金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

エリオット波動論という相場の見方があります。
相場の世界全般に適用される概念であり、相場の価格変動には一定の「秩序」が存在することをラルフ N.エリオット氏という人が提唱したためにこの名がついています。



「秩序」の中には、次の波ではどこまで伸びるかなどの数字的概念も含まれるのですが、話しが長くなるため、ここではその点については触れません。
相場がどういうリズムで推進していくのか、今回はその形だけを示したいと思います。

281006a.png

エリオット波動論においては、上図のような上昇相場は"上昇三波"と"修正二波"とに分けて定義されています。

そして上昇出発点から天井に至るまでの第1波~第5波までを「推進波」といい、天井から下落するA波~C波までを「修正波」といい、その中の一つの波動は更に同じ定義の下で、同様に上昇三波と下落二波に細分化されるのです。

商品相場においては第5波が最大になる特徴があるともいわれています。

これがエリオット波動論によって定義された波動形の基本であり、実際の相場の波動は確かにこのような進行をしているから面白いものです。

実際の相場をエリオット波動論の定義に当てはめると、こんな風に見えないかとも思うのですがどうでしょう?


<Spot Gold 月足>  やはりこの先は大上昇か?
281006b.png

大きな絵として現在の金相場を眺めると、昨年の12月3日(1046.25ドル)は、もしかするとエリオット波動の第5波の始点となっているかも知れず、上図は辻褄が合う見方だと思います。

この中の第1波だけを抽出してクローズアップしてみると、これもまたエリオット波動論の定義に則して綺麗に見えます(以下チャート参照)。


<Spot Gold 月足 2008年> 更に細分化された 第1~5波 及び A~C波
281006c.png

見事に定義通りです。
金相場はいつもテクニカル的に教科書のお手本のような値動きを見せることが多く、見易い市場ですね。
 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る