金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在1月12日版配信中)

公式メルマガご登録

前回投稿では、金相場が新たな長期上昇トレンドに入った可能性が高いと述べました。この見方が正しいなら、当然の如く最大の関心事は次の目標値です。
今回は、2011年9月6日天井(1920.44ドル)以降の調整期間が4年以上と非常に長かった分、これに見合った非常に大きな反動(上昇)エネルギーを蓄えている可能性が高いと見ています。
現在、向かい出したであろうと思われる金の長期22年サイクル大天井は、もしかすると4000ドルを超える数字になる可能性があると思います。

< Spot Gold 月足>280524a.png

通常、落ち着いて下落後の戻り幅を計算する時は黄金率を用いることが多いので、2011年9月6日(1920.44ドル)から2015年12月3日(146.25ドル)までの下落幅874.19ドルを使い、幾つかの控えめな目標値を算出してみると以下のようになります。

1) 最も低い目標値
1046.25(ドル) + 874.19(ドル) × 1.382倍 = 2254.38(ドル)

2) 次なる上の目標値
1046.25(ドル) + 874.19(ドル) × 1.618倍 = 2460.69(ドル)

3) 更にその上の目標値
1046.25(ドル) + 874.19(ドル)× 2倍 = 2794.63(ドル)

因みに2008年時のリーマン・ショック暴落後の戻り相場は、暴落幅350.00ドルに対して×黄金率どころか非常に大きく、戻りの終点になった2011年9月6日(1920.44ドル)は3.54倍返しの水準でした。
金相場の場合、上昇相場がトレンドづくと、上記のような黄金率で計算したような目標値など遥かに超えた位置まで上がっていくケースが多く見られます。
今回も、大天井まで単純に2008年時と同じ倍率を適用すると以下の数字が算出されます。
    1046.25(ドル) + 874.19(ドル)× 3.54倍 = 4140.88(ドル)
ただ、商品相場の打ち上げは第三波が最大になる傾向があり、もっと大きな倍率になることも考えられます。
要するに金相場の長期第三波の天井は青天井であり、終点の数字を言い当てることはまず不可能です。
 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る