金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

金相場が基本的に米ドルと反相関関係にあると語る人は多いと思いますが、ユーロのサイドに立ってその裏返しで語る人の数はかなり減ります。

基軸通貨米ドルに次ぐ使用人口を誇る通貨ユーロは市場においてドルに次ぐ存在感があり、金相場にとってもその影響は軽視出来ません。
今の時代、カギは米ドルばかりではありません。

ユーロ・ドル相場において両者はシーソー関係ですから、当然に米ドルが安ければユーロが高くなり、米ドルが高ければユーロが安くなります。

<金・ドル・ユーロの基本関係>

  米ドル高  ←→ ユーロ安(この時は金価格安)     

米ドル安  ←→ ユーロ高(この時は金価格高)  

...ということです。
    
【ユーロ・ドル 週足】
281121a.png




【Spot Gold 週足】
281121b.png

上の二枚のチャートを見れば、ほぼ同じ上下動リズムで動いているのがよく分かります。
つまり通常時のユーロに焦点を当てれば、金価格と通貨ユーロは順相関関係です。

但し、ユーロ圏経済に衝撃が走ったりする時にはこの関係が崩れることもあります。
その時ばかりは米ドルと金価格が順相関関係になることもありますが、ドル、ユーロそして金の相場動向については基本的に上記の関係です。
 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る