金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在1月12日版配信中)

公式メルマガご登録

今年も既に半分が過ぎ、金は本格的に夏相場に入ります。

一昔以上前なら、
金相場に取り組む者にとって夏は気怠い退屈な季節でした。

しかし、ここ数年を振り返ると最近はそんなに退屈でもなさそうです。

どちらかと言えば、
昨今はむしろ夏にエキサイティングな高騰を見せる傾向があるように思います。

実際にチャートを見て確かめてみましょう。

因みに"夏"の定義は6~8月とします。


<Spot Gold 週足 2008~2010年>
↓クリックで画像拡大↓
165.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


2008年
この年の夏(7~8月)は超暴落の季節でした。
ご覧の通り多筆に及びません。

2009年
これが普段の典型的な「気怠い」夏の金相場です。
8月の最終週になって目が覚めたようですが...

2010年
この年は天井後の6月後半から7月終わりまで一貫して下げていますが、
8月に入って一気に反転し、そのまま秋の高騰相場に繋げました。
金相場にとって8月の印象が変わった年でした。


<Spot Gold 週足 2011~2014年>

↓クリックで画像拡大↓
166.jpg


2011年
6月の押し目の後、7月に入ってから8月まで目の覚めるような大暴騰を見ました。
前年に変わった8月相場の印象は2011年もそのまま踏襲出来ました。

2012年
気怠い夏相場再来の年かと思われましたが、やはり8月の後半に意外な大陽線を立てました。

2013年
6月の大暴落の反動という背景もありましたが、7~8月の高騰は目覚ましいものでした。
その後の様子を見ると、年後半が一貫してその反動安になった程でした。


さて、今夏はどうなるでしょうか?

取り敢えず6月は過ぎましたが、
明らかに強気の月でしたので多少の反動安は覚悟しないといけないのかも知れません。

上記で見てきたように、最近の金相場は8月でも強気に動くことが多いように思えます。
ここまでは、近年の夏の金相場の検証です。


次は今年の夏相場がどのように動きそうかを占ってみます。

<Spot Gold 週足1> 二重シンメトリカルトライアングル???

↓クリックで画像拡大↓
167.jpg
 

ここまで形成されてきた相場にトレンドラインを引いてみました。

確定的なことはまだ何とも言えませんが、6/3以降の小天井が一旦ついたのなら、
チャートパターン的には、
大小二重のシンメトリカルトライアングルの中にいる可能性があると思います。

この見方が正しければ、
7月は少なくとも前半がやや弱気に動き、しかしその後雲を下抜かないで価格は

雲の中で持ち直し、上値抵抗線を突破しながら
前プライマリーサイクルの天井(1392.05ドル)を上抜いていくと見ています。


しかし、近年の8月が強いからと言って今年の8月も強いと決まったわけでもなく、
上のようなコースでなければ

<Spot Gold 週足2> 
シンメトリカル上抜け後はアセンディングトライアングル上抜け???

↓クリックで画像拡大↓
168.jpg


現段階ではあれこれ想像を逞しくするばかりですが、
新プライマリーサイクルが二波構成になれば、
7月も連騰し、8月になって調整という可能性もあります。

そして二本ある上値抵抗線を一回づつ打たれた後、
それぞれ上抜けて高値を目指すというシナリオです。

例えば、
下値サポートラインと一本目の(下にある)抵抗線はシンメトリカルトライアングルを作り、
二本目の(上にある)抵抗線とはアセンディングトライアングルを作り、
そして最終的にこれも上抜けるとか...いう展開になるのかも知れません。

これも理屈には合うと思います。


金には通常15~21週で回っているプライマリーサイクルという周期があり、
その中が三波構成になったり二波構成になったりしながら進行していきます。

前者の場合、
一つの波をメジャーサイクル(略称MC:5~7週)といい、
相場的には三位相パターンといいます。

これに対して後者の場合、
一つの波をハーフプライマリーサイクル(略称HPC:8~11週)といい、
二位相パターンといいます。


サイクルの長さを把握していると便利なのは、
いつ頃高値や安値をつけそうかというシナリオを自分で考えて描き易くなることです。

一度シナリオを描き、進行を見ながら徐々に修正を加えていくと取り組みも楽しくなります。

金のサイクルにご興味があれば、
私の無料メルマガへご登録頂くと、かなり詳しく解説していますので、
是非お取り寄せしてみて下さい。



 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2014/07/07 14:30
1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る