金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在1月12日版配信中)

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


昨年11月に、

「ドル円の潮目に変化か? 円建て金相場に追い風吹け」

のタイトルで投稿してから約5ヶ月が経過しました。

その後チャート上ではどう映るようになったでしょうか?


【ドル円 月足 一目均衡表】 現在の円安はテクニカル的にも当たり前

↓クリックで画像拡大↓
47.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


ドル円の長期サイクルは16.5年です。

上の月足チャートには、ドル円の16.5年サイクルが丸ごと一つ見えています。

ご覧の通り、その16.5年サイクルは2011年10月31日で終わりました。

現在は新しい16.5年サイクルに入っており、その1年5ヶ月目です。


アベノミクスの下における円安がお祭り騒ぎのように報じられていますが、

実際にどの程度までこの円安が進むものなのかは、誰も知るところではありません。


旧16.5年サイクルは円高型のサイクルでした。

チャートを見て分かる通り、

円安トレンドの時間帯より

円高に使われた時間の方が長く、右下がりの形をしています。


重要なことは、現在の新しい16.5年サイクルが

右上がりの長期円安型になるのかどうかということです。

お分かりでしょうか? 

つまり・・・
48.jpg

円高トレンドのサイクルは左上図のように、

天井(円安の極み)がサイクルの中心よりも左寄りに存在します。 

これが前16.5年サイクルの形でした。

現行の新16.5年サイクルが本格的な長期円安サイクルになるなら、

右上図のように天井位置がサイクルの中心よりも右に寄っていくはずです。


新サイクルがどちらの形になるにせよ、旧サイクルが終了した直後は、

どの道ある程度の期間は円安であり、現在はその時間帯の中に我々はいます。
 

ですから、今起こっている円安トレンドはテクニカル的にも当然の現象です。

もちろん、長期右上がり型の円安トレンドを作ろうとしているのかも知れませんが、

もっとチャートの形が出来てこないと、

それを現段階で検証することには無理があります。


メディアではアベノミクスを材料に色々騒ぎますが、

今の円安は起こるべくして起こっているだけのことであり、

私はまだ冷めた目でしか見ていません。

万一、安部政権が失脚してアベノミクスが崩壊でもしよいうものなら、

いつ円高方向に反転してもおかしくはなく、

それがテクニカル的にも説明がつく範囲内にまだあります。


もしかすると、この円安も1~2年後に反転して、

前サイクルに続いて再び円高サイクルになるということも

"現時点では"まだ可能性が消えているわけではありません。


それを打ち消すためには、もう少し時間が経過し、

チャートの形に進展がなければ、確信的なコメントは出来ません。

シナリオが、まだどちらにも転ぶことが出来る時間帯にあるからです。


月足の雲を上抜け、上値抵抗線を上抜け、雲が捻れて先行上限が先行下限の上になり、

その雲の上をドンドン上伸していく動きを見せるなら、

どこかから聞こえてくるような

1ドル200円だの、300円だの、というような話も徐々に現実的になるかも知れません。


単にメディアが煽るお祭り騒ぎに焦って乗ったりせず、

あなたはいつも冷静でいられるトレーダーであって下さい。


相場を分析する時に時間論はとても重要です。

特にサイクル論は時間論そのものです。

巷の書店で売っている本で、サイクル論に言及しているものはまずありません。

あるとすれば、それは多くの場合、

一目均衡表が採用している時間論について触れている程度のもので、

銘柄別に底値から底値までの時間を紹介したものは恐らく無いと思います。


既に、私の無料メルマガを購読して頂いている人には、

しばらくすると、やがてこのサイクル論についての講義が届きます。

まだ無料購読の手続きをされていない方は、どうぞお申し込み下さい。

早ければ早いほど、

サイクル論というお宝分析ツールを早く入手することが出来ます。


では、また。

 

2013/03/26 20:29
商品先物業者「フジフューチャーズ」について辛口評価をします。


<どんな業者なの?>
まず、フジフューチャーズについて一番気になるのは、

「どんな特徴がある業者なのか」
という点だと思います。

簡単に言うと、

○オンライン先物トレードの先駆け業者
○口座数 トップクラス
○預り証拠金額トップクラス


ということです。

つまり、

「金先物業者(オンライントレード)の老舗」
だということです。


<トレードツールの充実性>
トレードツールは、あなたが直接、投資の判断材料にするものですから、
非常に重要なのです。

金先物の場合、トレードツールが、業者によって全くと言ってよいほど異なります。

そして、フジフューチャーズなら、「あ、これ良いわ」と思うことでしょう。

言葉では説明できませんが、
取引画面やトレードツールを開いたら感覚的に分かると思います。

もし、これから商品先物を始めようとしていたり、
今の商品先物業者の取引画面・トレードツールに満足していないならば、

フジフューチャーズを、自信を持ってオススメします。


<圧倒的な情報量!しかも無料!>
フジフューチャーズのさらなる利点の1つが、圧倒的な情報量です。

あらゆる情報が無料で配信されます。


<価格通知メール>
私も、フジフューチャーズを使っていますが、
初心者の方や副業トレーダーの方にはあって欲しいサービスがあります。

それは「価格通知メール」です。

予め、自分で設定しておいた価格に相場が変動したら、
携帯電話へメールを自動送信してくれるのです。

もちろん、リアルタイムで配信してくれるから、
チャンスを逃す可能性が一段と低くなります。

誰もが絶対に、「ああ、狙っていた相場を逃した・・・」という経験があるはず。

それを解消するサービスです。


<今ならキャンペーン中>
このブログから、
フジフューチャーズへ口座開設申し込みを行い、5枚以上取引した方に、

もれなく全員に 「金」読本 がフジフューチャーズから直接プレゼントされます。

この「金」読本には、
世界的著名投資家が、金投資について分かりやすく解説しています。

私も、「おお、この内容は・・・!!」と感激しました。
正直、期待していなかったのですが、何度も読み返してしまう本です。

"タダ"で貰えるのですから、今すぐフジフューチャーズ公式サイトへ↓



2013/03/26 20:27
1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る