始まった、旧16.5年サイクルの第一位相は5年でしたが、

これだけは上昇(円安)時間が3年続いたライト・トランスレーションでした。


今回も "アベノミクス" という話題性の高い材料が円安を作っているため、

このまま雲を出て円安継続するだろうとは思いますが、

万一安倍政権に何か起こり、アベノミクスが崩壊して円高に戻っても

テクニカル的には説明はついてしまうポイントにはあります。

それはつまり、新16.5年サイクルの第一位相が既に2年間円安でしたから、

後半の3.5年が円高になっても、レフト・トランスレーションになったと説明されるだけです。

しかしそうなると、新16.5年サイクルはとことん円高になり、

1ドル20~30円位になってしまうでしょうから、いくら何でもそれはないでしょう。

素直に97年の再来相場として円安の継続を見込んで置いた方が良いような気がします。


ただ、「サイクル論は気になる。何だそれ?」と思われた方は

私の無料メルマガに登録して頂くと、文字通り無料で解説を読むことが出来ます。

今回の話題はドル円でしたが、普段からサイクル論は金相場で述べています。


ご興味があればぜひ読んでみて下さい。

それはあなたの知的財産になると言っても過言ではありません。


では、また。


 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2013/08/19 22:47
こんにちは。
マサアキです。


ドル円相場は遂に1ドル100円台に突入しました。

少し前は、ドル建て金相場よりも円安の方が皆さん気になっていたようで、

ドル円相場の見通しをよく質問されたものです。


今回のタイミングでの100円突破に当たっては、

最近、一部の人にはその可能性を示唆しておりました。 

そのサインが日足チャートの中に見えていたからです(以下のチャート参照)。


【ドル円 日足 チャートパターン】アセンディング・トライアングル

↓クリックで画像拡大↓
58.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS Pro」を利用しております。


実は、ドル円日足のチャートパターンが

アセンディング・トライアングルを形成していたのです。


このパターンは金相場そのものでも散見される典型的な中段保合いの形です。

同一価格水準でしばらくの間は価格が頭を抑えられますが、

いずれその水準を上抜けることが分かっているパターンなので楽に先が見通せるわけです。


今回のパターンでその頭打ち水準(=上値抵抗線)はちょうど100円レベルだったため、

目先の100円抜けはまず必至
だろうと見ていたわけです。

テクニカルとは便利ですよね。


今度は月足を見て下さい。

もう一つ気付くことが出てきます(以下のチャート参照)。


【ドル円 月足 基本数値】今回の円安トレンド着火点は2012年9月
↓クリックで画像拡大↓
59.jpg


昨年9月の77円13銭というドル安値を基点に、

ほぼ完全に一本調子で始まった今回の円安は、

月足チャートで見ると今月が基本数値9本目です。


今回の "9本目" は、明らかにドルの節目高値としての9本目になりそうです。

どんなにトレンド相場にも "一服" する時期があります。

今月を節目に来月以降、少しは円が反騰するのではないかと思います。


チャートパターンや基本数値は、もちろん金相場をはじめ全てのマーケットに適用出来ます。

とても便利なテクニカル分析ツールです。


勉強してみたいと思う人は、私の無料メルマガを読んで、まずは知識を付けて下さい。

これらの事以外にも沢山の役立つ知識が修得出来ます。


では、また。


 
こんにちは。
マサアキです。


国内金融関連の話題は円安一色です。

円安についてあなたはどのように意識していますか?

あなたがどんなに一生懸命働いて給料や報酬を円で貰っても、

あなたの血と汗の結晶は外貨に対して価値が減っていることを意味しているんですよ。


今の時代、自分は外貨と関係なく生活している??? ・・・ではないはずです。

日本人が食べているものの半分以上は外国から輸入している食料品です。

円安は日本人の食料コストを引き上げるのです。

ガソリンや灯油も上がります。

事実、かなり広範囲の食料品がこの4月1日から値上げになると発表されました。

これまでと同じ値段では買えなくなるか、買える量が少なくなることになります。


今回の値上げは、

ここまで一気に約20円近く進んだ円安の結果を価格転嫁しようとするものですが、

怖いのはこれで終わりという保証は無いということです。


とかく日本人はノーテンキと言いますか、

最初は何を聞いても他人事のように聞いている人が多く、

対策がいつも遅れ気味になるのは実に残念なことです。

周囲の大勢がざわつき始めてから初めて、

自分も動くのが日本人特有の行動傾向のようですが、これでは遅いです。


知恵と情報が無く、正しい行動が正しいタイミングで取れないために

買いそびれたり、売り逃したりするのが一般大衆です。 

相場に参入するのなら、あなたは "一般大衆" に帰属してはいけません。


良くも悪くも私たちはグローバルな時代を生きています。

望む望まざるとに拘わらず、私たちは外国と関係を持ちながら生活しています。

海外旅行の敷居も低くなり、為替レートが草の根まで意識される時代です。

円安は日本の輸出企業を潤す反面、

一般人の生活にとっては脅かしであり忌み嫌う対象です。


最も簡単でベストな円安対策をお教えしましょう。

それは金の現物を買って保有することです。

円安対策と聞くと、どこかの外国通貨を買うことが

あなたの脳裏をよぎったかも知れません。

しかし金も外貨なのです。このことをどうかお忘れなく。


金は無国籍であるだけで、全世界の通貨から見て間違いなく「外貨」です。

金を保有しておけば、金は世界中、

どこの国の通貨が安くなっても金は反対に上がります。

お分かりですよね。


外貨といえば豪ドルやNZドルなどを好む方もいらっしゃると思いますが、

使用人口の少ない外国通貨の欠点は、売買レートの開きが大きく、

一旦買えば数日でその幅を埋められるようなレベルではありません。


一方で金価格はどうでしょう。 

店頭売値と買取値の開きは概ね80円位です。

これは現在の金相場が動くスピードなら数日で抜ける値幅です。

こういう点も豪ドルのような有国籍外貨とは違います。

しかもこの先の先高見通しがまだ10年は生きているという、

地上におけるまさに最優良資産です。


間もなく国際金価格は、2011年9月高値以降、最高の買い場を迎えると思います。

私の無料メルマガで金相場を研究し、絶好の買い場で金を拾えるように

今から備えて下さい。

最良の円安対策は金保有です。

たとえ円高でも金は買いです。

円安だけが金を買う理由ではないからです。

また、折に触れて色々お話していきます。


では、また。

 

2013/03/29 20:35
こんにちは。
マサアキです。


昨年11月に、

「ドル円の潮目に変化か? 円建て金相場に追い風吹け」

のタイトルで投稿してから約5ヶ月が経過しました。

その後チャート上ではどう映るようになったでしょうか?


【ドル円 月足 一目均衡表】 現在の円安はテクニカル的にも当たり前

↓クリックで画像拡大↓
47.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


ドル円の長期サイクルは16.5年です。

上の月足チャートには、ドル円の16.5年サイクルが丸ごと一つ見えています。

ご覧の通り、その16.5年サイクルは2011年10月31日で終わりました。

現在は新しい16.5年サイクルに入っており、その1年5ヶ月目です。


アベノミクスの下における円安がお祭り騒ぎのように報じられていますが、

実際にどの程度までこの円安が進むものなのかは、誰も知るところではありません。


旧16.5年サイクルは円高型のサイクルでした。

チャートを見て分かる通り、

円安トレンドの時間帯より

円高に使われた時間の方が長く、右下がりの形をしています。


重要なことは、現在の新しい16.5年サイクルが

右上がりの長期円安型になるのかどうかということです。

お分かりでしょうか? 

つまり・・・
48.jpg

円高トレンドのサイクルは左上図のように、

天井(円安の極み)がサイクルの中心よりも左寄りに存在します。 

これが前16.5年サイクルの形でした。

現行の新16.5年サイクルが本格的な長期円安サイクルになるなら、

右上図のように天井位置がサイクルの中心よりも右に寄っていくはずです。


新サイクルがどちらの形になるにせよ、旧サイクルが終了した直後は、

どの道ある程度の期間は円安であり、現在はその時間帯の中に我々はいます。
 

ですから、今起こっている円安トレンドはテクニカル的にも当然の現象です。

もちろん、長期右上がり型の円安トレンドを作ろうとしているのかも知れませんが、

もっとチャートの形が出来てこないと、

それを現段階で検証することには無理があります。


メディアではアベノミクスを材料に色々騒ぎますが、

今の円安は起こるべくして起こっているだけのことであり、

私はまだ冷めた目でしか見ていません。

万一、安部政権が失脚してアベノミクスが崩壊でもしよいうものなら、

いつ円高方向に反転してもおかしくはなく、

それがテクニカル的にも説明がつく範囲内にまだあります。


もしかすると、この円安も1~2年後に反転して、

前サイクルに続いて再び円高サイクルになるということも

"現時点では"まだ可能性が消えているわけではありません。


それを打ち消すためには、もう少し時間が経過し、

チャートの形に進展がなければ、確信的なコメントは出来ません。

シナリオが、まだどちらにも転ぶことが出来る時間帯にあるからです。


月足の雲を上抜け、上値抵抗線を上抜け、雲が捻れて先行上限が先行下限の上になり、

その雲の上をドンドン上伸していく動きを見せるなら、

どこかから聞こえてくるような

1ドル200円だの、300円だの、というような話も徐々に現実的になるかも知れません。


単にメディアが煽るお祭り騒ぎに焦って乗ったりせず、

あなたはいつも冷静でいられるトレーダーであって下さい。


相場を分析する時に時間論はとても重要です。

特にサイクル論は時間論そのものです。

巷の書店で売っている本で、サイクル論に言及しているものはまずありません。

あるとすれば、それは多くの場合、

一目均衡表が採用している時間論について触れている程度のもので、

銘柄別に底値から底値までの時間を紹介したものは恐らく無いと思います。


既に、私の無料メルマガを購読して頂いている人には、

しばらくすると、やがてこのサイクル論についての講義が届きます。

まだ無料購読の手続きをされていない方は、どうぞお申し込み下さい。

早ければ早いほど、

サイクル論というお宝分析ツールを早く入手することが出来ます。


では、また。

 

2013/03/26 20:29
こんにちは。
マサアキです。


私たち日本人が意識する金価格は、米ドル建てと円建ての二通りあります。

皆さんが取引しているのは円建ての場合が多いと思いますが、

為替を意識しながらの金取引は面倒だと言う理由で

ドル建ての金CFDを取引を好む方もいると思います。


さて、今回のタイトルですが・・・

円建て金価格を普段から意識している人にとっては、こんなことは自明の理です。


ドル建て金価格(ドル) ÷ 31.1035 × ドル円 = 円建て金価格 

なのですから、円安になるほど円建て金価格は押し上げられる方向に力が働きます。

あとはドル建て金価格次第です。


では、ドル建て金価格は円安になるとどうでしょうか?  

それ自体は関係ないと言ってほとんど差し支えないでしょう。

それは、国際金価格に日本を材料に動くこと要因が稀であることでもあります。

ただ、ドル建て金価格が通貨要因で大きく動くことはしばしばあります。

しかしその場合、材料要因となる通貨は多くの場合、

米ドルまたはユーロのいずれかです。


円安になっても、ドル建てゴールドが下がってしまえば、

円建て金価格の押し上げ効果は打ち消されてしまいます。 

円建て金取引を買いから入る場合、

今更言うまでもありませんが

最も美味しいのはドル建て価格と円安が同時進行する時です。 

1999~2000年の頃には、殆どその局面はありませんでした。

しかし、通貨ユーロが登場し、通貨市場のメイン・プレーヤーになって以降、

しばしば円安+ドル建て金高のパターンが散見されるようになり、

今は円建て金相場の取引にも旨みが十分にあります。

教科書的には、国際金価格(ドル建て)が上昇する基本セオリーは"ドル安"です。


市場には "ドル指数" なるものがあります。

ドル指数とは世界6カ国の通貨で米ドルの相対価値を示す指数ですが、

対ドルで各通貨がドル指数に占めるウェイトは均等ではなく、

ユーロだけで過半数が占められています。

つまり、市場がよく言う「ドル安」 とは、

対ユーロでの米ドル安のことだと言ってもほぼ過言ではなさそうです。



ドル指数の中で私たちの円はユーロに次ぐ存在ですが、

下の表をご覧になってお分かりの通り、その比率はユーロとは比較になりません。

ドルインデックスの構成通貨
ユーロ(EUR)57.6%
円(JPN)13.6%
英ポンド(GBP)11.9%
カナダドル(CAD)9.1%
スウェーデンクローネ(SEC)4.2%
スイスフラン(CHF)3.6%

従来は単に、米ドル安=国際金価格高 の方程式で説明されていましたが、

通貨ユーロの登場以来、

米ドル安=ユーロ高(対米ドル)=国際金価格高 

・・・という局面が基本になりました。

しかし、そこは市場です。 

「基本」 だけで語れるほど話は単純ではありません。

上記はあくまで一つの形態(常態と言えるかもしれません)に過ぎません。

使用人口が4億とも5億とも言われる通貨ユーロが金融有事で脅かされれば、

それ自体が金価格の買い材料になります。 

その時為替は当然ユーロ安に傾きます。

ユーロ安(対米ドル)=米ドル高=ドル建て金高

・・・になるケースが発生します。

私はしばしば、「教科書的」 と言う言葉を使いますが、 

この方程式は従来の「教科書」にはなく、むしろそれに対する矛盾です。

その時によりますが、同時に円も安気味になることがよくあり、

米ドル高=ドル建て金価格上昇 × 円安 = 円建て金価格大幅急伸

・・・という場面が最近は多くなった次第です。


平時は、ユーロ高=ドル建て金高であり、ユーロ圏の金融有事が起これば、

上述のようにユーロ安(対米ドル)=金高 となります。

金価格は米ドルが下がっても

ユーロが安くなっても上昇し、まさに美味しいところ取りです。



しかし金相場は、どの通貨が高くなったとか安くなったとかいう話で取引するよりも、

私の無料メルマガのテクニカル講座で十分だと思います。

そろそろ何か相場が動く材料が出てきそうだということが

チャートを見ればわかる場面は少なくありませんから。 

そうでなければチャートなど,ただのグラフに過ぎません。

チャートは "chart" =「海図」 なのです。


では、また。

 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る