金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

第一8.5年サイクルの天井を2008年3月に1030.30ドル(Spot Goldベース)で打った後の
調整相場は、当時としては金相場史上最大の暴落となり、
その高値を再び上抜くまでに要した時間は17ヶ月(約1年半)でした。

(以下2008~2009年時チャート参照)


<Spot Gold 週足 2008~2009年時>
第一8.5年サイクル天井を上抜くまで17ヶ月を要した

↓クリックで画像拡大↓
149.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


一方で2011年9月の1920.44ドル天井以降今日までについては、
高値更新はおろか未だ調整が終了したかさえ未だ確認出来ていないのが現状です。

(以下2011年~現在に至るチャート参照)


<Spot Gold 週足 2011年9月~現在>
↓クリックで画像拡大↓
150.jpg


この時の下落幅は2008年時に比べて2倍超のスケールであり、
底打ち形がダブルボトムであったことの
確認待ちの時間を過ごしている最中です。

高値更新までの値幅はまだ相当あり、まだ時間も掛かりそうな雰囲気です。

直近天井から3年近くも経過し、
今尚高値更新に時間が掛かっているのはどういうことなのでしょうか?


まず2008年時に比べて今回は...

1.下落前に昇っていた天井までの上昇幅が2倍以上
2.天井からの下落幅も2倍以上
3.天井までの上昇時間も1.5倍



つまり、
チャートが描いている絵のサイズが今回は2008年時よりかなり大きいということです。

大きな動きを近視眼的に見ていると
相場が向かっている方向や現在位置が分からなくなってしまいます。

たとえ既に回復相場に入っているとしても、今の金相場ではそれなりの価格の上下動があります。

今回の金相場が正式にダブルボトムだと確認出来るのは
昨年の8/28(1433.70ドル)を上抜けた時
ですが、
その前に今年の3/17(1392.05ドル)を上抜ければかなりその可能性は濃厚と見て良いでしょう。

しかし、それももう少し先になりそうです。

2008年時は、天井後直ぐに下落モードに入りました。

ところが今回は、底値模索に入る前に17ヵ月間にも及ぶ横這いの保合いがあり、
これが下抜けたと同時にようやく底値模索の動きに入っています。

底値模索の前に長く続いた横這いボックス相場が、
金相場の回復を一段と長く待たせる結果になったようです。

昨今の金相場は、
色々なチャートパターンを予め覚えておかないと何を出してくるか分かりません(笑)

また、金相場が底を打つ時も何らかのチャートパターンを形成することが多く、
たとえば2008年時は逆三尊でした。

今回はダブルボトム(未確認)になる可能性があります。
しかもスケールが大きいため描く時間が長引きましたし、確認にも長い時間が掛かります。

従って、今回の方が2008年時よりもサイズの大きい相場だったのですから、
回復を待つ時間も当時より長くなるのは当然であり、
逸る気持ちを落ち着かせながら取り組む必要があります。

多くの方はどうしても近視眼的になりがちで、50円、60円という動きに翻弄している様子ですが、
相場で大きく間違わないためには大きな流れの把握が大切です。

金相場はそのスケールがドンドンと大きくなってきています。
大きく歪んだ相場の修正は長い時間が掛かります。

そのためにチャートは金相場のBig Picture をきちんと見て流れを正しく把握しておくべきです。

大きな絵で見てチャートパターンが出来ていればそれがその後の方向性を示してくれますし、
一目の雲の形状を見れば、この先雲の上に抜けて行きそうか、
あるいは打たれて跳ね返されそうかが概ね分かるようになります。

チャートパターンや一目の雲との関係、また金の相場サイクルなどその他のテクニカル指標は
全て金相場に特化して無料メルマガにまとめて配信しています。

良ければどうぞ取り寄せてお読み下さい。

目から鱗情報が満載です。



 
1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る