金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

金相場は、何千年もの歴史を誇ります。

その歴史において、日本では1978年に金取引が完全自由化されています。


そして、完全自由化以降で、最も安い価格をつけた「最安値」をあなたはご存じでしょうか。

知ったところで意味がないと言われてしまうかもしれませんが、
最安値を知ったところで全くと言ってよいほど意味はないでしょう。


しかし、最安値になった理由・要因を知る事は、非常に重要であり、
今後の金相場分析に役立つことは少なからずあると思います。

まず、最安値は、

★ドル建てゴールド最安値 1オンス=252ドル(1999年8月)

★円建てゴールド最安値 1グラム=836円(1999年9月)

現在の5分の1程度の相場です。

この時に買っていれば、どんなことになっていたか・・・
と妄想するとニヤニヤされるかもしれませんが、

この最安値を記録した要因はいくつかあります。

1つ目は、当時EU統合に向けての話が加速しており、ヨーロッパ各国の中央銀行が
EC統合・ユーロ発券に向けての財政的観点からの資金調達のため
保有していた金を短期的に売却したことです。

ドイツ・フランス・イタリア・スペインなどヨーロッパ各国の中央銀行が
同時期に金を売却することになれば、下落するのは無理もありません。

そして、これらの情報をつかんだヘッジファンドらが、猛烈な空売りをしかけました。

ヨーロッパ各国の中央銀行が金を売却 + それに伴いヘッジファンドが空売り

ひとたまりもないでしょう。

さらに、金鉱山では、上記のことから安値で大量販売、在庫を一掃しようと急いだため、
とどめが刺されました。


2つ目は、アメリカ経済の発展によって、
世界的にロシアよりアメリカが圧倒的優位になったためです。



これらの要因によって、1978年以降の史上最安値が記録されました。

金相場の変動要因の考え方が1つ増えたのではないでしょうか。

次回は、「史上最高値」をご説明します。


 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る