金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

現在の金相場はファンドによる買い越し相場です。

金先物の世界で買い参入したポジションは、
必ず売って閉じ(Close)られ、反対に売り参入したポジションは買い戻して閉じられます。

それ故に先物で手仕舞い前のポジションは
オープンポジション(Open Position)と言われます。

つまり、買いのオープンポジションは売って閉じられますから、将来の"売られ玉予備軍"
なのです。

「売られ玉予備軍」ということはつまり、将来価格を引き下げる原因になるということです。

天井からの下落というのは、
天井圏まではドンドン買いのOpen Positionが積もっていった後、
ファンドの手仕舞いによって崩れる現象です。

したがって、我々が天井圏で手仕舞いし、
含んでいた利益を出来るだけ多く確定しようと思えば、
ファンドが手仕舞いする前に動かねばなりません。

でもどうやってそのタイミングを知ることが出来るの・・・?

NY金のCFTC建玉明細という指標があります。

ポジションは買玉が多いのですが、そればかりではありません。
売玉もあります。

未決済買玉から未決済売玉を差し引いたものを"買い越し残"と言います。

市場のメインプレイヤーであるファンドが
買玉を売り手仕舞いし始めると、買い越し残は減り始めます。

重要なことは、
この買い越し残の数字で天井圏の売りどころや底値圏の買い場を判断出来ることです。

これでファンドの買い越し残(将来の相場の下落原因の元)が分かりますので、
この数字がどの位になったらそろそろ天井圏、
どの水準まで減ったらそろそろ底値圏と判断すべきかということが分かるようになり、
これに慣れると上手な取引が出来るようになります。

CFTC建玉明細は一般公開されているデータですので、
お取引されている会社の営業マンに伝えてもらうのも手だし、
その会社のHPから見て取ることも可能です。

(以下の表参照)
↓クリックで画像拡大↓
118.jpg
※上記の表は、北辰物産のHPからの抜粋を利用しております。


買い越し残は"トン数"で語られるのが一般的ですので、
買い越し残数はトン数での感覚が身に付きやすいと思います。

しかし、取引会社がHP上で公開しているのは、
上の表で見られるようにNY市場の買い越し"枚数"で表現されることが多く、
これをトン数に換算すればよいだけです。

例えば、今年の1/14の買い越し残数は44013枚(表中の大きい太数字)ですが、
この元データをこのように換算します。

NY市場の1枚は100オンス(=3.11035 kg) ですから ... 

44013(枚)× 3.11035(kg)÷ 1000 ≒ 136.9トン(1/14時点での買い越し残)

...と計算します。

これが2014年1月14日時点でのNY市場におけるファンドの買い越し残のトン数です。

今見えている表の中では、この数字以降数字は増えており、実際に相場も上がっています。

ただ判断の基準になる天井圏や底値圏でのトン数は時の経過と共に変わっていきます。

取り組みが今ほど多くなかった10年以上前なら、
買い越し残が200トンといえば天井圏を意味していましたが、
今なら底値圏を意味する数字になっています。

今の時代、金相場の天井圏では800トンを超えることがあります。
ファンドの買い越し残が700トンを超えたらそろそろ天井圏を警戒すべきです。


いずれ利益を確定するために買われてきた買玉が
売り崩される日がそう遠くないことを意味している水準です。

ちなみに、あの6/28(1180.30ドル)の直後の7/2に発表された
買い越し残の数字は20751枚です。

これをトン数に換算すると...

20751(枚)× 3.11035(kg)÷ 1000 ≒ 64.54トン(7/2時点での買い越し残)

これは近年稀に見る低い数字で、今日までこの数字を下抜いてはいません。
それ以降の金相場はご存じの通りです。

ここから先は各自で研究してみて下さい。
これは役に立つデータですよ。

私が無料メルマガで配信している「金相場のテクニカル分析手法」と合わせると、
相場動向の判断精度がグンと上がるはずです。


 
2014/02/20 15:35
市場のメインプレイヤーはヘッジファンドです。
顧客から預かったお金を運用して増やすことが彼等の使命です。

株式でもFXでも、金でも銀でもプラチナでも...何でも売買していると思いますが、
彼等の中で金の位置づけというか、金の役割には一定のパターンがあるようです。

市場取引におけるメインストリームはやはり何と言っても株式取引です。

その株式市場が何かサプライズ級の材料で急落を起こすと、
短期間で含み益の収縮や大きな損失が生じます。

しかし、それはあくまで株急落の材料であり、
金市場にとってはむしろ美味しい話であることも多いものです。

実際に株が急落を始めた瞬間は、金はまだ上げでいます。

しかし金相場のチャートを見ると、
株の急落が一服すると次は金が急落を始めている
のが分かります。

以下のチャート二枚をご覧下さい。
タイミングの比較をし易いように二枚のチャートの時間軸は揃えてあります。


<NYダウ 週足 2010年9月~2011年9月>
↓クリックで画像拡大↓
114.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


<Spot Gold 週足 2010年9月~2011年9月>
↓クリックで画像拡大↓
115.jpg


二枚のチャートをよく見ると、
2010年9月から2011年5月まではダウと金は両方とも歩調を揃えて昇っています。

ファンドは両方とも買いポジションだったと思われます。


以前も書きましたが、ダウと金はいつも反相関関係である場面ばかりではありません。
順相関関係の時もあるのです。

問題は次の2011年5月から同年9月までのNYダウ急落期間です。

ダウは大きく二段で下げていますが、二段目の下げ開始と同時に金は急騰しています。

そしてダウの急落が一服したらそこで金が上昇を止め、
急落を開始している
のが見えるはずです。

今問題にしたいのは二市場間の天井時期がずれている理由です。

さて、何故でしょうか?

これは、株の下落で出てしまった損失や収縮してしまった含み益を、
含み益を持つ金の利益確定で補填している
ためです。

だから株式市場の下落一服後に金相場の天井の時期が訪れるのです。


これは2008年のリーマンショックの時も全く同じパターンでした。

あの時、NY株式は2007年9月のサブプライムローン破綻という材料で当面の天井を打ち、
これ自体が原因で起こったリーマンショックが2008年に入ってから
それに追い打ちをかけた形になっただけ
なのです。

実際に株式下落のきっかけになっていたのは
前年のサブプライムローン破綻
だったわけです。

サブプライム破綻は金相場には最高に美味しい上昇材料でした。

しかし、金の上昇も2008年3月までです。
その頃までに株はかなり下げていましたから、
大きな損失が発生していたファンドがあったはずです。

最後にあと二枚、当時のチャートをご覧下さい。
こちらも時間軸は揃えています。


<NYダウ 週足 2007年10月~2008年3月>
↓クリックで画像拡大↓
116.jpg


<Spot Gold 週足 2007年10月~2008年3月>

↓クリックで画像拡大↓
117.jpg


これでよくお分りでしょう。

2007年10月以降2008年3月までの間、株と金は全くの逆相関関係です。

そして、株の下落が一服した
2008年3月に金が大天井を打ち、急落を始めます。

理屈は前述の通り、株の損失補填を目的とする金の利確です。

現代の金融市場は複雑に異市場が絡み合っています。
こんな事情があるのです。

昔の教科書はもう捨てましょう。

私の無料メルマガの方がはるかに役立ちます。

何故なら多方面から金相場を分析出来るツールを
その中ではきちんと提供しているからです。


 
2014/02/16 05:26
前々回の投稿記事では、
銀だけが1980年高値の下に沈んだままであるとの内容で書きました。

これに対して、金価格を各国通貨建てで比較すると、
私達の円建て金価格だけが1980年当時の史上最高値より下に沈んだままです。

当時の最高値6495円(但し当時は先物市場がなかったので
これは店頭小売価格)に届くまではまだ2000円以上も伸びなければなりません。

こんなことになっている原因は一貫して継続してきた円高トレンドです。

金価格が安くなっていた1999年8月までの間も大局的には円高が続きました。

その時に示現した1グラム836円などという目を疑うような
1000円割れの安い価格にも円高は多大な貢献をしました。

その後金価格が高くなり始め、ドル建て金価格が4桁になっても円高は止まらず、
円建て金価格の最高値更新を邪魔しています。

2011年10月31日にば1ドル75円57銭を付け、
せっかく急上昇していたドル建て金価格の足を引っ張ってきました。

それ故に金が2000ドルの手前まで昇ってきた時でも
まだ6495円には遥か遠く及ばなかったわけです。

果たして円建て金価格はいつ1980年1月の6495円に届くのでしょうか?
正直、その予測は難しいことです。

アベノミクスをサポートしてきた円安ですが、為替は政治であり、戦争の武器でもありますから
日米間でどのようなコンセンサスがあるのか私達は知る由がありません。

アベノミクスの円安も、もしかすると米国が容認した範囲内で限定的なのかも知れません。

ちょっとここでドル円の月足チャートをご覧下さい。


<ドル円 月足> この抵抗ラインを越えられる円安になるか?
↓クリックで画像拡大↓
112.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。

まずはこの抵抗ラインを越えられるかが注目の的ですが、到達まであと少しです。

今直ぐ届くならラインの位置は110円位ですが、
相場がゆっくり動き、この右下がりのラインに頭を抑えられるなら、
ドル円は110円には届きそうにはないことになります。

ドル円の長期サイクルは16.5年です。

金のサイクルほど綺麗に位相が分かれていませんが、
その中に大体5.5年のサイクルが三つあります。

旧16.5年サイクルは2011年10月31日の75.57円で終了しており、
現在は新16.5年サイクルの最初の5.5年サイクルの中の3年目に入ったばかりです。

ここまでは何がどうであれ、テクニカル的には絶対円安だったわけです。

何故なら5.5年サイクルですから、旧16.5年サイクルの底(75.57円)から
少なくとも最初の2年はどうしたって円安にならざるを得ません
(以下の挿し絵を参照下さい)。
113.jpg

上昇時間より天井後の下落時間の方が長いサイクルパターンを
レフトトランスレーションといいます。

反対に、上昇時間より天井後の下落時間の方が長いサイクルパターンを
ライトトランスレーションといいます。

現在のドル円は、そのどちらになるのかを見極める分岐点に差し掛かりました。

極めて重要な局面です。

チャート上に描いた抵抗ラインを上抜けてくるようなら
ライトトランスレーションになるのではないか
と思います。

しかし、これに打たれて沈んでしまえばレフトトランスレーションになって
円高に舞い戻るかも知れない瀬戸際にいる時間帯の様に見えます。

この2年間はテクニカル的にどうしても円安でしたから、
FXはやり易かったのではないでしょうか?

しかし今年はどちらになるか賭けの1年になりそうです。

抵抗ラインを抜けて今年も円安続行なら、その翌年以降割と直ぐに、
第一5.5年サイクルの底を目指す円高局面がまた訪れることになります。 

一本調子の相場はありません。

このようにサイクルで相場を見ると、将来がある程度見えてきて便利です。

サイクルで相場を読むことの便利さについてもっと知りたい方は、
私が金に特化してまとめている無料メルマガを読むと、
金のサイクルについての基本を知ることが出来ます。


 
2014/02/13 15:23
確か英国はリーマンショック直後にどこかの銀行が預金の引き出しを制限していたはずです。
(その銀行名がどうしても思い出せない)が、今回はそれとは異なる新たな今の話です。

HSBC(香港上海銀)で7000ポンドを引き出そうとしたある男性が
お金の使い道を銀行から尋ねられ、
その金額を下ろすためには使途証明書類が必要だと言われたらしいのです。

自分の預金なのに大きなお世話で変な話です。

それでその男性は証明書を準備して銀行に持って行ったとのことですが、
証明が不十分と言われ、結局7000ポンドを下ろせず、
「3000ポンドまでなら証明書なしでも下ろせます。」と言われたとのことです。

奇妙なことはこの出来事がBBCによるHSBCへの取材で世間に明らかになったことで、
この話が報道されたのと同じ日に英国のメインバンクである
スコットランド銀行、ハリファックス、ロイド、TSBのATMが一斉に停止し、
預金が全く引き下ろせない状態がしばらくあったとのことです。

薄気味悪いのは、この様な事態が遠くヨーロッパで起きているのに、
日本の報道機関がニュースで全く報じていないことです。

皆さんはご存知でしたか?

昨年のキプロスの預金封鎖の件もそうですが、
まるで「報じるな」と言われているかの如く詳細報道が日本国内ではなく静かです。

当然に英国内では、今回のことは
やがてやって来る金融危機への準備ではないかともっぱら噂されているそうです。

こういうことが表沙汰になると怖いのは、
これで匂いを嗅ぎ取った多くの人々が銀行のATMに群がって大混乱し、
最終的には世界に波及することです。

今回は、新興国への盛んな投資マネーの動きがありましたが、
中国やアルゼンチンをはじめ、新興国の調子が芳しくない旨の話が聞こえてきます。

マネーは当然先進国から流入していたと思われますので、そのマネーを融資していた
それらの銀行が不良債権を抱えかけていることが理由ではないのか...
と想像を逞しくしてしまいます。

金価格が2年以上の調整期間を経て、
そろそろ上昇トレンドに戻るであろうと思われるこの時期に、
金価格がいつも急騰する材料になる金融的有事の匂いは、
何かタイミングが合う気がしますが、何も起こらないことを切に願っています。

しかし、どこで何が聞こえてきてもビックリしない覚悟は常に持っていた方が良いでしょう。


ところで金価格は現在良い調子でジワリジワリと上に来ています。
ジワジワ昇って来る動きはどこかで何かの材料で突然飛び出すことがあります。

もちろん、その材料が何かは知る術はありませんが...

もし来月下げても限定的なら金価格はこんな感じでこの先動くのかなと思いますが...


<Spot Gold 週足> こんなコースを辿るのかな?
↓クリックで画像拡大↓
111.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


相場はサイクルで動いています。

サイクルで相場を見ると、上げる時期と下げる時期が大体ですが読めますが、
ちょうど金価格はまだ完全に安心出来ないものの、
サイクル的には上げに転じておかしくない時間帯にいます。

上げ下げどちらの場合でもそのタイミングの時が来ると、何か有事が起こることは不思議です。
ですので、私は相場ではサイクルを最重要視しています。

無料メルマガの中でもサイクルに最も力を入れて解説しているのはこのためです。


 
2014/02/08 21:11
ゴールドマーケットナビゲーターは文字通り金相場をテーマとしていますが、
銀相場についても解説してもらえませんかという依頼が旧年中に数件ありました。
日本人でも銀相場に興味がある人がいるのですね。

日本人が関心を向ける白系貴金属は、多くの場合プラチナです。

不況だの何だのと言いながら、基本的に日本人は安価なものにはあまり関心を示しません。
安価なものより高価なものを選考する傾向は他の面においてもはっきりしています。

例えば、今の季節の外出時に着るアウターは、
有名ブランドならどこのものでも決して安くはありませんが、
その中でもトップブランドは何といっても MONCLER(モンクレール) でしょう。

一着十数万円もしますから、簡単に手が出そうな価格域のものではないだろう...と思いきや、
毎年冬になると都内で道行く非常に多くの人達はモンクレールのアウターを着て歩いています。
(日本人はみんなオカネ持ってるよね~)

日本人が貴金属を買う場合にも同じ傾向が出ていると思います。

皆さん、高価な金やプラチナには関心が向くのですが、
銀を買っていこうとする人はまずいません。

もちろん銀も金と同様、貴金属であることは誰でも知っているはずなのに...です。

いつの間にか、日本人のDNAには、
「安価=低品質」の連想パターンが刷り込まれてしまったようです。

一般消費財の世界ならその考えで通用すると思いますが、
投資の世界で稼ごうと思うなら異なる見方も必要です。


一般的に投資家たちは、どんな投資対象でも良いので割安なマーケットを探そうとします。
そして、見つけたらそこへ資金を投入してバブルを作っていきます。

現在の貴金属市場を見ると、一つの大きく歪んだ現象に気付きます。
それは、銀価格の大きな出遅れです。

貴金属市場は、金、銀、プラチナ、そしてパラジウムの4種類銘柄で構成されています。

この中で最初に狂乱相場を演じたのは2000年のパラジウムでした。
金相場でさえ当時260~270ドル台に低迷していた時期に
驚きの1000ドル超えを果たした金属です。


そしてリーマンショック前のプラチナ価格は2290ドルまで昇り詰めました。
金価格が1030ドル天井をつけたのと同じ時期です。

銀価格は、金が1980年1月に835ドル天井(当時にしたら物凄い高値だった)つけたのと同じ時に
41ドル50セントという高値をつけています。

銀価格がその高値を上抜いたのは2011年4月の49ドル31セントでしたが、
1980年の高値を一瞬更新しただけでした。

現在も1980年当時の値段より沈んでいるのは4つの中で銀価格のみであり、
とても不可解な事実です。

貴金属市場で割安感が最も出ているのは、明らかに銀市場です。
他銘柄と比較してみると一目瞭然です。


<金> ドンドン高値更新中(1980年高値はもう遥か下)
↓クリックで画像拡大↓
107.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


<プラチナ> 2008年天井から大暴落するも再び高値圏へ
↓クリックで画像拡大↓
108.jpg


<パラジウム> 2001年天井に再び近づいている程の高値
↓クリックで画像拡大↓
109.jpg


そして・・・

<銀> 銀だけが今も1980年高値の下に沈んでいる
↓クリックで画像拡大↓
110.jpg


上の4銘柄のチャートを一度に見れば、銀価格が如何に出遅れているかが分かると思います。

相場においてある部分だけが出遅れていたり歪んでいたりすると、
その部分はいずれ補正されるのが相場の習性です。

もしその習性が銀価格の出遅れに適用されたとするならば、
銀相場はこの先あるところで大暴騰する可能性があると思います。


金と銀のサイクルは各々独自ですが、基本的に金が上がれば銀も連れて上がります。

いつも言うように、金のサイクル的余命はまだかなりありますので、
銀についても同様に言えると思い、
どこかで出遅れ分を一気に取り戻すのではないかと見ています。

無料メルマガでは金のサイクルを解説していますので、
銀に興味を持った方はこちらを見て、銀のポテンシャルを推し量ってみて下さい。


 
2014/02/04 12:46
1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る