金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

公式メルマガご登録

これまで金の25年グランドサイクルは三位相パターン(三つの8.33年サイクル構成)として見てきましたが、もしこの先も金相場が2011年9月高値1920ドルを超えることがあるのなら、最早二位相パターンで進行している可能性に依るしかなくなったのではないかと思えます。

この見方は、7/20(月)の急落によって昨年の11/7安値であった1131.60ドル(Spot Goldベース)を下回ったことにより、従来の三位相パターン観測を継続すると2008年10月24日につけた680.80ドル(Spot Goldベース)を下抜くシナリオを受け入れざるを得なくなったことによるものです。


【Spot Gold 月足】 現在は半値押しで止まっている
 
270724a.png
去る2008年10月に起こったリーマンショックも随分と金価格を押し下げましたが、この距離から月足チャートを眺めてみれば、あの出来事でさえも上昇途中の単なる押し目程度にしか見えません。

そして1920ドルまでの上げ方は放物線的形状を描くものであり、10年を超える上昇時間のスケールを考えれば、3~4年スケールの修正相場を受け入れることにも抵抗感がなくなってきます。
しかし、1920ドルをもし今後超えるのであればもうそろそろ答えが出て来る時間帯に入ってきました。

現在、チャートパターンは下降ウェッジ形成中のようでもあり、仮に2008年高値の1030ドルまで下りて来ても下降ウェッジであり続けることは出来そうです。

下降ウェッジのケースであればを相場はパターン上抜けるはずですが、今秋には答えが出てきそうな雰囲気です。


 
1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る