金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

公式メルマガご登録

基本的に金相場と連動する銀相場は、
3年以上に及ぶ時間を掛けて形成してきた下降ウェッジが収束してきたように見えます。

近年の貴金属相場が遠大なスケールで
チャートパターンを形成するようになったことに改めて驚かされます。


<Spot Silver 月足> 銀は安値を更新してしまったが下降ウェッジ収束
↓クリックで画像拡大↓
155.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


さて、金相場の方は、崩れかけたダブルボトムがチャートパターン的にも頼りない状況ですが、
銀相場の方は下降ウェッジがここで上抜けるか、
あるいはあと一回位は上値抵抗線に打たれるのかが関心の焦点
になってきました。

ここでウェッジを上抜けてくれると金相場にとっても
明るい見通しが開ける可能性があると思います。

下降ウェッジの結末は上抜けと最初から分かっています。

銀相場も金相場同様、
ここに来てボリンジャーバンドの中心線と下限線の中間線の上に乗っており、
下値はサポートされているように見えますので望みはあるでしょう。

そして重要なことがもう一点あります。
まずは以下の金相場月足チャートを上の銀相場月足チャートと比べてみて下さい。


<Spot Gold 月足> 金は今年に入っても安値更新をしていない
↓クリックで画像拡大↓
156.jpg


昨年末までは金と銀は同時にダブル底をつけたように見えていましたが、
今年5月に入ってから銀相場は昨年12月につけた二番底を下抜いてしまいました。

一方で金相場ではその現象は見られておらず、年初来安値さえ更新はされていません。

このように類似の異銘柄間で、
一方は安値を更新しているのに他方は更新していない状況を
「異市場間ダイバージェンス」
といい、安値を更新していない金相場にとっては強気材料になっています。

これに加えて安値を更新した方の銀相場も下降ウェッジが収束し、
上抜け時期のタイミングを模索するだけの段階に入っていると思います。

この下降ウェッジというパターン...金相場でも底打ち時によく見られるパターンです。
金相場には頻出するチャートパターンがあります。

チャートパターンには理論目標値が計算出来るものも多く、
またパターン完成後にどうなることが多いかという金相場独特の傾向もあります。

チャートパターンを含め、そのようなことをお知りになりたい場合は
私の無料メルマガをお取り寄せ下さい。

金相場に特化している読み物ですので速攻で役に立つと思います。


 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2014/06/17 09:59

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る