金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

前回は「ユーロドル相場から見る金相場」について説明しました。

その中で、6ヶ国通貨と金相場は"基本的に"順相関関係になり易く、
米ドルと金相場は"基本的に"逆相関関係になり易いと書きました。

強調的な「基本的」という言葉が引っ掛かったことと思いますが、
責任逃れをしたわけではありません。

基本はあくまで基本なので、そのように書いたまでです。

市販本には「米ドルと金価格は逆相関関係」とよく書かれています。
確かにそれは事実ですが、最近は必ずしもそうとばかりも言えない場面もあるのです。

昔は、ドルと金は逆相関、株と金も逆相関、そして原油と金は順相関...
と覚えておけばよかった時代でした。

しかし、通貨ユーロの登場以降、事情は大きく変わりました。
以前は通用していた構図がかなり複雑化してきたのです。
今の金相場はこれらの側面を柔軟に受け止めないと正しく対処することが出来ません。

米ドルと金が順相関関係になることもあるのです。
それはユーロを使用する経済圏であるEUの経済危機が材料になる時です。

EUが経済的有事の事態になれば、その時もそれを材料に金が買われるのです。
当然この時、ユーロは安くなります。
つまりドル高です。
金が買われるのは米国に有事が起こった時だけではありません。

これがドル高と金高が重なる時です。
昔は通貨ユーロなどありませんでしたから、金を揺らす通貨は米ドル一本だったのです。

EU経済圏が落ち着いている時は昔の通りですが、
ユーロ経済圏に一度有事が起こるとその構図が一時的に崩れるのです。


以下のチャートをご覧下さい。

<ドル指数 2010年2~6月> ドル高
↓クリックで画像拡大↓
103.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


<ユーロ/ドル 2010年2~6月> ユーロ高
↓クリックで画像拡大↓
104.jpg


<金相場 2010年2~6月> ゴールド高
↓クリックで画像拡大↓
105.jpg


上のチャートを見れば、
教科書に書いていることも一時的に崩れることがある
ということがお分り頂けると思います。

私は普段から多くのトレーダーの方とコミュニケーションをとっていますが、
今でも古典的な構図を頼りに取引をされて、どうも調子が上がらないと仰る方に出会います。

金の世界は日進月歩ですから、どんどん新たなものが登場してきます。
そうなれば、昔は通用したことも今は通用しなくなった...ということも出てくるようになります。

相場に取り組むに当たっては、「本に書いてあること」ではなく「テクニカル」でお取引下さい。

相場というものは、私が無料メルマガで配信しているテクニカル分析と呼ばれるもので、
相場の先行き動向はある程度つかめるものです。

相場において先が読めるということは稼げるということです。
テクニカルとは相場の交通ルールのようなものであり、
金相場は特にテクニカル通りに動きます。

是非、あなたも稼げる取組スタイルに改善し、金相場で稼いで下さい。


 
2014/01/26 19:29

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る