金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


今日は、私の無料メルマガ会員様に

「相場の窓」とは何か?

と質問されましたので、これをご説明しておこうと思います。


相場ではローソク足チャートが主流ですが、

ローソク足から次のローソク足に移る時、

前のローソク足が含む値段と重なる値段帯が概ねあるものです。


しかし、相場が急に上げたり下げたりすると、

隣のローソク足と重なる値段帯が全く無い空白地帯が出来ることがあります。


その "空白地帯" のことを相場の "窓" といい、英語では "gap(ギャップ)"と呼ばれています。


下図でそのイメージを掴んで下さい。
84.jpg

実は、この「相場の窓」が話題になるのには理由があります。

それは、上下いずれに動いている時でもこの "窓"  が出来ると、

出来たその空白を埋めるために、

窓のある位置まで引き戻されるという現象が相場ではよく起こります。


つまり、相場が急騰して窓を開けて上に行った価格は、下に開けた窓を埋めるために、

いつか少なくともその位置まで値が下がってくると予想出来ます。



反対に急落で窓を開けながら下げた相場は、その窓を埋めるために、

いつかは、少なくともその位置まで値を上げることが予想出来るというわけです。


これを「窓埋めの法則」と呼ぶ人がいます。


この「窓埋め」はかなりの高確率で実現しますが、

時々実現しない(捨て窓と呼ばれます)こともあったりするので、

法則とまで呼べるものかどうかは分かりません。

しかし、「窓」が出来た時は必ずその埋まる位置を記録しておいた方が良いでしょう。


よく誤解されるのですが、「窓」は出来てから直ぐに埋まるわけではなく、

きちんとトレンドが反転してからということになります。


そこは注意しなければいけません。


それで現在の円建て金価格ですが、ちょうど近々ある窓を埋めようとしているように見えます。

この記事を執筆中の現在、窓埋めポイントからやや落ちて4250円ですが、

日足チャートで見ればもう射程距離内ですね。


【東京金 日足】
↓クリックで画像拡大↓
85.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS Pro」を利用しております。


相場には、このように相場を読む便利なサインや指標がたくさん存在します。

「窓」などはその中では、どちらかといえばマイナー的な存在です。


相場で稼ぐ人達は皆、こういうサインや指標を修得して活用しているものです。

だから稼ぐ人達は、いつも稼ぐ側に回れるのです。



そういうものを自分も勉強したいから教えてくれという方は、

私の無料メルマガに登録下さい。

内容は盛りだくさんです。


では、また。


 
2013/07/25 12:20
1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る