金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

公式メルマガご登録

金先物投資家 マサアキです。


トレーダーが最も知りたいことの中で筆頭に上がるのは、恐らく相場の転換点でしょう。

誰でも天底に近い値段で正しい方向に向いてポジションを建てたいはずです。


稼ぐ人は色々なものを見てそれを判断していますが、

ローソク足の形や組み合わせで投資家の心理の変化を読む方法もあります。


天底を確信し易い、基本的な組み合わせパターンを一部紹介しましょう。

95.jpg

特徴は最後の上げ渋りの後、3本目のローソク足で陰線が入ることです。

大体この形が出来るとトレンドが下げ基調に転換します。


この場合、天井となったローソク足は陽線である時もあれば、陰線になる時もあります。

鍵は3本目の陰線ですが、これが大きな陰線になるとは限りません。


金相場では天井足の後が小陰線になることもよくあり

よく注意していないと静かな天井打ちになかなか気付かないことがあります。

96.jpg

こちらは底打ちサインで、"1" の天井打ちサインとは真逆です。

鍵はやはり3本目の陽線ですが、

底打ちのケースでは、3本目の陽線は比較的大きめになることが多く

底打ちを実感させることは多いと思います。


以下のチャートで実例を見てみましょう。

<東京金 日足>
↓クリックで画像拡大↓
97.jpg
※上記チャートは、北辰物産の高性能相場分析ツール「DIAS Pro」を利用しております。


他にいくつも見つけることが出来ますが、AとBが天井形、CとDが底形です。

かなり重要な天底サインとなっているのが分かります。


ローソク足で相場を判断する手法に酒田五法というものがあり、色々パターンがあります。

とてもここで全てを語れるわけではありません。


また、相場の天底判断は他にもたくさん手法があります。

例えば相場のサイクルを知っていると、天底の時間帯を予想することも出来ることがあります。

私の無料メルマガで紹介していますので、是非、ご登録して読んでみて下さい。

あなたの知的財産になることでしょう。


では、また。


 
2013/08/29 23:08
最近よく、「マサアキさんのメルマガは、どんな内容が配信されるのですか?」

とお問い合わせいただきます。

私のメルマガ「ゴールドマーケットナビゲーター」は、日本随一の金先物メルマガです。

【メルマガの内容】

先物生きる!「私と金先物との出会い」
・相場サイクルを予知する究極の「メリマンサイクル論」
・相場の基調を読む!「日足の移動平均線 攻略」
・中期上昇トレンドを見極める「週足の移動平均線 攻略」
・究極の絶好の買い場を知る「週足の移動平均線 攻略」
・底値を判断すれば怖いものなし!「月足の移動平均線 攻略」
・図解!あらゆるチャートパターンを一挙公開!「チャートパターンから予測する」
・稼ぐ人は知っている!相場の窓理論「アイランドリバーサル」
・金先物 最優秀テクニカル「一目均衡表 完全攻略」
・相場の格言は、本当だ!「役立つ相場格言」
などなど他多数

などのテクニカルの正しい分析方法についてのレポートです。

特にメリマンサイクル論については、
恐らく他には記載がないくらい具体的且つ実用的なレポートとなっています。

「チャートパターンなども学ぶことができ、どのような状況でも対応できるトレーダーになる!」
というのが、無料メルマガのコンセプトです。


【レポートの中身 ~分析編~】

レポート中身では、どのような情報が記載されているかというと、
チャート画像を利用して、分かりやすく・そして具体的なものになっています。

1つの例で言えば、
恐らく一般個人投資家が利用できる中では、
日本最強の相場分析ツール「北辰物産 DIAS Pro」を利用した
チャート画像での解説を行っています。

もちろん、DIAS Proを利用していないでも満足にレポートを利用できると思いますが、
あった方が私のレポートの理解度が上がることは言うまでもありません。

DIAS Proのすごさや、私が利用している理由は、こちらに記載してあります。


北辰物産


別に有料や定員制で配信しているわけではありませんので、
誰もがこのメルマガを読むことが出来るのです。

ですので、説明はこのあたりまでにしますが、
きっと目からウロコの内容であることは間違いないでしょう。

未経験者から、初心者の方はもちろん、中級者の方にオススメの内容です。

「専業トレーダーになりたい!」という人も、第一歩に繋がることでしょう。

 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2013/08/25 16:22

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

金先物投資家 マサアキです。

もうご存知のとおり私がよく利用している金先物業者「北辰物産」ですが、
口座開設時に審査があります。

他の先物業者も同様に審査があります。

この審査とは一体、どのようなものなのかご存知でしょうか?


ちょっと最近、この質問が多かったので説明したいと思います。


結論から言えば、

・生活に関わるような無理な投資をしないか
・十分理解していて取引することができるか


というのが審査の半分以上を占めます。

もちろん、先物業者によって審査基準は異なりますし、上記が全てではありません。

しかし、率直に言えば、上記のとおりで間違いありません。

金先物の取引口座を開設するときは、必ず投資経験などを記入しなければなりません。

そして、どのような目的で投資するか、収入や資産、運用額までも記入
しなければなりません。

これは、収入や資産、運用予定額で無理な取引をしないかを客観的に審査して、
投資経験などで十分理解しているかを審査しているのです。

正直に・素直に書くべきですが、
年収20万円、預貯金200万円、資産200万円、運用予定額200万円というような
明らかにギャンブル性や賭けをするかのようなものだと、審査に通りにくいと言えます。

また、これらは業界のルールで必ず聞かれる項目なのです。

そして、先物においては「投資運用予定額」を記入しなければなりませんが、
多くは、この予定額以上の入金は、別途手続きをしないとできません。

年収や資産については、所得証明書などは不要なものの、
勤務先や年齢・勤続年数・役職などである程度推測することが出来ますので、
たまに嘘を書く人がいますが、正直に書くべきです。

無理な取引をされる可能性が高い場合は、審査が通らない場合があります。

そのときは、考え方を改めるか、
時間が経過し経済的に安定性が出てきたときに再度申しこむべきです。


最近は、ギャンブルだと思って先物を始める人が増えてきました。

また、先物 = ギャンブル だと一般の人も思っていて悲しくなってきます。

「金先物やってるの?ギャンブルするんだ~」とか言われると、怒れてしまいます。

あくまで投資です。

もちろん、損することだってありますが、
分析することができるのです。


ギャンブルと投資の区別がつかない人は、先物含め株も為替もやらないほうがよいでしょう。

以上、北辰物産の口座開設審査について説明しましたが、
私のブログをよく見ていただいている方はご存じだと思いますが、
私のブログでチャート画像を使って解説するときは
北辰物産のDIAS Proというチャートツールを利用しています。

北辰物産


そういえば、あなたは、金先物をやる上で、どれくらいの投資金があれば十分に取引することができるかを知っていますか?

私のメルマガで説明していますので、是非以下から登録してみてください。



 



2013/08/24 22:25
金先物投資家マサアキです。


相場がある高値をつけ、一度下げたものの

再び同水準の高値をつけてからまた下げ始めるということはよくあります。


例えば絵で描くとこういう動きです。

93.jpg

この時、あなたはこの先をどう読みますか?

多くの方は

「ん、ダブルトップじゃないの?」

と思われるのではないでしょうか?


もちろん、そうかも知れません。

最も思いつき易いシナリオだとは思います。


しかし、可能性はそれだけでしょうか?


相場で稼ぐ人は、頭の中にいくつも情報の引き出しを持っています。

例えば一つのチャートパターンを見る時でも、

まず起こり得る複数の可能性を同時に頭の中で引っ張り出してきます。


そして、一目均衡表やボリンジャーバンドなど、別の判断道具を駆使してどの可能性が一番

実現しそうかを占おうとします。


相場が高値を二つつけただけで即ダブルトップだと断定し、

それ以外に思いつかないようではチャートパターンの勉強がまだ足りていません


別の可能性として、例えば以下のようなケースもあります。

言われてみれば思い出したという方もおられるのではないでしょうか。

94.jpg


いかがでしょう? 

ダブルトップだけでなく、アセンディング・トライアングルということだってあり得ます。

B点とD点が面合わせになっただけでは、必ずしもダブルトップになるとは言えないのです。

E点がC点の水準に接近したりほぼ等しくなれば、

C点の水準を下に抜ける可能性は出てきます。


その時はダブルトップの可能性を疑ってチャートを見ることは有効だと思いますが、

あまり早期に決め付けた見方をすると危険です。


要は判断のタイミングです。


上図のE点程度の水準くらいでは、

その先の展開についてはまだ何とも言えない微妙なタイミングなのです。


しかし、ダブルトップでこの先は急落だと思っていた相場が、

実はアセンディング・トライアングルだったら大変です。

アセンディング・トライアングルは抵抗線を上抜けてしまえば月まで連れて行かれるからです。


ダブルトップは多くの方が認識している基本的なチャートパターンです。

非常にポピュラーなものですが、それだけを知っていても十分ではありません。

相場には色々なチャートパターンがあるのでそれらを覚えて下さい。


チャートパターンは慣れるととても面白いばかりでなく、相場を読む心強い味方になります。

私の無料メルマガでは金相場で頻出するチャートパターンを多数紹介しています。

そこに出ている幾例かのパターンを覚えると金相場への適用度は抜群です。

今回の記事で例示したようなパターンの読み違いも起こり難くなるでしょう。

是非読んで勉強してみて下さい。


では、また。


 




金・銀・プラチナ投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
金先物取引ブログへ
2013/08/23 23:39

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

私が過去に書いたブログ記事の中で、金先物の予測をしているブログ記事を一覧化しました。

無料メルマガ様さんから、ご要望がありましたので、どうぞお気軽にご利用ください。


●「今回の金急落は2008年10月の再来相場だった」  2013年7月3日 投稿

●「金先物 下がっている理由」  2013年6月17日 投稿

●「金価格が今尚下げている理由」  2013年5月22日 投稿

●特設「金相場 今後の展開 2013」 2013年5月8日 投稿 同年8月1日改

●「金価格 史上最大の暴落幅」  2013年4月17日 投稿

●「金相場の今後の予測(別角度から)」 2012年12月01日 投稿

●「金相場の今後の予測(ドル建て)」 2012年11月29日 投稿

●「金相場予想 チャートパターンで見通す」 2012年10月23日 投稿



私が、今まで複数のリアルタイム予想を行ってきました。

上記の記事の一部は、「過去と現在の比較」についても記述していますが、
やはり過去の相場というのも、現在の相場分析において非常に重要な要素になります。


そして、ほとんどの記事にチャート画像があると思います。

このチャート画像は、北辰物産のDIAS Proというのを利用していますが、
恐らく日本随一の高性能分析ツールです。

北辰物産




是非、一度目を通してみてください。

2013/08/22 18:03

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る