金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

市場には「異市場間強気ダイバージェンス」という概念があります。

    異なる二つの市場間において同日につけた安値を、一方は割れても他方は割れなかった場合、その後の両市場は強気推移するというものです。以下の絵でその概念を把握して下さい。
これが金銀市場間において幾つか見ることが出来ます。

29072501.jpg


<Spot Gold 日足>    
2017-07-18-1.png

<Spot Silver 日足>
2017-07-18-2.png

上の二枚のチャートをご覧頂いてお分りのように、金価格と銀価格はしばしば同日に安値をつけますが、概して金価格がその安値を維持しつつも、銀価格の方は割れるというパターンが多いようです。

上の強気ダイバージェンス実例で最も低い位置は2016年12月15日安値です。銀価格はこの安値を早々に下抜いていますが、金価格は下抜かないまま上に行き、今日に至ります。

その後の2017年1月27日安値と同3月10日安値についても同様に、金価格はそれらの安値上空を維持していますが、銀価格は既に割れています。

つまり、現在の金銀市場には三つの強気ダイバージェンスが見えていますが、後者の二つについては、もしかすると間もなく消滅するかも知れません。

金相場のチャート上に描いた現行プライマリーサイクル(PC:15~21週)の形を見ると、まずこのサイクルはレフトトランスレーション(弱気型)になるようです。

前半ハーフプライマリーサイクル(HPC:8~11週)が既にレフトトランスレーション(弱気型)を確定させており、その後で後半HPCが一度天井をつけると、7/10(1207.77ドル)安値は理論的に割れてしまうことになります。

この見方からでも2017年の1/27安値と3/10安値を維持することはちょっと無理そうです。

割れてしまえば、これら二つの強気ダイバージェンスはその時点で消滅➡しばしの弱気ですが、大底打ち時に2016年12月15日安値をまだ維持出来ていれば、その後はそれが効き、再び力強く上に向く可能性があると思います。



 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る