金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

日本時間の去る6月24日正午過ぎは、英国のEU離脱決定という材料を背景にして多くの資金が金市場に流入しました。

この時は、国内の早朝7時頃から正午過ぎ頃までのわずか5~6時間で何と108ドル以上もの上昇を見せましたが、この上げ幅は一日の上昇としては史上最大級であり、直近では2008年9月17日の92.05ドル上昇幅を抜くものでした。 

【Spot Gold 30分足】 108.11ドルも上昇
280628a.png


為替や株も含めて全市場が大きく揺れたため、非常にインパクトの大きかった一日ではありました。

しかし、こと金相場に関しては以前の投稿記事でも申し上げている通り、長期サイクルが昨年の12月3日(1046.25ドル)で底打ちしているため、既に次の長期サイクルの天井に向かう時間帯に入っていますので、金相場はこのサイクルの天井を打つまでは強気の動きを見せて当然です。

その意味では今回のような急騰場面があって当然であり、逆にいつかこういう場面が出てくることは分かっていたといえば分かっていたわけです。

ただ、東京金に関しては、年内一杯の頃までは第一5.5年サイクルの底(円高の極み)を目指しているため、強いドル建て金相場ながらも、円建て金には少し向かい風が吹くでしょう。

つまり目先の円建て金相場は、今しばらく強いドル建て金相場と円高との綱引きになる見込みであり、一度ドル円の5.5年サイクルが底を打てば、この綱引き相場から開放されるはずです。
 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る