金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


私の長年にわたる金先物トレード歴の中で、

最も重宝して使っている分析ツールが一目均衡表です。


一目均衡表はとても奥が深く、

日本でも完全に使いこなせる人は2~3人しかいないと言われています。

また、一目均衡表は日本生まれの相場分析ツールですが、

海外でも、"Ichimoku" と呼ばれながらその利用価値が高く評価されています。


そんな立派な一目均衡表なのですが、

私自身も最初はこれに対して一種のアレルギーを感じていました。 

それというのも、チャートの中に線がたくさん走っており、

とにかく見難く感じたからです。

あなたもそう思いませんでしたか?(笑)


でも、それは我慢すべき小さな苦痛でした。

段々と相場が分ってくるに連れ、とても完璧に使いこなせてるわけではなくとも、

こんなに便利なものだったのかと思うようになりました。


一目均衡表のある一部を利用するだけでも

随分と楽に先を(大まかですが)見通せるようになってきました。


その利用価値が分ってきた時、

もっと早く一目に出会えていれば、

あの時あんなところで買ったり(売ったり)してなかっただろうな


と、過去の相場のいくつかの場面を思い出しながら

タラレバが頭の中を駆け巡ったのを思い出します(笑)。


トレードというのは、自分なりに研究するだけでも

その後のスタイルが変わってくるものです。


相場の取り組み方には個性があっても良いと私は思います。

あるやり方であなたの結果がいつも好調ならば、

そのやり方は多分間違ってはいません。

何故なら、それはあなたが

「自分で確立したトレーディングスタイル」だと思うからです。


一目均衡表は下記の【1】~【5】までのラインで構成されており、

各々が相場の節目になります。

【1】転換線
【2】基準線
【3】先行上限 (先行スパン1)
【4】先行下限 (先行スパン2)
【5】遅行線


そして【1】~【5】を実際のチャートの中で見るとご覧の通りになります。
↓クリックで画像拡大↓
43.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


上記【3】と【4】に囲まれている部分が、

通常「雲」と呼ばれているものですが、

この雲が色々なことの基準になって大変便利です。


どこの一目均衡表の教科書にも、以下の基本事項が書いてあります。

● 雲の上を推移している時は相場が強い時
● 雲の下を推移している時は相場が弱い時
● 相場が強い時、転換線は基準線の上にある
● 相場が弱い時、転換線は基準線の下にある
● 相場の上昇基調時、先行上限は先行下限の上にあり、両線とも右に上がる
● 相場の下落基調時、先行上限は先行下限の下にあり、両線とも右に下がる

しかし一目均衡表の一番美味しいところといいますか、

トレードに直結しているキーポイントは、相場と雲との位置関係です。


「一目均衡表がそんなにトレードに使えるなら、ちょっと勉強してみるか」と思った方は、

私の無料メルマガをお申し込み下さい。

相場と雲の位置関係から読む、次の動きや、

遅行線の利用の仕方についてそのエッセンスを書いてあります。


では、また。

 

2013/02/19 19:46
1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る