金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


まず以下のチャートをご覧下さい。

あのリーマンショック時前後の東京金日足です。

そして大きい左枠と小さい右枠の中を比較して下さい。

両枠の中の番号は対比です。

・・・・・・・・

気付きましたね?


東京金日足  【チャート表示期間】2008年2月~2009年8月
↓クリックで画像拡大↓
11.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


そうです。

右枠は左枠の縮小型相似形相場になっているんです。

相場が本当に人間の心理をありのまま映し出すのだったら、

こんなことって起こるのかと疑いたくなりませんか?

"過去の再来相場" というやつは、金相場だけでなく、NYダウやその他の相場でも

出没してるようです。

相場とは何と胡散臭い世界じゃありませんか?(笑)


上のチャートの相似形相場を今回お見せしたのは偶然のタイミングでした。

一昨日、

私の古くからの顧客である富裕層グループに配信したレポート

を整理していたら

当時のこれに触れているものが見つかったのです。


あなたにもお見せしたら面白く見て頂けるかなと思い、

今回ブログに引っ張ってきました。



2009年の春から夏への変わり目の頃、

2008年の再来相場が進行中であることに気付き(チャート中 ⑥~⑪)、

売買ポイントの案内に、これを活用した

私のレポートは

当時の顧客(上述の富裕層)を最も儲けさせた場面の一つでした。 

もちろん私自身もですが・・・(笑)

まるでカンニングペーパーを使って受けている試験のような相場でしたから(爆笑)

私にとっても色濃く残る思い出の一つです。


ちなみに

"再来相場"というものについて触れている本は巷にあまり存在しません。

しかし書店でようやく一冊見つけ、買ってきました。

やはり再来相場というものはあるんですね。

木を見て森も見るマサアキの相場を見抜く眼力は、

自信から確信に変わりました・・・なんて

某野球選手が以前、こんな似たセリフを言ってましたよね(笑)


今回の記事は、テクニカル講座の一環として

無料メルマガでの紹介にしようかと一度は考えました。


しかし、特に理論的な含みがあるわけでもなく、

パターンを見抜くセンスや眼力だけの問題ですので、

その気色悪さのインパクトをブログでお伝えしました。

チャートはこのように宝の山ですから大事にするべきだ・・・という教訓ですね。

では、また。

 

1

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る