金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


「金(ゴールド)に金利は付かない」 と雑誌などでよく言われてますね。

確かにその通りなのですが、

金を買う目的によってはどうでも良いことだと私は思います。


私、個人としては金を持つ目的は資産保全です。

持っている金の評価額が何倍になったと言われても売り気に誘われたりすることは

私の場合ありません。


しかし他の人にとっては、

値上がり期待の換金目的が金購入の動機かも知れませんね。

それはそれでも良いと思います。各人の思いは千差万別ですから。



実際に金現物を保有している人は、換金目的での方が多いのではないでしょうか?

その人たちにとっては金価格が上昇トレンドを維持している限り、

持っているゴールド自身の価格がドンドン高くなっているのですから、

あえて金利など付かなくても良くありませんか?(笑)


金価格上昇によって増加するゴールドの含み益の増加は、

金利レベルなんかの比じゃないはずです(笑)


「自分が金を買って持っているのは保全などではなく、

高値期待の換金目的のためだ。」 と

はっきりしているなら、黙って蔵の中にでも置いておくだけで良いですよね。


今の時代、安値で買ったゴールドを換金して得た現金は最高の不労所得でしょう。

売ると決めたら、不動産のように買い手が付くのを待つ必要もありません。


どんな高値の時に売りに出しても、

地金店はあなたからその日にその場で買い取ってくれます。

換金性は抜群です。


安く買って高く売るのは、金現物投資の場合も金先物と同じ理屈です。

買う時は大体安ければOKですが、不思議に売る時は利益確定の瞬間のためか

現物売却の時でもなるべく高値で売ろうと、つい貪欲になります(笑)。

誰だって高値で売りたいですからね。


現物投資派の人も

チャートを見ながら売り時を判断出来るようになったらきっと楽しいですよ。

私の無料メルマガは、金先物派はもちろん、金現物派の方達の投資活動も

応援サポートしています。


金先物にせよ現物にせよ、

私の頭の中にあることはとてもブログだけではお伝えし切れません。

時には絵を描くこともしたいからです。

毎週ペースで新記事を配信していますから、よろしければ是非読んでみて下さい。


では、また。

 

2012/09/29 15:05
こんにちは。
マサアキです。


金先物の世界でよく耳にする 

"オンス" は、私たち日本人には普段あまり馴染み

がないですよね。

日本の金先物取引では、金価格はグラム単位の取引で行われますが、

海外では1オンス単位で取引されます。

実はこの "オンス"・・・ 調べると色々な意味で使われているようで、

場合によっては、体積の単位を表すこともあるようですが、

ゴールドの場合は当然重量の概念が.適用されます。


ただ、重量の場合でも二通りあるようです。

ゴールドの場合は "トロイオンス" という単位がその正式呼称です。


今更のようですが、金1 (トロイ) オンスって何グラムかご存知ですか?

答えは 31.1035グラムです。


金価格のみならず、原油や穀物でも、国際商品価格は米ドル建値になっています。

それが刻々と動いており、通貨市場も一緒に動いています。

よって各々の瞬間に各国通貨建ての理論価格も換算値として決まっています。

輸入品の価格決定と同じ理屈です。


その国の通貨が米ドルよりも高ければ、

当国の通貨建て金価格を安くしようという力が働き、

通貨が安くなれば、金価格を高くする方向に力が働きます。

結局、各国の金価格は、ドル建て金価格と為替の二元的要素で決定されています。


しかし、円建て金価格には東京市場という直接円建てで取引されている場があります。

円建て金価格は、理論値とは別に独自の決定価格があります。

これによって、市場価格が理論値と乖離するという現象が起こり得ます。

しかし、市場価格は、理論価格に合わせようと意識しますので、

理論値から乖離した分については

自律的修正するように動いています。


因みに、円建て金価格の理論値は下記の計算式で求めることが出来ます。


金の円価格(理論値)=ドル建て金価格 ÷ 31.1035(グラム) × 為替(ドル円)


東京市場で実際につける価格が、上記の計算値を上回れば"割高" とされ、

下回れば "割安" とされます。

もちろん、それは近似値といえる範囲内での話であり、理論値が¥4565なのに、

東京の市場価格が¥4435なんて、そんな極端な乖離はあり得ません。

ほんの数円の乖離といったレベルの話です。

それでも"許されないこと?"なのです。

国際市場で決定される価格が"正"なのです。


では、また。

 

こんにちは。
マサアキです。


金先物に取り組んでいるあなたが普段使っている分析ツールは何でしょうか?

取引を委託する業者は世に数多くあります。


最初は誰でも相場の知識など無いので、

ついついどこの業者を使っても同じだと思い

適当に業者を選んでしまう人が多いようです。


でも、知っておいて下さい。 

各社千差万別だということを。

選ぶ業者によって取引結果の明暗が分かれます。

それくらいに違います。


何がその差になるのか・・・ 

それは口座開設時に各社が独自に配給しているチャート分析ツールの出来です。

そういうものがある業者なら、まだ良い方ですが、無い業者もあります。

そういう業者は、もう論外です。


金先物に限らず株でもFX でも、チャート分析ツールはトレーダーにとって命綱です。

チャート分析ツールを使わない相場参加は、

車の運転に例えれば目隠し運転に相当します。


全然大げさな例えではありません。

以前、私自身が金先物トレーダーとして色々調べた結果、

ベスト分析ツールは、はっきり言いますが、

北辰物産が配給している「DIAS Pro」です。

これ以上のものは多分無い思います。


他社のものですと、

円建て東京金は見れるが、24時間動いている海外のSpot Gold は見せてくれなかったりとか、

他の市場・・・例えば、ユーロドルなどの外為市場やドル指数、金鉱株

のチャートも参考にしたいのに、

「DIAS Pro」以外の分析ツールでは見せてはくれません。

あなたがデイトレーダー(日計りトレーダー)だった場合、

60分足までしか見られないなんて不都合のはずです。


市場と呼ばれるところは、実は異市場間でつながっています。

自分がやっていることが円建て金先物取引であっても、それはほとんどどの場合

Spot Gold 市場の映し相場ですし、円建て故に、ドル円市場も気になります。

Spot Gold 市場の先行相場である北米金鉱株指数だって、

金相場を占う目的で見たくなります。

それらを全て見せてくれる分析ツールは北辰物産の「DIAS Pro」だけです。


私が毎回、無料メルマガの中に載せているチャートも

「DIAS Pro」
から引っ張ってきているものです。

なるべく見易くしているつもりですが、あなた自身が「DIAS Pro」のユーザーであれば、

私の配信内容がもっと鮮明に伝わり易くなります。

これからは、もっともっと色々な角度から、金相場について配信していくつもりですので。


何やら、完全に北辰物産「DIAS Pro」の宣伝みたいになってしまいましたが、

あなたに良かれと思って、お伝えしました。


では、また。

 

2012/09/23 13:41
こんにちは。
マサアキです。


金価格も2000ドル越え目前になると、

一体天井はいくらまで行くんだろうと予想したくなるものですね。


ある人にとっては受け入れ難いと感じるような大きな数字

を言うアナリストも出てきています。


現在、一番多く聞こえてくる数字は8,000~10,000ドルでしょうか?

因みにこの予想数字は年々上がってきています(笑)。

中には25,000ドルと言う人や、56,000ドルなんて言うアナリストもいます。


今朝、私がメールボックスをチェックしていたら、

あるメールマガジンにリンクが貼ってあり、

クリックすると、巷の金価格予想に対してある人による雑感が書かれていました。

その人の金価格に対する見通しはご他聞に漏れずポジティブなのですが、

一つだけ首を傾げたくなる箇所がありました。

正確ではありませんが、含みはこういう文言です。


「金価格が1万ドルになるなんて大胆な予想をする人がいるが、

現在の1780ドル水準は、金価格上昇のスタート地点となった255ドルの既に7倍。

ここから更に今の5~6倍なんて、現実的とは言い難い。」
 


そりゃ簡単に 「あーそーなんですかー?」 とは言い難い気持ちは同情出来ます(笑)


しかしですね・・・

相場ってのは、

ある時点では想像も出来なかった程、驚くような位置まで動くものなんです。

実例があれば見たいですよね。

<NYダウ 月足>かつては3桁で安定していた
↓クリックで画像拡大↓
05.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


1980年代の前半、NYダウは1000ドル未満・・・つまり3桁がその数字でした。

今日の13000~14000ドルの水準を予想出来た人がその頃いましたか?・・・って話です。


次はどうですか?

<ポンド・円 月足>
 
↓クリックで画像拡大↓
06.jpg
(Chart 1) かつて 1ポンド=¥883だったの?
 ※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


こんな時代があったんです。

当時は普通の日本人にとって海外旅行は高嶺の花でしたが、道理です。


↓この時代を知らない人もこれを見れば頷けるでしょう?
↓クリックで画像拡大↓
07.jpg
(Chart 2) そして今・・・¥120割れを見た
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


単純に昔は1ポンド=¥883だっただけでも驚きですが、物価水準の推移を考えれば

実質はもっと動いてるんですよね。40年前の¥883ですから。


ついでに、最も安い先進国通貨もお見せましょう。

<NZドル・円 月足>
↓クリックで画像拡大↓
08.jpg
(Chart 1)  1 NZドル=¥433だったの~?
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


今からこの時代を見ると、ただ驚くばかりです。

そして、最近・・・

↓クリックで画像拡大↓
09.jpg
(Chart 2)  そして最近 ・・・ 1NZドルは¥40さえ割れそうになった
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


そして2000年の終り頃には最安値¥41台を見ました。

かつて70年代は¥433もつけていた通貨です。

数字的にのみでも、実に10分の1以下の安値です。

しかし、物価推移を考慮すれば、本当はもっと動いていることになるのでしょう。


実例は枚挙に暇が無いのでこの辺までにしておきますが・・・

如何ですか? 相場とはこんなにも動くものなんです。


さて、話を金相場に戻しましょうか。

今日私が言いたかったことは、

「今は既に価格が最安値時のxxx倍になっているから、

ここからまた今のxxx倍になるなんてことは無いだろう」 


なんて発想は無意味だということです。


ちょうど今、

私は自身の無料メルマガ

金のサイクルをレポートさせてもらっているところですが、

全ての相場にはその一生と言える大周期があり、金相場のそれは25年です。


1999年の1オンス255ドルを起点として上昇中の金相場は、

現在年齢を人間の一生に例えると、まだ30歳台といったところでしょうか。

生涯を閉じる(天井をつけて下降トレンドに入る)には、

まだ残された時間があり過ぎます。

もしかすると、あと10年位はあるかもと見ています。

相場の一生において、天井期が近づくにつれ、

以前よりも、短時間でより大きく上昇するようになります。


そうなった時に、今の時点では考え難いような値段が、

現実に視界に入ってくるようになると思います。

従って、

人々が "考えられない" とか "そのシナリオは無いと思う" とか言ってる間に

自分はその中に先に踏み込んでいないと、

相場でちゃんとした利益を上げることは出来ません。




金価格がまだ300ドル台だった頃、

ワールドゴールドカウンシルの日韓地域代表豊島逸夫氏のセミナー

に出掛けていったことがありましたが、

「金相場の調子は良いけども、

1980年1月の金価格865ドルを超えるなんて・・・

さすがにそこまでのシナリオは私は無いと思います。」 


と当時の豊島氏は言ってましたよ。

ですが、現実はもうご存知の通りです。

865ドルどころの騒ぎじゃないですよね~(笑)


「活字になっているから真実だと思う・・・」とか

「その道の専門家が言うからその通りになるだろう・・・」とか 

正しいかどうかも分からない他者からの忠告に、

自分の考えがそんなに簡単にブレている様では投資家や投機家は失格です。



意固地になっても勿論だめですが、

相場の世界には色々なことを言う人が今後も出てきますよ。

言論は自由ですから・・・


あなたはあなた自身が拠って立つ軸を持ちながら

相場に取り組めるようになって下さい。

そのためにはしっかりとした勉強が必要です。

相場で儲けるメンタリティーを作るのはあなた自身の勉強の結果だけです。

私がお手伝い致します。


では、また。

 

こんにちは。
マサアキです。


つい昨日のこと、ある人から、「金もFXも株も、結局相場は博打ではないのか」

という意見がありました。


全否定はしません。

予想に基づいて行動し、

その予想が当たったり外れたりする部分は博打と言えば博打です。

ただ、「博打」という言葉は何かネガティブなインパクトがあり過ぎ、

相場に大して受け入れるには正直少々の抵抗感が私的にはあります。


丁半博打の場合、2つのサイコロの和が奇数か偶数か予想することに

理論的な根拠は無いと思います。 

単にどちらか一方に賭けるだけのことであり、完全に運任せです。


ちなみに、上記で「相場が博打だ」と言ったその人にトレードの経験はありません。

2008年の10月末、私のアドバイスで、

当時福岡市内にありったけの金現物(もちろん冗談です)

を買い込んだことがあるだけで、金先物取引は未経験者です。

つまり、金相場のチャートなどは普段から見たことがない人です。


こういう人の.視点に立てば、金に限らず先物トレーダーなどは、

ただの博打打ちに見えるのは分かる気はします。


金先物取引が未経験の方に申し上げますが、金でも株でもFX でも同じですが、

トレードというのは "博打" とはちょっと違うんです。

どこが違うのかここではっきり言っておきましょう。


トレードでは、 近い将来価格はこう動くだろうという予想が立つのです。

つまり相場には未来予想図が描けるということです。

予想というからには、そのシナリオに根拠があります。

その根拠こそ、私の無料メルマガで毎週配信している "テクニカル" 知識です。

そのテクニカル知識は、

いわば、「相場はこのように動くんだよ」という交通ルールブック

のようなものです。

そういうものですから、

このテクニカル知識武装なくして取り組む相場は・・・

確かに "大博打" です(笑)。


「ここを上抜けたら次はここまで上がる」 とか、

「ここを下抜けたら次はここまで落ちる」とかいう 

"ルールのようなもの" があるから予想が出来るんです。

予想が出来るから取り組めるんです。



ただし・・・もちろんその "予想" はいつも完璧ではありません。

なぜなら、描けるシナリオの数が2~3つと複数存在する場合が多いからです。

この部分だけはどうしようもありません。


しかし、理論的な根拠に基づく行動は暗闇の中で見えない敵に向かって

機関銃を乱射しているような愚かな行為ではありません。


シナリオを描いた後は、それが実現するかどうかを見守ります。

途中でシナリオが間違ったと気付いたら、速やかに軌道修正を行えばいいのです。

もう一度・・・この程度のリスクは共存していく以外に方法はありません。

だから、相場は余裕資金でやりなさいと言われる所以なのです。

ライフマネーを投じてはいけません。


しかし、頭の中で相場の "ルール" を知っておくと、

少なくとも大外れするリスクは激減出来ます。


裏返して言えば、自分の思い通りに相場が動いてくれる確率が一気に高まります。

丁半博打とはここが大きく異なる点です。


ですから、あなたもテクニカル知識をしっかり身につけて下さい。

常々言っているように、

金相場のテクニカル知識は覚え易く、比較的お金が作り易いのです。

私も精一杯サポートしますので。


では、また。

 

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る