金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在1月22日版配信中)

[全部版はこちら] [全部版視聴にはオンラインセミナーと同一のID,PWが必要です]
2017/12/19セミナー申込で2018/1/31までGOLD Morningを全部(約5-10分)視聴可。申込はこちら
※2018/1/12より最初の約30秒のみのご提供となりました。お問い合わせは gold@goldmarketnavigator.com

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


ドル建て金相場の月足チャートを眺めていたら、

あるアイディア(仮説)が私の頭に降りてきました。 

相場があるパターンを形成すると、将来の目標値計算をする計算式があります。


それは、以下のようなケースです。

32.jpg


目標値計算については、いずれ改めて別のところで取り上げますが、

今回ここでは、上の二つだけ簡単に解説しておきます。

N計算値 = D=(B-A)+C  (AからBまでの上げ幅をCに乗せたポイントD)

E計算値 = E=(B-A)+B  (AからBまでの上げ幅をBに乗せたポイントE)



【Spot Gold 月足 中長期見通し】8.5年サイクルの天井はどれ程の高さになるか?
↓クリックで画像拡大↓
33.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。

さて、本題はここからです。

いつも言うように、

メリマンサイクル論で金(ゴールド)のグランドサイクルは約25年です。

その中に8.5年サイクルが3つ入ります。


最初の8.5年サイクルは2008年10月の681ドルで終了しています。

現在は2つ目の8.5年サイクルの中でちょうど4年が経過しましたが、 

このサイクルが満了するまでに、まだ3~4年位の時間が残っています。



今回の1年以上に及ぶ修正相場は終了し、再び相場は上に向いて動き出しましたが、

今回の修正相場の凹みを見て、

もしかするとN値またはE値が発動する可能性があるのではないかと思い、

シミュレーションしてみました。


上のチャートを見るとよく分かりますが、

現在の2つ目の8.5年サイクルは、2008年10月からスタートしています。 

そのスタートから2011年9月高値1920ドルまでは、ほぼ3年掛かっています。 


今からまた3年という時間をかけ、

同じ分だけ同じ角度で上げても、まだ現行サイクルの中には収まります。

そうなれば、

上記のN計算値とE計算値が8.5年サイクルの天井となる可能性はありますので、

これら2つの目標値が如何ほどになるのかを計算してみました。 


使用する数字は下記の3つです。

A=681、 B=1920、 C=1527

N計算目標値=(B-A)+C = (1920-681)+1527 = 2766 (ドル)

E計算目標値=(B-A)+B = (1920-681)+1920 = 3159 (ドル)



海外の貴金属専門アナリストが予想するゴールドの

最終天井値は、海外の読み物を読むと

8000~10000ドル辺りを言う人が一番多い印象を受けます。


中にはもう少し上を見ている人もいます。


第二8.5年サイクルが3000ドル前後を天井目標値にして

今を動いているなら、

最終の第三8.5年サイクルが8000~10000ドルを目標値にするという想定は、

かなり現実的なシナリオです。
  


なぜなら、商品市場が3波構成で上昇トレンドを描く時は、

最終第3波が最も高く反り上がるという特徴があるからです。 

ゴールドのような強気銘柄は特にそうです。


このことは、私の無料メルマガの中で、

"ライト・トランスレーション"という言葉で説明しています。

詳しくはそちらをお読み下さい。


彼らも数字を発表する限り、彼らなりの計算根拠があってのことでしょう。

決して根拠のない単純な強気感情論で

こういう数字を言っているのではないと思います。


では、また。

 

2012/11/29 16:05
こんにちは。
マサアキです。


金先物取引をしていて、最も気になることの一つは証拠金の金額です。


相場に取り組む側として証拠金は安い方が良いに決まっています。


証拠金が高くなれば、

資金を増やさない限り、建てられるポジション数が減少してしまいます。


つまり果実がなる(利益を含む)木の本数(建て玉の枚数)を、

以前と同じだけ植えられなくなる(建てられなくなる)ことを意味します。


証拠金の増減は、

東京工業品取引所(通称TOCOM)が相場状況に応じて決めることです。

相場が過熱気味になると証拠金を上げて熱を冷まし、

取り組みが少なくなって閑散としている相場には、

安い証拠金を魅力にして投資家を相場に呼び戻そうとします。



これはちょうどNY市場におけるFRBの金利操作に似ています。

かつて90年代の頃、当時のFRB議長グリーンスパン氏が、

NY株式市場などが過熱気味になると利上げに、

あまり調子が良くないと利下げしたりした、

あの理屈とよく似ています。



買い玉が調子よく利を含んでいる時に

大体このTOCOM が出てくることが多く、

大変余計なことをする迷惑な存在であることが多いものです(笑)。


経験を積んでTOCOMの動きに慣れてくると、高い値段が来た時に、

「そろそろ証拠金の増額がありそうだから、そうなると相場は冷えるだろう。
その前に一旦利食っておこうか。」 


という冷静な判断が出来るようにもなります。


相場には、「天井三日、底百日」 という相場の格言があります。

その格言通り、相場が底値圏にある時間帯は長く、

取り組みが少なくダラダラモードです。

こういう退屈な相場を嫌気して逃げ出した投資家を呼び戻そうとし、

TOCOM はよくこういう場面で証拠金の減額を行います。



そして、TOCOMが証拠金を減額したことがきっかけで、
相場は再び新たな上昇基調を作り始めることが多いものです。



・・・と金相場と証拠金の関係を言葉で述べればこんな風に綴れるのですが、

相場とは不思議なことが本当に多く、 

そういった何かの変化の発表や有事とも言えそうな出来事は、

テクニカル的な節目と不思議によく重なります。


何故かは深く追求しませんが、

私の無料メルマガでテクニカル分析を見て学んで頂ければ、

金相場は十分に取り組めます。 

金相場で利益を出すスキル=相場のテクニカル分析スキル 

と言ってほぼ差し支えないと思いますし、

海外のゴールド・トレーダー達の中でも、多くの人が同じことを言っています。


では、また。

 

2012/11/26 16:01
こんにちは。
マサアキです。


前回は、金相場と通貨の関係について書きました。

今回は金相場とNYダウとの関係を見てみましょう。


多くの人が、株が上がれば金(ゴールド)は下がるものだと思ってらっしゃるようです。

本当にそうでしょうか?

サラっとチャートを眺めてみて下さい。


比較しやすいように、時間軸は2枚のチャートとも上下揃えてます。


【NYダウ 月足】 
↓クリックで画像拡大↓
28.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


【ドル建てゴールド 月足】
↓クリックで画像拡大↓
29.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


2003年前半頃を境にしてゴールドとNYダウとの相関関係に変化

があったように見えませんか?

2003年以前は、両者は確かに反相関関係のように見えます。

しかし、それ以降はどう見ても順相関関係ですよね。


前回使った「教科書」 という言葉を今回も使うなら、

「ゴールドとNYダウは反相関関係である」 

が 従来 "教科書" だったと思います。


でも時代はいつの間にか変わっていました。

かつての "常識" も、いつしか勝手な "先入観" になっていました。


有事でも平時でも、資本主義が続く限り株の売買は永遠に続くでしょう。

しかし、金(ゴールド)が買われるのは現在のような経済的有事の時代だけで、

平時に長期上昇トレンドを形成するような買われ方をすることは、

金(ゴールド)の性質上あり得ません。 


ということであれば、

今の時代ならNYダウと金(ゴールド)が同時に買われる時間帯が存在することは道理

です。


市場のメインプレイヤーであるヘッジファンドはどちらでも運用して儲けており、

ファンドは概ね買いから入ることの方が多いと言われています。

そうなると、金(ゴールド)とNYダウの間で

損益の補完関係が出来ても不思議ではなく、

ダウで出してしまった損失を、

金(ゴールド)の利益で補填するという構図が実際に機能しているようです。 


このことはマネー雑誌でもよく解説されています。

それが事実であることを裏付ける箇所が、

チャートをよく見ると見つけることが出来ます。

概ね株の方がやや先に落ち始め、

しばらくしてからゴールドが後を追うように落ち始めます。


落ちるといってもこの場合、市場の説明では、

株で出た損失の補填のために売られた下落です。

確かにその下落はどこか株のそれより浅く、益出しが済んだら

金(ゴールド)の方は一足早く上昇トレンドに回帰していっているようにも見えます。


その好例がリーマンショック前後の両相場です。

金と株、両者とも暴落していますが、そのタイミングを以下のチャートでよく見て下さい。

数ヶ月のタイミングのズレが見えます。月足ですから、一本のローソク足は1ヶ月です。


【NYダウ 月足】
↓クリックで画像拡大↓ 30.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


【ドル建てゴールド 月足】
↓クリックで画像拡大↓ 31.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS Pro」を利用しております。


分かりましたか? 金相場と株式相場の関係は随分変わりましたね。

トレーダーの中には、

古くなったかつての"常識" を頼りに相場に取り組んでいる人がいますが、

その取り組み方は危険です。 相場は生き物です。

こうなるものだ・・・という先入観で動くと間違えることがあると、これで分かりましたね。

相場はやはり数字の世界であり、テクニカルが支配する場だと思います。


私の無料メルマガでチャートを見て分析や解析することの面白さに馴染んで下さい。

分かるようになると理論に納得がいくはずです。

分かるようになると面白くなってきます。

面白くなると、もっと知りたくなってくるはずです。

もっと知識がつくと、もっともっと面白くなってきます。


では、また。

 

こんにちは。
マサアキです。


金相場に取り組むあなたは、

普段から新聞やニュースは見たり聞いたりされていることでしょう。

少なくとも我々日本人の場合、金相場が動いた説明については

日経新聞などの読み物から受けることが多いと思います。


それらを読んでいて疑問に思ったことはないですか?

「ドルが下がるから金が上がるんでしょ? どうしてドルが上がってるのに金も上がるの?」

とか、

どこか腑に落ちない説明を聞いたり読んだ記憶がありませんか?


私もよく、「教科書通りです。」 という表現を至るところで使いますが、

こういうファンダメンタルズを話題にする時は使いません。 

ここで「教科書」という言葉を使うと、

「教科書」を改訂したり増刷したり、何かと忙しくなってしまうからです。


「ドルが下がると金が上がる」 という理屈は今日なお生きていますが、

「ドルが上がっているのに金も上がっている」 

などという場面も最近は見るようになりました。

こういう現象が特に増えたのは通貨ユーロが登場して以来です。


昔は基軸通貨ドル一極体制の時代であり、

米ドルが下がれば、資産の逃避先は金(ゴールド)、

もしくは2700トン強の保有金塊(当時)に拠って立つ国家の

スイスフラン位しかありませんでした。


ところが今はスイスフランの他に、ユーロが出てきたわけです。

1億3千万人の人口を抱えながら765トンという、

欧州の主要国に比べたら決して多くない金塊量しか保有していない日本の円も

米ドルの逃避先として話題にはなりますが、

ゴールドと日本円の直接的関係については、市場では全く論じられていません。


"ドルが下がればユーロが上がる" のですから、

"ユーロが上がれば金(ゴールド)もユーロと一緒に上がる"

・・・という方程式が出来てしまうわけです。 

普段、ほとんどのケースでユーロと金(ゴールド)は正の相関関係です。


ではユーロが下がると、金(ゴールド)も常に下がるのでしょうか?

現在進行中のユーロ危機については、

ユーロに突風が吹くようなニュース 
(ギリシャは既に意外性が無いので、スペインやイタリアなどの財政危機などのニュース) 

が出ると・・・


ギリシャよりもっと大きなスペインやイタリアまで危ないことがわかった。 
         ↓
これはユーロにとってもっと大きな危機だ
         ↓
だから危ないユーロが売られて金(ゴールド)が買われた 


・・・という説明と共に

ユーロは下げても、一つの主要通貨の危機を材料に金相場は上昇します。



ユーロ安とは、すなわち対ユーロでは米ドル高です。

これが "米ドル高 なのに ゴールド高 になる理由" です。

確かに、これでは昔の教科書は使えないわけですね。

米ドルの高安を見るなら、

以前にも触れた「米ドル指数」という主要6通貨から構成される指標がありますが、

使用人口が5億を超えるユーロ通貨だけを見ていても、ほぼ差し支えはありません。


実際に "ドル高時のゴールド高" をチャートで見て確認してみて下さい。

これは時々起こることであり、ほとんどの時は「教科書通り」ですが、

ある一時期だけそのような現象が起こっていることが分かります。


上下2枚のチャートの時間軸は揃っていますので見やすいはずです。


【ユーロ・ドル 月足】  二本の縦線に挟まれている時間帯はユーロ急落

↓クリックで画像拡大↓
26.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


【ドル建てゴールド 月足】 上のユーロ・ドルチャートと同じ時間帯は金上昇
↓クリックで画像拡大↓
27.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


上の2つのチャートで、それぞれ2本の線に挟まれている部分は同じ時間帯です。

見れば、ユーロが安く(ドルが高く)なっているのに、

ゴールドが上昇しているのが一目瞭然です。

その他の殆どの時間帯では、

従来の "ドル安=ゴールド高" の方程式が適用されていますが、

いつもそうだとは限らない


ということです。 

「何でもいいから、わしゃ、とにかく上がって行くんじゃ。」 

と金(ゴールド)が言うのが聞こえてくる

みたいに、金相場の上げ材料はまさに美味しいところ取りなのです。


いつもブログを読んで下さっている方が、気付いているかどうか知りませんが、

私はあまりファンダメンタルズについてブログでは触れない方です。

金相場はテクニカル知識だけで取り組めばまずOKだからです。


逆にテクニカル分析で急落しそうな見通しが立った時は、

何か大きなことが起こるのではという予感が立ちます。


そして、その時それが実際に起こることが多いのです。

金相場は結局テクニカルだ・・・と3年目位の頃から

金相場への向き合い方をテクニカル一本で決めましたが、

今日までのところ特に不都合はありません。

それゆえに、私の無料メルマガの主な内容は、テクニカル講座にしているのです。


では、また。

 

こんにちは。
マサアキです。


先日、またスイスに現物買いのオーダーを出しました。

今度はシルバーでなく、ゴールドインゴットを注文しました。

個人的には2002年以来、実に10年ぶりの金買いです。

国内店頭には無いブランドだったので気に入って買うことにしました。 

あと数日で届くでしょう。


ところで、その時シルバー・インゴットの在庫状況を

チラ目で見てややショックを受けました。

"Out of stock", "Out of stock", "Out of stock"

・・・つまり「在庫切れ」の表示なのです。

ちょっと前まではこんな表示は見たことがありませんでした。


実は、シルバーインゴットには人気が集中している銘柄があります。

↓これがその銘柄です↓
25.jpg


スイスPAMP社の1オンス(=31.1035g)シルバーインゴットです。

世界的にこれが大人気なのです。

気品のある美しいデザインに、世界的に有名な鋳造業者のロゴが入っています。

また、それ自体が保証書になるプラスチックケースに入っています。 

完璧でしょう?(笑)

私もいくつか持っている中の4枚をYahooオークションに出したことがありますが、

全てアッという間に高値でさらわれていきました(笑)

いるんですね、この日本にも・・・分かっている人が。


サイズもこの1オンスものが手頃で、

価格もまだ銀価格が本格的に高くなる前であるため、

送料込みでも1枚5~6千円程度で入手出来ます。

eBayでも購入出来ますが、オークションサイトでは争奪戦になるため、

まず業者価格よりはやや割高な落札価格になります。


海外の人たちは貴金属に対する嗅覚が日本人よりもかなり鋭く
(というよりも日本人の嗅覚が鈍い)、

読んだ空気に乗りながら投資を行っているため、

少々の割高感など意に介さないといった雰囲気で大賑わいです。



以前、将来の銀相場の見通しは明るいという趣旨で

書かせて頂いたことがありましたね。

銀(シルバー)の地上在庫が減っているからというのがその主な理由ですが、

一体どの位の銀在庫が地上から減ったのでしょうか。 


<銀の地上在庫状況の変化>

1990年・・・21億オンス             
     ↓
2005年・・・2億5000万オンス



何と15年間で実に10分の1です。

他の銘柄を見渡してみても、

こんなに在庫が減ってしまった商品銘柄は銀(シルバー)以外には無く、

決して見過ごしておける事実ではありません。


銀相場は金(ゴールド)に連れて確かに上がってはいます。

しかし在庫が10分の1まで減ったという程の状況を反映していると言えるでしょうか? 

多分、それはNoでしょう。

深く突っ込むつもりはありませんが、相場というところの胡散臭さをいつも感じますね。

しかし、2000年の頃の 「鉄と同じになってしまったゴールド」 から 

現在の 「やはり有事の資産」に復帰したゴールドの前例もあるように、

歪んだ相場は後で必ず修正されるのが相場の摂理です。


英語の資料を読めば、シルバー投資の推奨はいたるところで見ることが出来ます。

残念ながら日本語ではなかなかなく、あっても著者がアメリカ人の僅かな本だけです。

あのロバート・キヨサキも、彼の本の中で 

「シルバーは地上在庫の激減ぶりを見ると、1オンス2000ドルまで来てもおかしくはない。」 

と言っているほど、海の向こうではシルバーが大変熱い様子です。


今日現在、シルバーは1オンス32ドルです。

ゴールドは既に青天井の域に入っています。 

これはもう言うまでもないことでしょう。

しかし、シルバーはここまでで終りなのでしょうか?

シルバーも間もなく青天井の域に入るでしょう (シルバーだけが遅れてるんです)。


まあ、私のメインはあくまでゴールドです、シルバー投資についての踏み込み判断は

余裕資金の問題もありますから各自に委ねます。


現在、毎週発刊している私の無料メルマガは、

当初の構想ではゴールドだけを取り入れるつもりでしたが、

一部の方からシルバー投資についての質問も受けたこともあり、

いかにシルバーについての記述を取り込むか、そのタイミングを現在思案中です。


ではまた。

 

2012/11/17 15:51

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る