金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在11月9日版配信中)

公式メルマガご登録

長く下値に沈んできた金相場は、遠大な上抜け型チャートパターンを描きつつ、それを収束させている動きに見えます。

<Spot Gold 週足>
2017-10-03.png

昨年の7/6(1375.12ドル)以降、ここまでの高値は今年の9/8(1357.45ドル)でした。
一方で下値は、一昨年の12/3(1046.25ドル)と昨年の12/15(1122.87ドル)を結んだラインは下値をサポートすることが出来るはずです。

このサポートラインと、上述の2つの高値を結んだラインとに挟まれた領域がシンメトリカルトライアングルになるとは目下のところ見ていません。

もしも、相場がこのパターンを形成中であるとしたら、パターンが収束したら下に抜けて再び下落トレンドが出来てしまう可能性があります。

相場が上から下りて来てシンメトリカルトライアングルが出来る場合、その後の結末は大概、再び下に抜けるケースが一般的だからです。

1046.25ドルという安値は第二7.4年サイクルの底値であることが既に確認出来ており、現在は第三7.4年サイクルが始まってまだ時間経過が非常に浅い...すなわち同サイクル自体が非常に若い時間帯にあります。
つまり、まだまだ天井に至るまでの時間帯が継続する見込みの方に分があることを思うと、現在の大きな三角保合いはアセンディングトライアングルを想定したくなります。

この見方が正しいとして、パターンのサイズを考えると、収束までに今しばらくの時間を要すると思われます。

したがって年内は同パターンの収束にその時間を使われ、本科的な上昇は2018年に入ってからであると思います。年内は、いわばロケット発射前のカウントダウンのような時間帯になるでしょう。
2017/10/04 09:13

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る