金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


いつも不思議で奇妙なのは、

円建て金価格とドル建て金価格は同時に節目を迎えることです。


まずは2012年11月1日現在のチャートを眺めてみましょう。

【東京金 日足 移動平均線】  52日移動平均線でとりあえず跳ねている

↓クリックで画像拡大↓
18.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


【Spot Gold 日足 移動平均線】 65日移動平均線上 と ×0.382押しで跳ねている
↓クリックで画像拡大↓
19.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


ブログなので書きスペースの都合上、お伝えしたいことの要点を掻い摘んで書きます。


まず、金価格が天井から落ちてきて止まるポイントは、

ドル建ても円建てもタイミングはいつも同じであることが多いです。


今回は、円建て東京金が52日移動平均線、

そしてドル建てゴールドが65日移動平均線と

それぞれ同時に 金相場の重要平均線(1)

でとりあえず跳ねました。


従来ですと、

円建て金の方がドル建てゴールドよりも深く押すことが多かったのですが、

今回は珍しく逆になっています。



ただし円建て金で一つ気になるのは、

現在値より下に窓が開いていることです。

窓埋め(2) のケースが多いことを考慮すれば

下値警戒感が残ります。


一方ドル建てゴールドについてですが、

2012年6月28日の1548ドルから2012年10月5日の1795.83ドルまでに

248ドル上昇しています。


今回、この上昇幅の黄金率(3)の×0.382倍修正ポイントが、

ちょうど65日移動平均線に一致したという大変面白い現象が出ています。

このように複数の節目が一致するという現象は、

金相場ではしばしばある
ことです。



ドル建てゴールドは実に見事な跳ね方をしているのですが、円建て金の場合は、

開けられた窓のために、まだ目先がスッキリしません。

スイング派はまだ下を警戒しておいた方が良いでしょう。


上記の下線部(1)については、

私の無料メルマガ読者の方は直ぐに分かったと思います。 

そこに書いてあった移動平均線はやっぱり金相場の節目になることが

今回の相場を見てもお分かりでしょう?

いずれ(2)の窓埋めと(3)の黄金率についてもその中で改めて書きます。


では、また。

 

1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る