金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


日本国内でも投資分野をテーマにしたブログやメルマガは数多あります。

しかし、多くは株やFXをテーマにしたもので、

それらに比べると貴金属を取り扱うものは少ない気がします。


私のように、明けても暮れても毎回「金」を話題にしている人は本当に数少なく

メルマガまで配信しているとなると、私以外には誰もいないのではないかと思います。


しかし、海外では事情が違います。

外国では我々の日本よりもっと金が身近であり、金への関心はもっと強く、

金を取引する人はもっと多く、有料/無料に拘わらず金に関する情報はもっと豊富です。 

金色や金そのものを"厭らしい"という人が多い日本とは大きな違いです。


金情報の発信源として主たる国名を具体的に出すと、

世界の金情報はイギリスから発信されるものが多いように思います。 

英国は金本位制のお家元です。

偉いのはニューヨークのウォールストリートよりロンドンのシティの方です。


私はかつてロンドンから、

その名もそのまま "GOLD" という雑誌を航空便で送ってもらっていたことがあります。 

日本で買ったら1000~1200円はしそうな高級感漂う立派な表紙の月刊誌でしたが、

驚いたことに購読料は無料でした。


中身は金についての一般記事で、ただの読み物です。

記事はもちろん、中に掲載されているCMまで金です。

あれを読めば金投資が上達するというような教科書的なものではありませんが、

読むと楽しく、金投資へのモチベーションが高まってくるのを感じます。

金の専門誌が存在すること自体、既に日本との温度差を感じるではありませんか?


経済を司る者は、ジャパンマネーが金に向かうことについては、

どうも容認したくなさそうです。

その理由は想像出来るでしょう?

日本人のお金はやはり大きいのです。

突拍子もないお金持ちが少ない代わりに、一般庶民が小金持ちの国なのです。

そんな国民達が金に目覚めたら困るのでしょう。


日本人には資産の保全に走ってもらうより、国債や株を買って欲しく、

果ては米国債を買ってもらわないときっと困るのです。

だから、世界は金を買いに走っているのに

日本人だけは売り手に回るように導かれるのです。

金に興味がわかないようにメディアで操作されるのです。

有名投資家を使って「金は鉄と同じになった」 などと言わせ、

安値で金を買わせないようにするのです。


個人マネーが金に向かい、国債や株式を買わなくなることは、

経済を上から見る者にとって由々しき事態です。

現金が金に変わってしまえばモノを買うキャッシュは凍結されてしまい、

経済の血流であるキャッシュフローが悪化します。


現金が一度金に変われば、金は保管されて眠るだけです。

為政者が金を憎むのはこういうことです。

だからと言って、国家と心中したがる人はいるはずがありません。


あなたにもし潤沢な現金があるならば、

それらペーパーアセットの代わりにこっそりと金現物を持つことを心掛けて下さい。

買うからには安く買いたいはずです。


それは金先物や金CFD取引を行っている方々と同じです。

安く買って高く売る感覚をぜひ身に付けて下さい。

そのためには金現物派の人たちも、金相場のチャートを読めるようになって下さい。

大まかに読めるようになるまでは、そんなに難しいことではありません。


「チャート」という言葉は本来 「海図」 という意味です。

船はチャートを見て航海するわけですから、

金を取引するあなたも相場の海を航海するためにチャートが必要なのです。

相場の動きには秩序があるからです。

それがあるからチャートを見て取引が出来るのです。


実際、相場はテクニカルを勉強すると先が見えることが多くなります。

そして、実際に見通した通りに動くと、

「ああ、そういうものなのか」と自分の中で何かがストンと落ちるのを感じるはずです。
 
金の取引が上達するに当たり、最初にまずはそれを体感して頂きたいのです。


海外ではそういうことを勉強させてくれるメルマガが溢れていますが、

日本にはまずありませんでした。

そうなるために私の無料メルマガがお手伝いします。

難しくありませんから是非、読んでみて下さい。

目から鱗の情報がきっと満載です。


では、また。

 

こんにちは。
マサアキです。


金価格が急落しました。


加熱気味だった円建て金相場の急落なら当然ですし納得ですが、

今回はドル建てゴールドの方の話です。

ドル建てはある重要節目を割ってしまいました。


今回のその節目割れは2008年10月大暴落時以来のことであり、

私としては大変インパクトのある出来事ですので,

今日はこれをテーマにさせてもらいたいと思います。


まずは、以下の月足チャートをご覧下さい。

【Spot Gold 月足 移動平均線】 21ヶ月移動平均線を割れた!
↓クリックで画像拡大↓
44.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


このチャート1枚で過去12年間の様子が一度に見て取れますが、

ドル建てゴールド相場は過去12年間、

押し目を作ってもここだけは滅多に割れなかったという節目を持っていました。


チャートの中で見える青いラインがそれで、21ヶ月移動平均線です。

ドル建て金相場は過去殆どの下落局面で、

このラインを下値サポートとしてとても大切にしてきたのですが、

今回そのラインを大きく割り込んでしまいました。


過去に一回だけ守られなかった時があるのですが、

これもチャート中に見えるように、あの2008年10月大暴落の時です。

以来、このような大きな調整相場の時だけは21ヶ月移動平均線は割れるもの

だと理解してきました。 


そうであるならば、今回は一体何なのでしょうか?

2008年10月に大底を打ったドル建て金相場は、

同じポイントを基点にして次の8.5年サイクルに現在入っており、

現時点で4年4ヶ月目です。


8.5年サイクルは、更に・・・

1. 3つの34ヶ月サイクル構成になる場合(これを3位相パターンといいます)

2. 2つの4.25年サイクル構成になる場合(こちらは2位相パターンといいます)

・・・とがありますが、今回の8.5年サイクルは後者の2位相パターンのように見えます。


現在の金価格は・・・

1. 現在は長期25年サイクルを構成する
  3つの8.5年サイクルの2つ目の中にある。

2. その2つ目の8.5年サイクルが2つの4.25年サイクルで構成される
  2位相パターンになりつつあり、
  最初の4.25年サイクルの底値模索をしている可能性がある。
  理由は8.5年サイクルの4年4ヶ月目であるから。

という状況にあると理解しています。


これならドル建てゴールドがなかなか立ち直って来ないのも納得出来そうです。


しかし、これ程の長期間にわたり金相場が沈められていたことは過去になく,

それはすなわち後の暴騰エネルギー充填期間といえそうです。

その前にまずは底値の確定が先です。


注意しておきたいのは、

2位相パターンの場合は3位相パターンのケースよりも押しが深くなることです。

通常、21ヶ月移動平均線を割れれば

40ヶ月移動平均線(現在1484ドルで上昇中)を見ます。


それが実現する可能性だけは念の為に織り込んでおきたいと思います。


サイクル論は相場の事態把握にとても便利ですので、ぜひとも勉強して下さい。

私の無料メルマガで詳しく解説しています。


では、また。

 

2013/02/21 19:49
こんにちは。
マサアキです。


私の長年にわたる金先物トレード歴の中で、

最も重宝して使っている分析ツールが一目均衡表です。


一目均衡表はとても奥が深く、

日本でも完全に使いこなせる人は2~3人しかいないと言われています。

また、一目均衡表は日本生まれの相場分析ツールですが、

海外でも、"Ichimoku" と呼ばれながらその利用価値が高く評価されています。


そんな立派な一目均衡表なのですが、

私自身も最初はこれに対して一種のアレルギーを感じていました。 

それというのも、チャートの中に線がたくさん走っており、

とにかく見難く感じたからです。

あなたもそう思いませんでしたか?(笑)


でも、それは我慢すべき小さな苦痛でした。

段々と相場が分ってくるに連れ、とても完璧に使いこなせてるわけではなくとも、

こんなに便利なものだったのかと思うようになりました。


一目均衡表のある一部を利用するだけでも

随分と楽に先を(大まかですが)見通せるようになってきました。


その利用価値が分ってきた時、

もっと早く一目に出会えていれば、

あの時あんなところで買ったり(売ったり)してなかっただろうな


と、過去の相場のいくつかの場面を思い出しながら

タラレバが頭の中を駆け巡ったのを思い出します(笑)。


トレードというのは、自分なりに研究するだけでも

その後のスタイルが変わってくるものです。


相場の取り組み方には個性があっても良いと私は思います。

あるやり方であなたの結果がいつも好調ならば、

そのやり方は多分間違ってはいません。

何故なら、それはあなたが

「自分で確立したトレーディングスタイル」だと思うからです。


一目均衡表は下記の【1】~【5】までのラインで構成されており、

各々が相場の節目になります。

【1】転換線
【2】基準線
【3】先行上限 (先行スパン1)
【4】先行下限 (先行スパン2)
【5】遅行線


そして【1】~【5】を実際のチャートの中で見るとご覧の通りになります。
↓クリックで画像拡大↓
43.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


上記【3】と【4】に囲まれている部分が、

通常「雲」と呼ばれているものですが、

この雲が色々なことの基準になって大変便利です。


どこの一目均衡表の教科書にも、以下の基本事項が書いてあります。

● 雲の上を推移している時は相場が強い時
● 雲の下を推移している時は相場が弱い時
● 相場が強い時、転換線は基準線の上にある
● 相場が弱い時、転換線は基準線の下にある
● 相場の上昇基調時、先行上限は先行下限の上にあり、両線とも右に上がる
● 相場の下落基調時、先行上限は先行下限の下にあり、両線とも右に下がる

しかし一目均衡表の一番美味しいところといいますか、

トレードに直結しているキーポイントは、相場と雲との位置関係です。


「一目均衡表がそんなにトレードに使えるなら、ちょっと勉強してみるか」と思った方は、

私の無料メルマガをお申し込み下さい。

相場と雲の位置関係から読む、次の動きや、

遅行線の利用の仕方についてそのエッセンスを書いてあります。


では、また。

 

2013/02/19 19:46
こんにちは。
マサアキです。


市場参加者の中には、買いから入るよりも売りから入ることの方が好きな人がいます。

私自身は好みだけを言うなら、金の現受けが出来る買いから入る方を好んできました。


しかし、一方で空売りが好きな人達に共通するその理由も分かる気はします。

そんな彼らが異口同音に指摘するのは、

売り参入に成功した時の含み益が増していくそのスピードです。


確かに、それは買いから入る場合とは比べ物にはなりません。

金が一つの上昇相場を終え、本格的な調整トレンドに入った時の波に上手く乗れたら

非常に気持ちの良いサーフィンを楽しむことが出来ることでしょう。

では、どういう時を狙えば上手く乗れるでしょうか?


まず留意すべきことは・・・


【1】中途半端な高値でやたらと売らないこと

これまでもそれで良かったから、

この先も同じだと決め付けて売って大損する人が後を絶ちません。


同じような値段で売って上手く行っていたのは保ち合い局面だったからです。

金は基本的に買い推奨銘柄であり、

保ち合い局面を抜けた時の伸び方は特に凄いです。


保ち合い局面の中で売っても良いですが、

保ち合いが収束して上抜けたことを判断する能力(テクニカル知識)

を身につけていないと、せっかく貯めた収穫を全部持って行かれます


から気をつけて下さい。

金の保ち合い収束後は、ほぼ全て急騰です。



【2】どう見ても後は下げるしかないと、テクニカル的に根拠のある見通しが立つ時に売る

相場には基本数値という便利なものがあります。

単純基本数値(9, 17, 26)と複合基本数値(33, 42, 52 , 65・・・) がありますが、

最初は前者の数字"9"一つだけでも十分です。


底値足から数えて9本目が天井足だったり変化のきっかけ足になったり、

次の底値足になったり、

何らかの節目をつける規則性が相場にはあるので、

こういうものを利用すると早く売り過ぎたり、売り損ねたりするリスクが、

少なくとも今よりは減るはずです。



相場は、基本数値を数えて分り易いところを取り組めば良いと思います。

分からない所を無理に勘で参入すると、不都合なことが起きることになります。


【3】中長期サイクルの天井圏に来たと思われる時に打診売りしてみる

どんな時でも高値は売り場と捉えて良いのですが、

中期サイクルや長期サイクルについて知っておくと、

各々のサイクルの美味しい天井圏で売ることが出来る可能性が高まります。



長い時間をかけて昇ってきた相場の上げ幅はそれ相当のものであり、

その上げ幅に対する調整も相当の深みがあります。


いきなり吹き上がるような急騰ぶりを見せた時は、天井を疑ってみて良いでしょう。

それを確信する裏づけになる知識を将来あなたが持てば、

今までのようにあてが外れるリスクは今後、激減すると思います。


まだ2~3年先になりますが、

8.5年サイクルの天井は絶対に売りで儲けなければなりません。

前回の8.5年サイクルの修正(下落)幅は3ヶ月間で1259円でした。


次は、これを大幅に超えると個人的には読んでいますから、

多分2000円を超える下落幅が来るだろうと思っています。

どんなに強い相場でも修正は相場の宿命ですから、

どうしても覚悟しておかねばなりません。


それまで私の無料メルマガでしっかりと金相場を勉強しておいて下さい。

上述の金相場のサイクルについても大変詳しく解説しています。


では、また。

 

2013/02/14 19:43
こんにちは。
マサアキです。


東京白金の日足と週足チャートを眺めると、

気になる大きな窓が開いているのが見えます。

しかもその窓の位置は何と、現在価格から約1000円も下です。 


ご存知の方も多いでしょうが、"窓"とは、

ローソク足が次のローソク足に移る時に出来る価格のギャップ(隙間)のことです。

相場には、100%絶対ではありませんが、

これを埋める(窓の位置までいずれ戻って来る)という習性があります。
 

つまり、プラチナはいずれまた1000円以上の下げをいずれ見せるのではないかv
ということです。


この白金(プラチナ)という銘柄・・・普段から上下動の激しさには定評があります。

時は金価格が1グラム1000円を超えたばかりの頃です。

金はまだ年間の高安が200円にも至りませんでしたが、

金にとってはそんな時代でもプラチナの方は天井後に900円もの急落を見せる位に、

それはもう激しく動いていました。


ご存知、リーマンショック後の金価格は

僅か3ヶ月で史上最大の大暴落を見せましたが、

その時の金が天井から大底まで下げた値幅は1259円でした。


一方で同じ時期にプラチナはどうだったかというと、何と4742円も下げ

最高値から最安値まで5151円もの驚異的な下げ幅を記録しています。

あれ程まで下げてしまうと、「下げた」というよりも、

「壊れた」とか「破壊された」という言葉の方が似合います。


ここまででお分かりのように、

プラチナの動きの激しさは金価格のそれとは比較になりません。

相場と同じ方向に向けば美味しいですが、反対に向いたら大変です。

いつかはプラチナもやってみようと思っていた人は、くれぐれも気をつけて下さい。


ところで、上記で述べたプラチナの"窓"とはこれのことです。

以下の週足チャートでご覧下さい。


【東京白金 週足】流れはまだ上向きか?
↓クリックで画像拡大↓
42.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


ボリンジャーバンドの切り上がり方を見ると、今はまだかなり強そうに見えます。

そして、チャートパターン的にはきれいなダブルボトムを打っています。

これは月足チャートで見ると、もっとはっきり見えます。

ダブルボトムの理論で計算すると、

この先の白金価格は、5679~5925円あたりの値域を目指しているのかなと見ます。

問題は上昇前に開けた"窓"の後始末です。

窓の位置が4314円ですから、

もし高値までの道筋がそのシナリオ通りになれば、

1400~1600円位の下げをまた見せる可能性があります。


今はゴールドも上下動の激しい銘柄になりましたが、プラチナはその上を行きます。


また白金相場は、

トレーダー向けにテクニカル分析をする人もなかなかいない銘柄です。

取引銘柄がプラチナでなければならない理由がなければ、

私としてはゴールドの方がお勧めです。

ゴールドなら、少なくとも私が可能な限り客観的な数字でテクニカル分析します。

その知識は、テクニカル分析の教科書といえる私の無料メルマガで入手出来ます。

そこにはダブルボトムの理論はもちろん、

様々なテクニカル分析手法の基本が書かれています。

よければ読んでみて下さい。


では、また。

 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る