金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時15分前後配信!!(現在10月10日版配信中)

公式メルマガご登録

金銀が軟調である中、
普段特に脚光を浴びることもない地味な銘柄のパラジウム相場が妙に堅調です。

パラジウムと言えば、個人的に思い出されるのが、
8営業日連続ストップ高を含む2000年1~2月のパラジウム狂騰相場です。
(以下チャート参照)

<Spot Palladium 月足>
↓クリックで画像拡大↓
153.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


当時はミレニアム相場と言って、21世紀に入り何でもかんでもお祭り高騰相場だったのですが、
特にこの時のパラジウム相場には
「ロシアによる出荷量制限」という背景が加わっていました。

このパラジウム...供給国としてロシアは世界第一位なのです。
それだけの影響力を持つロシアが出荷量をコントロールし始めれば、
その銘柄は当然大相場
になります。

パラジウムが高騰すれば、
ロシアが供給国として世界第二位であるプラチナも一緒に上がっていく
場合も考えられ、
少なくともこの2000年時はダブル高のケースでした。

銘柄が地味だけにニュースでは語られませんが、
今回のパラジウム堅調ももしかすると静かなロシア材料が背景にあったかも知れません。

クリミア問題からG8からロシアが外れてG7対ロシアの構図になりつつある今、
まだ対話の余地を探るなどの動きはあるものの、
やはり基本的に大ロシアと欧米連合は水と油のようであり、
ロシアが主たる生産国となっている資源は、
イザの時にはいつでも一方的に流れを止められる可能性
は低くありません。


この先、欧米とロシアの関係は観察対象でしょう。

金相場も含め、イザとなれば日本を含めた欧米諸国間のコンセンサスに従う
必要のないロシアの独断的動向
は商品相場には強力な影響を及ぼすはずです。

これらのファンダメンタルズをよくウォッチしつつ、
具体的な買場や売り場の見つけ方は私の無料メルマガに監修されている
テクニカル分析手法をぜひ身につけて下さい。

こちらは金相場に特化してまでまとめてあり、
金のサイクルにまで言及していて分かり易いはずです。

 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る