金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


東京白金の日足と週足チャートを眺めると、

気になる大きな窓が開いているのが見えます。

しかもその窓の位置は何と、現在価格から約1000円も下です。 


ご存知の方も多いでしょうが、"窓"とは、

ローソク足が次のローソク足に移る時に出来る価格のギャップ(隙間)のことです。

相場には、100%絶対ではありませんが、

これを埋める(窓の位置までいずれ戻って来る)という習性があります。
 

つまり、プラチナはいずれまた1000円以上の下げをいずれ見せるのではないかv
ということです。


この白金(プラチナ)という銘柄・・・普段から上下動の激しさには定評があります。

時は金価格が1グラム1000円を超えたばかりの頃です。

金はまだ年間の高安が200円にも至りませんでしたが、

金にとってはそんな時代でもプラチナの方は天井後に900円もの急落を見せる位に、

それはもう激しく動いていました。


ご存知、リーマンショック後の金価格は

僅か3ヶ月で史上最大の大暴落を見せましたが、

その時の金が天井から大底まで下げた値幅は1259円でした。


一方で同じ時期にプラチナはどうだったかというと、何と4742円も下げ

最高値から最安値まで5151円もの驚異的な下げ幅を記録しています。

あれ程まで下げてしまうと、「下げた」というよりも、

「壊れた」とか「破壊された」という言葉の方が似合います。


ここまででお分かりのように、

プラチナの動きの激しさは金価格のそれとは比較になりません。

相場と同じ方向に向けば美味しいですが、反対に向いたら大変です。

いつかはプラチナもやってみようと思っていた人は、くれぐれも気をつけて下さい。


ところで、上記で述べたプラチナの"窓"とはこれのことです。

以下の週足チャートでご覧下さい。


【東京白金 週足】流れはまだ上向きか?
↓クリックで画像拡大↓
42.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


ボリンジャーバンドの切り上がり方を見ると、今はまだかなり強そうに見えます。

そして、チャートパターン的にはきれいなダブルボトムを打っています。

これは月足チャートで見ると、もっとはっきり見えます。

ダブルボトムの理論で計算すると、

この先の白金価格は、5679~5925円あたりの値域を目指しているのかなと見ます。

問題は上昇前に開けた"窓"の後始末です。

窓の位置が4314円ですから、

もし高値までの道筋がそのシナリオ通りになれば、

1400~1600円位の下げをまた見せる可能性があります。


今はゴールドも上下動の激しい銘柄になりましたが、プラチナはその上を行きます。


また白金相場は、

トレーダー向けにテクニカル分析をする人もなかなかいない銘柄です。

取引銘柄がプラチナでなければならない理由がなければ、

私としてはゴールドの方がお勧めです。

ゴールドなら、少なくとも私が可能な限り客観的な数字でテクニカル分析します。

その知識は、テクニカル分析の教科書といえる私の無料メルマガで入手出来ます。

そこにはダブルボトムの理論はもちろん、

様々なテクニカル分析手法の基本が書かれています。

よければ読んでみて下さい。


では、また。

 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る