金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在3月8日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/3/19セミナー申込で2018/3/31までGOLD Morningを全部(約5-10分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみのご提供となりました。全部版はオンラインセミナーをお申込下さい。。

公式メルマガご登録

金の調整相場が一巡したように見えます。

先週に引き続きNYファンド買越残の話ですが、通常なら11月がファンドの決算期であるはずなのに、何故10月にこれだけファンドの買玉手仕舞いが起こったのかに悩ませられるものの、何はともあれ上値が重かった原因が取り除かれてきたことは間違いありません。

今回は面白い現象も起きています(以下参照)。

<Spot Gold 日足>
281026a.png


数字の発表は毎週火曜日と決まっており、発表当日に大きな陰線(買玉手仕舞いの結果)が立てば、それが数字に反映されるのは次回発表時の翌週火曜日になります。

ですから9/27(火)の陰線(売り)は、9/27(火)発表の数字(904トン)から10/4(火)発表の数字(761トン)までの143トン減の中に織り込まれているということです。

更に10/4(761トン)から10/11(605トン)までの156トン減の中には10/4の急落陰線の背後にある売りが織り込まれています。

上記で"面白い"と述べたのは次のことです。
10/7(1241.47ドル)がここまでの最安値ですが、その後相場がやや反発していても尚48トンの買越残の減少が見られることです。

相場は10/7(1241.47ドル)で底を打って次の上昇モードに入ったのか???
これだけファンドから手仕舞いが出てくればその可能性はあると思います。
あとは彼らが11月にどう動くかが注目に値するところです。
 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る