金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在6月21日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2018/7/30セミナー申込で2018/7/31までGOLD Morningを全部(約5-15分)視聴可。申込はこちら
※最初の約30秒のみ配信中!!全部版はオンラインセミナーをお申込後、パスワードを通知します。

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


相場はサインを絶えず出しています。

それに気付かない人が多いだけで、

相場は常に私達にサイン(メッセージと言っても良いでしょう)

を送ってくれています。 

中でも、特に「金相場」は分かりやすいサインをよく出してくれることで定評があります。


ここで言うサインとは具体的に、

・テクニカル的な節目を達成したり
・上抜けたり
・割れたり


することです。 

あるいはローソク足がチャートに描く絵(チャートパターン)のことを言います。

そのパターンによっては、

それを構成する上部のラインを上抜けること、

または下部のラインを下抜けることが予め決まっています。 


そのパターンが完成する前にそれを見抜けば、

「ああ、これは上抜けるんだからこの先続伸するんだな・・」とか、

「ああ、ここを割れるんだからこの先は奈落だな・・」 

ということが見えるようになります。 


そういうことが見えれば、

「建玉を積み増すべきか」、あるいは、「直ぐに手仕舞いすべきか」

がわかるようになり、金相場からはまず利益が出せるようになります。 


ところで、テクニカル・サインとして最もシンプルなものに、

上値抵抗線の上抜けというものがあります。

最近の金相場にいくつも重要な上抜けがありましたので、

それらをチャートで実際に見てみましょう。


【東京金日足】円建て金相場は ライン①と②そして③を次々にブレイク
↓クリックで画像拡大↓39.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


いかがですか? 

線を引くだけでいいので、とってもシンプルな分析でしょう?

高値と高値を結んで線を引くだけです。

ここで重要なことは、

一度ある上値抵抗線を上抜けると、その後は同じ線が下値支持線に変わることです。


チャート中の ライン ② を上抜けた後の動きはどうでしょう? 

かなり上伸していますね。

一度抵抗線を上抜けると、こんなに勢いのある伸び方をするのです。


そして今回は遂にライン ③ もブレイクしました。 

ライン①にせよ②にせよ、抵抗線を上に抜けた後に注目して下さい。

その伸び具合は半端じゃないことが分かりますね。

したがって、

上抜け前の抵抗ラインより下値で売りポジションを建てた人は、

抵抗ラインを上抜けた時点で速やかなロスカットをすべき
なのです。


ここまでライン ① については一言も触れませんでした。

このライン ① については、以下の月足チャートで見て下さい。


【東京金月足】上値抵抗線を抜けた後の相場がまだ若い・・・その意味は?
↓クリックで画像拡大↓ 38.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS Pro」を利用しております。


日足のチャートで見たライン ① は、月足で見るとこんな風に見えます。

大きな絵で見ると、

まだ上値抵抗線を上抜けたばかりの若い相場にしか見えない気がしませんか?


日足で見た抵抗線上抜け後の様子を月足チャートに適用してみたらどうでしょう?

2013年の金相場はかなり強気な見通しが立ちそうだ・・・


そんな風に見えないでしょうか?


ボリンジャーバンドの切り上がり方も凄いですね。

これもまた現在の金相場の上げ余地を予感させる、もう一つのサインです。

金相場が先の動きを示唆するサインは、

私の無料メルマガで数多く紹介していますので、ぜひ読んでみて下さい。


では、また。

 

2013/01/31 17:03

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

こんにちは。
マサアキです。


今回のタイトルの意味・・・どういうことだかお分かりでしょうか?


金先物取引に消費税は直接関係ありません。

今回は、金現物取引の話です。


あなたが金現物を購入する時は、

他の物品を購入する時と同様、消費税を現物代金と一緒に払います。

反対に、あなたが持っている金現物を地金店に売却する時、

今度はお店が現物の買取代金とそれに伴う消費税をあなたに支払うことになります。


今回の話のキーポイントは、

あなたが金現物を売却する時に支払いを受けるその消費税にあります。

商業店舗は、顧客から預かった消費税を

まとめてある時期に納付しなければいけません。

しかし金現物の売却となると、

あなたの売却背景が単に個人的所有物の売却であり、

あなたが課税事業者でなく、かつ売却が反復的な商売的目的でない限り

あなたが地金店から支払われた消費税については当局への納付義務を負いません。

これは通常の個人的売却の人にとっては大きな旨みでしょう。


その消費税は来年以降、二段階式に増税されることが決定されましたね。

現在の消費税率5%から、2014年4月に8%、そして2015年10月には10%と、

段階的に増税されることが既に分っています。

ということは、今回の消費税増税にあたっては、多くの人にとって

増税前に「買っておきたい物」リストが多くの人の頭の中にあるはずです。

例えば、金額の大きい不動産などはその一つでしょう。

不動産市場では、もしかするとこれを睨んだ動きが既に出ているかも知れません。


私個人の視点から申し上げると、そのリストの中に金現物は必ず入ると思います。

消費税増税前の金価格の押し目はドンドン買い拾っていかれることが予想されます。

消費税増税前の金を価格が安い時に買い仕込み、

消費税率が上がってから上昇した価格で金を売却すれば、

売却益と、増幅した消費税(売却時の高い金価格 × 高くなった消費税率)

がそのままあなたの収益になります。

ただし、上述した条件が前提です。


時は2002年、話は消費税ではありませんでしたが、

ペイオフ解禁というものがありました。

この時、日本発の動きとしてかなりの金が買われたことを私は思い出します。

次は消費税増税の時だと一部で囁かれてましたが、

ついにそれが来年の4月にやって来ます。

現在のように急騰中の場面での買いは嫌気しますが、

ここぞという押し目の場面では現物を買い拾っていくことを推奨します。

当局による金融政策の変更や改訂は、

しばしば金価格の急騰場面を内外で生んできました。


最近の金価格は、上にも下にも非常に大きく動きます。

先物派だけでなく、現物派の方もチャートが読めるようになると大変便利です。

人はどうしても高い時に買い気を誘われて買ってしまい、

安くなった時に失望して売り放してしまいます。

本来取るべき行動と正反対の動きをすることが非常に多いものです。

相場のセンチメントと同じ方向に自分の気持ちが靡いてしまい、

大事な局面でその他大勢と同じ動きばかり取ってしまう方は、

まず相場で儲けることは出来ません。


相場では、天底圏に来たら、主体的に相場から降りたり乗ったりする動き

がとれるようにならないといけません。

自分が一番になる気持ちで動くのです。


そのためにはチャートを読むスキルを身につけることです。

そうなれるためにも、私の無料メルマガを読んで勉強して下さい。

基礎を学ぶこと自体は難しいことではありませんから。


では、また。


 

こんにちは。
マサアキです。


私が過去に指導した投資家の中で、金相場で7000万円稼いだという人がいます。

7000万円という数字が私自身の実績に酷似している人ですが、

やはり取り組み方や考え方もよく似ていましたので、

参考になればと思ってまとめてみました。

普段のあなたの思考や行動傾向と比べてみて下さい。


<金相場で稼ぐ人に共通する思考と行動パターン>


1.何だかんだ言っても金相場は結局テクニカルだと思う

雇用統計だFOMCの声明で金が上がったとか下がったとかいうのは口実だと、

長く取引をしていると段々分ってきます。

相場は結局チャートです。


2.常に相場を自分で分析して読もうとする姿勢がある

他人の意見や見方は参考資料です。

自分が見落としていたことを拾わせてもらったりと、

勉強心があって利用することは良いことですが、

無条件的に妄信することはよくありません。


相場で成功するのは、そういう自立心のある人です。


3.相場は自分がわかる時だけ落ち着いて動く

相場に翻弄されて常に売り買いしている人がいますが、せっかちな人もNGです。 

相場で一番大事なことはトレンドを掴まえることです。

今一度思い出しましょう。

「慌てる乞食は貰いが少ない」という格言を。


4.半信半疑な時は動いても打診に止め、決して大きく賭けに出たりしない

確信はないが、もし自分の中の仮説が当たっていたら

チャンスを逃してしまうという場面に遭遇することがあります。

こういう時に動くなら、いわゆる打診買い(売り)にしておきましょう。 

今回ギャンブルに勝っても次回は負けて大損しています。

相場のポジションは組み立てるものだと、儲ける人は心得ています。


5.思惑通りに含み益が積み上がり、相場が目標値に到達した時は素早く利益確定する

相場は欲との戦いです。天井で売り逃して含み益を削っても、

後で「あれが天井であった」ことが納得出来たらその時点からでも良いので、

潔く利益確定出来るようになりましょう。

削った含み益をもったいないと思い、

回復を願って奈落に連れて行かれた例を私はいくつか知っています。


6.相場の読みが外れ、思惑と反対方向に向いた時は速やかなロスカットを行う

耐えてすぐ回復する場合も確かにありますが、

たとえ耐えても回復までの時間が数ヶ月も掛かると、あなたの取り組みは死んでしまいます。

これではまずいです。

キャッシュだけでなく、時間もあなたの原資なのだという頭になって欲しいと思います。


7.全建玉を手仕舞いした後に「手が寂しくなった」などと思ったりしない

金のなる木がお金を幹につけていく過程をきっと楽しんでいたのでしょうね。

それが手仕舞いと共に無くなったのでそう言うのでしょうが、

こういう人が上記"3"のせっかちな人によくなるのをよく見てきました。 

あなたはそうならないで下さい。

儲ける人は、果実を頂いた後はそれを享受しつつ、

既にチャートを眺めて次の戦略をゆっくり考えているものです。 


成功すればする程に勉強は楽しくなるものです。

あなたの中にもそういう好循環を作って下さい。 

ミニ取引の成功からでも良いのです。 


いかがでしたか? 

これが儲ける人のトレーディングスタイルです。

日々真面目に邁進していれば、いつか今の殻が破れる日が来るはずです。

金相場のお勉強には、ぜひ私の無料メルマガをご利用下さい。 

私は努力するあなたの味方です。


では、また。

 

こんにちは。
マサアキです。


金価格は他の物と比べ、その分量の割に随分と高価ですね。

半年くらい前、私は動かなくなった腕時計を壊し、その中に組み込まれていた

1グラムのゴールドインゴットを買取屋さんに持って行きました。 

時計を買った当時の金価格は、1グラム1000円位の時でしたが、

結局それを4400円で買い取ってもらい、

私の手元には、時計代金(約15,000円)の一部が現金として戻ってきました。


このように金現物は1グラムから(多分それ未満でも計量出来る限り)

でも取引が出来て、そんな僅かな重量でもそこそこのお金になります。 

しかも即現金化です。



金先物ではどうでしょう? これはレバレッジ取引です。 

レギュラー取引では1kg(=1枚)単位であり、

通常、「金先物取引」と言う時はこれを意味します。


しかし、最近はレギュラー取引の10分の1サイズになる

「金ミニ取引」なるものがあります。

金ミニ取引では100g(=1枚)が最小取引単位です。

レギュラー取引をするには資金的にやや不十分感がある場合、

その意味で敷居の低いミニ取引を決断する場合があります。


金ミニ取引では100g(=1枚)が最小取引単位です。

各々の証拠金は、1/25現在で

レギュラーが1枚¥90,000、ミニで¥9,000と、

ほどほどには高くない水準だと思います。

これ位の証拠金水準の時がチャンスです。


近年、時折見たような、レギュラー1枚¥150,000などの水準になってくると、

余程大きな資金力が無いと耐えられなくなり、建玉の枚数が激減してしまいます。

この視点から、今の証拠金額は大変心地よいレベルだと思います。


ちなみに、国内先物市場でミニ取引があるのは金と白金の2種類だけですが、

ミニ取引では現在現受けは出来ません。

現受けが出来るのはレギュラー取引だけです。



ところで、少し前の投稿文で大きな資金を失った方からの問い合わせが

最近増えていることをお伝えしました。

その傾向はまだ継続中です。 

あの投稿文を出してから更に流れが助長されているような感じがあります。


「あのブログ記事、読みました。

先物は勉強してからじゃないと危険が大きいということを、

マサアキさんの記事を読んで、私もその通りだと痛感しました。」 



という、ほとんど同じ趣旨のコメントを皆さんよく付けてきます。


失った金額の程度にもよりますが、

そういう方たちは、一旦ミニ取引にシフトされてみてはいかがですか? 

こういう時は、焦って一人でガチャガチャ動くのが一番良くないと思います。


何でもそうだと思うのですが、

自信がついてくると不思議に何でも上手く行くようになります。

気の力なのか何なのか、

失敗するような気がしてこなくなるから手足の動きや判断が軽快になります。

本来必要な相場の基礎知識とメンタリティが出来上がってから

レギュラー取引に戻るもの一つの方法かと思います。


先物相場に失敗したら自分に早期のリストラが必要です。

この場合のリストラというのは主に以下の2点で、私自身も何度かやってきたことです。


1. 相場知識が無かった自分から、相場の基礎をよく知る自分に変わること

2. 取引会社の見直し(発注システムと相場分析システムの見直し)



上記の"2"については、先日紹介した、エースCXオンラインがお勧めです。


金先物を始めるならエースCXオンライン!

☆今ならキャンペーン中!期間 2013年4月1日~ 2013年6月28日☆

2013/01/26 16:55
こんにちは。
マサアキです。


私の中でお勧めしたい先物業者の一つにエース交易という業者があります。

この業者の「エースCXオンライン」というサービスが、

なかなかよく出来ているからです。


この、エースCXオンラインに口座を開くと

super LETACEという分析ツールを使うことが出来る
ようになりますが、この分析ツールが結構優れているのです。


ほぼ全てのテクニカル指標が網羅されており、これはお勧め出来ます。

Super LETACEについて私が良いと思う特色は下記の通りです。

<super LETACEの利点>

1. n分足の範囲が広い(n=1~720まで)→ 最大12時間足まで見られる

他社では60分足までしか見せてくれない会社が非常に多いです。 


2. 見られるテクニカル指標の数が37種類と非常に多い

移動平均線は200日(週/月)まで見ることが出来ます。 
    
その他に、一目均衡表やボリンジャーバンドは言うに及ばず、

出来高や取組高など・・・テクニカルといえるものは、ほぼ何でも見ることが出来ます。


3. 自前のデータ集計が好きな人には、

テクニカル指標のデータをExcel に移してExcel側で集計出来ます。

他社ではあまりこういう機能は聞いたことがありません。Super LETACE独自でしょう。


4. 複数のテクニカル指標を同時に重ね合わせて使うことが出来ます。

一目均衡表にボリンジャーバンドを重ねるなど、各々を独自に見なくても、

1枚のチャートの上で同時に2種類のテクニカル分析が出来ます。

私もよくやることですが、とても便利です。


<エースCXオンラインの特色>

1.手数料のボリュームディスカウント

金の場合、通常のラージ取引(1枚=1kg)には適用されませんが、

金ミニ取引には、ボリュームディスカウントが適用されます。

あと、これは各社共通ですが、

日計りの場合には手数料は日を跨いだ時の更に半額になります。 

ミニ取引だといっても侮れません。

金ミニだけで年間200万円強稼いでいる人が私の知人にもいます。


2.オンライン取引なのに現受けが可能

従来、現受けがしたければ対面取引を選ばなければなりませんでしたが、

このエースCXオンラインは現受けが可能なオンライン取引です。

私個人のことを言えば、私が最も執着するポイントを満たしてくれています。

現受けが無ければ先物取引ではありません。


最後に、

<エース交易にはもう一つの利点があります>

それは、小サイズの金現物が買える唯一の先物業者であることです。

※商品先物オンライン取引とは別サービスとなります。

金の店頭販売価格と買取価格がついに1グラム5000円を超えました。


つまり、それは金の1キロバーの値段が一本500万円を超えたということです。

1枚(=1kg)現受けすることも、大口資金を用意出来て取引する人以外は、

なかなか敷居が高くなってきました。 

自分の利益レベルに合わせて小口の金現物が買えるととても便利です。

利益の一部を現物にしておくことによって、

それがまた利を含んでいきますから・・・


小サイズの金現物とは具体的に、

5g、10g、20g、50g、100g、そして小さくはありませんが500gの各バーと、

10分の1オンス、4分の1オンス、2分の1オンス、そして1オンスの各金貨と・・・

これだけバラエティーに富んでいます。

この場合は一度出金して代金を振り込む手間は掛かりますが、

ここで現物が買えることは、

地金店が近くに無い地方在住の方にとても便利なことだと思います。


普段から金の購入に慣れていないと、

イザの時に遠く離れた都市部の店舗選びには多分困ることになります。

巷の店舗より安く買える上に、店舗選びの手間も省けますからね。
 

さて今回、ゴールドマーケットナビゲーターの読者様限定で、

エース交易さんからとてもお得な特典を付けて頂きました。 


キャンペーン期間中に「ゴールドマーケットナビゲーター」から

エースCXオンラインの口座を申込・開設されたお客様に限り、


豪華特典プレゼント

【特典1】口座開設月および翌月の取引手数料が全銘柄につき80円!
【特典2】「丼ぶり+茶漬け」セットをプレゼント!



あなたの先物取引もエース交易で、

効率的かつ楽しみの膨らんだ取引にアレンジしてみてはいかがですか? 

期間限定ですのでお急ぎ下さい。このチャンスを是非お見逃しなく!

エース交易の公式サイトはコチラ

☆キャンペーン期間 平成25年4月1日(月) ~ 平成25年6月28日(金)☆

2013/01/18 16:46

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る