金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

金相場及び銀相場のチャートを比較して金相場の今後を占う手法があります。

それが以前にも取り上げた強気/弱気ダイバージェンスという概念です。

金相場と銀相場は、殆どのケースで高値と安値を同日につけながら、基本的に同じリズムで動いています。

そして、時として一方は前回の安値(高値)を更新したのに対し、他方はしなかったということが起こったりし、こういう時にその後の相場の見通しが強気だとか弱気だとか言われます。

以下のSpot GoldとSpot Silverのチャートを比較して見て下さい。

<Spot Gold 日足>
2018-04-11-1.png

<Spot Silver 日足>
2018-04-11-2.png

金相場と銀相場は共に昨年の9/8に高値をつけています。

そして、注目して頂きたいのは、その後の1/25にも金と銀の価格は高値をつけていますが、金は9/8高値を更新しましたが銀は更新していません。

これを「異市場間弱気ダイバージェンス」といい、この状況が出来るとこの先の金銀両市場は共に弱気見通しとされます。

そしてもう一箇所にご注目。

3/1には両市場共に安値を付けています。

これを金価格は今日まで割れていませんが、銀価格は割れています。

これを「異市場間強気ダイバージェンス」といい、こちらの視点からは両市場共に目先は強気見通しです。

つまり、現在の金・銀相場はダイバージェンスの観点からは強弱交錯状態です。

執筆時点の4/11現在はかなり強気基調で動いているようですが、このあとは分かりません。

一気に反転してどこかしらの下値メドに向かう可能性があります。


1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る