金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在1月12日版配信中)

公式メルマガご登録

金相場では、底練り局面や上げ途中の中段保合いで
何らかのチャートパターンを形成することが非常に多いようです。

例えば2008年10月底は逆三尊というオーソドックスなパターンを形成しました。
これは今まで散々述べてきたことですので最早多言は無用と思います。

今回提唱したいのは、東京金月足の現在です。

形は少々歪に見えますが、
ダイヤモンドフォーメーションのように見えなくもない気がしますがどうでしょうか?


<東京金 月足>

↓クリックで画像拡大↓
172.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


173.jpg

少し三尊パターンにも似ているのですが、パターン収束後の結末は全然違います。

これは滅多に出現するパターンでもないのですが、
近年は金相場でも散見されるようになってきましたので知っておいて損はありません。

このパターンは、実は上抜け下抜けが決まっているわけではありません。

しかし、東京金月足の雲の形状が良好であり、
今回の長い調整期間中も雲の上限がサポート役として機能して、
雲には一度も突き刺さりさえしなかった事実も好感されるのでこれは上抜けと見ています。

東京金月足が今回この中段保合いパターンを形成し、
それが今収束しつつある姿によって長く続いた調整局面終焉の示唆を感じます。

今回はこれまでに見なかった程に本当に長い調整でしたが、
長い金相場の寿命の中では、これでも上昇途中の中段保合いだった...
ということではないでしょうか。

まだ上昇余命があると思う金相場ですが、
段々大きくなってくるそのスケールに我々は慣れていく必要があります。

今回取り上げたダイヤモンドフォーメーションというチャートパターンは
金相場に頻出するというレベルのものではありませんが、
しばしば出現するものが他に多数あります。

ご関心があれば(関心を持つべきです)私の無料メルマガを取り寄せて全てを覚えて下さい。
金相場が透けて見えるように感じ、チャートを眺めるのが楽しくなるはずです。


 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2014/07/17 22:18
1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る