金先物投資家 マサアキ 公式ブログ ゴールドマーケットナビゲーター

  • ブログ
  • 金相場予想
  • セミナー
  • ゴールドメンバーズ

1961年生まれ。名古屋市出身。九州大学卒業。
某名門外資系企業勤務時代に先物取引に出会い、プラチナ先物取引でわずか2ヵ月で150万円を600万円に運用。
後に金先物で600万円を7000万円まで運用。現在、資産1億円以上の富裕層向けに金投資コンサルティングを展開。 ゴールドマーケットナビゲーター(ブログ・メルマガ)を運営し個人投資家に無料で情報を配信中。

GOLD Morning 毎日朝10時30分前後配信!!(現在1月12日版配信中)

公式メルマガご登録

こんにちは。
マサアキです。


最近、何人かの方達から同じ質問をほぼ同時に頂きました。

受けた質問は・・・

「金(ゴールド)にせよ銀(シルバー)にせよ、どれ位買ったらいくら儲かるの?」 

です。 

この質問は先物でなく、現物の金(ゴールド)買いを考えての話だそうです。

お金に余裕があれば現物を買ってじっくり熟成させるのも良いでしょう。

万一、買った値段より一時的に下がってしまったとしても証拠金取引ではないので

追加担保を入れる必要も無く、

上昇トレンドの最中ですから黙って値の回復を待てばいいだけですから・・・

余計な神経を使わなくて楽ですからね(笑)


では、本論に入ります。

クリップボード01.jpg

現在の金価格の位置は上の図で言えば、真ん中の第二波前半です。

上がり始めた相場の最初は非常に緩やかな動きです。

緩やかな上昇に対しては、調整(下落)も緩やかですが、

相場は段々と勢いづいてくるものです。いつまでもマッタリとした動きではありません。

最初の緩やかなステージが終了し、次のステージが始まると動くスピードは

いきなりグッと増します。そのステージが終了し、そのまた次のステージが始まると

更にスピードが増します。

以前なら何ヶ月もかけて動いていた値幅が、

今は既にわずか数日で動いています。


例えば、

10年前なら1年かけても60~70ドルも動けば良い方だったのに、

今ではたった1日で100ドル以上動くこともあります。


たった1日で100ドル動くことがあるのですから、

底から天井までの値幅は、今ならほんの数ヶ月で300~500ドル位になるなるわけです。

そのうち1000ドルを超えるようになっても何もおかしくはないことです。


では、ここで質問者の方たちが知りたかったことを計算してみましょう。

極めて現実的なシュミレーションです。


<想定条件>

ドル円相場:78円 で止まっているとするとしましょう

買う金現物:1kgバー(=1000g)を一枚

動いた金価格:1650ドル→2250ドル(600ドル)


<計算>

ドル建て金価格が1オンス(=31.1035g)1650ドルの時の円建て金価格(1グラム)を計算します。

1,650ドル÷31.1035グラム×78円=4,138(円/グラム)

つまり、この時の 1kgゴールドバーの税抜き価格は、4,138,000円です。

消費税込みだと、4,138,000円×1.05=4,344,900円になります。


では、ドル建て金価格が2250ドルになった時の円建て金価格は・・・

2,250÷31.1035×78=5,642(円/グラム)

この時の 1kgゴールドバーの税抜き価格は、5,642,000円となり、

消費税込みだと、5,642,000円×1.05=5,924,100円になります。

ここであなたが満足し、1kgゴールドバーを貴金属店で売った場合の儲け額は、

5,924,000円-4,344,900円=1,579,200(円)です。


想定条件ではドル円レートを固定しましたが、実際には動いていますので、

決済時のドル円が78円より円高ならば5,642,000円より少し目減りしますが、

円安ならば逆に少し増えます。



税金のお話もしておきましょう。

金地金を売却したお店からあなたに払われた消費税は、

個人の場合は納付義務はありません。 

納付義務があるのは、あなたが個人事業主もしくは法人の場合です。

しかし、この場合でも納付免除枠1000万円があります。


ただし、売却益そのものについては譲渡所得として申告義務があり、

譲渡所得には課税されます。


課税は、金地金保有期間が5年以内なら (譲渡所得-売却手数料) に対してなされますが、

保有期間が5年超なら、(譲渡所得-売却手数料)×0.5 に課税されます。


金先物取引で得た所得には分離課税が適用されるのに対し、

金現物売却による所得には総合課税が適用されるところが異なる点です。



では最後に関心があるのは、金は一体いくらまで上がるのか?ですね。

最もよく聞こえてくるのは、1オンス4000~6000ドルという数字です。

8000~10000ドルと言う人もいますし20000ドルなんて数字を出す人もいます。

いずれにせよ、私も個人的には4000ドル以上の価格が実現すると思っています。



既に昨年の9月6日には2000ドルの一歩手前まで実現しています。

そして、長く1年にも及ぶ調整期間を経て、今再び上昇を再開しようとしています。

しかも、通常、金(ゴールド)は秋口から冬にかけて高騰することが多いという

季節的傾向があります。丁度まさに今ですね。


底付けも5月16日の1527ドルで終了していると思います。 

したがって金(ゴールド)の現物買いをお考えの方は急ぐべきです。


これで答えになりましたでしょうか?

無料メルマガなどでも、詳しく説明していきますので

メルマガ会員様の方は、またいつでもご質問下さい。


では、また。

 

http://goldmarketnavigator.net/re/hoxin/
2012/08/31 12:41
こんにちは。
マサアキです。


金先物を始めて3~4年目位の頃、私はある奇妙なことに気付きました。


金相場が天井を付ける頃には決まったように、

日経新聞に金(ゴールド)の記事が出る
のです。

大体その時は、

"金市場にファンドの資金流入" とか

"金価格大きく上昇" または

"世界の投資家が金に殺到。金の輝き増す" など・・・

非常に調子の良い論調の表現で飾られます。


家庭の主婦など、

普段金(ゴールド)のことなど全く意識していなさそうな人の目が

その記事に触れたら、多分その人達は慌てて買いに走りたくなりそうな、

そんな風に記事は書かれています。


しかし、概してその日は素っ天井である場合がほとんどなんです(笑

カモにされるのは何時も素人さんです。



反対に金価格が奈落に落ち、

最後に蜂が一刺しするような深い押しを見せたその時は,

あたかも 

「もうこれで金は終りだ。もうこの先落ちて行く一方だ。」 

と言わんばかりの論調で記事は書かれます。

その時よく使われる表現は・・・ 

"金の魅力が薄れてファンド投売り"とか 

"ドルの輝き戻り、金に売り浴びせの嵐" とか

いった感じのものです。

ドルが輝いたと読まされれば、素人さんはそりゃ慌てるでしょうね(笑)


お分かりだと思いますが、こういう記事が出た時が絶好の買い場なんです。

あなたはきっと騙されないと信じてますが、

やはり活字のマジックというべきなのでしょうか。

メディアに書かれてしまうと何でも真実に見えてしまい、

心が躍って反対の行動をとってしまいますよね。


これらの見出しに躍らされて慌てた行動を取ると、

反対に損失結果を招くことが多い
ですから

気をつけて下さいね。


最たる適例は金価格が255ドルの大底をつけた時のことです。

日経新聞ではありませんでしたが、

「金は安くなり、鉄と同じになってしまった。」 

とよくそこらじゅうで書かれていたのを思い出します。

投資家を集めた講演会で同じことを言っていた某有名投資顧問もいました。



この頃、東京御徒町の貴金属商の前で金(ゴールド)売却の列が出来たのです。

売却列の写真が当時の雑誌に載っていました。

金(ゴールド)といえば1グラム数千円が常識だったものが、

百円単位(先物価格で1グラム¥836)まで下落したのですから、

それ以前に金(ゴールド)を買っていた人達の心中は察するに余りがあります。


しかし、当時の売却列の中に入ってしまった人達には

もっと冷静でいて欲しかったと思いますね。


金(ゴールド)なんですから・・・ 鉄と同じ訳ないでしょう?


あの時に、金(ゴールド)を売ってしまった人達は今どんな気分でしょうね。

聞いた話によると、売却してしまった人達が買った最多価格帯は、

下落途中の1グラム2000円台

だったようです。


なんと言っても1980年の1グラム6495円から下がってきた金価格ですから、

2000円台という価格帯には買い値頃感が台頭してきたのでしょうね。

それで、その時に金(ゴールド)を買った人が多かったですが、

金価格の下落は2000円止まりで許してもらえず、

何と心理的節目の1000円割れ水準まで連れて来られてしまった

ということらしいのです。

それで、メディアは 「金は鉄と同じになった」 というコメントで止めを刺し、

民間が値頃感ブームで買い上げた金(ゴールド)を再び市場に掃き出させた・・・

というわけなんです。



メディアというものは恐ろしい洗脳道具です。

メディアを利用できる者達は、

あなたを洗脳してあなたの優良資産を奪っていけるんですね。

決してあなたを儲けさせるために

記事が書かれてるんじゃないと分かるでしょ?

事実はむしろその反対です。

では

「日経新聞など読むべきじゃない?」と言われそうですが

いいえ、とんでもない。読まなきゃダメですよ。

せっかく天井も底も近いことを教えてくれるんですから・・・

問題はその "読み方" です。

日経新聞もまた私に稼がせてくれた優良な投資手段の一つなんです。


今後、あなたにとって有益と思われる情報である程度ボリュームが嵩むものは、

私の無料メルマガに載せるように致します。 

文字数が多くなりそうなものはそちらの方が読みやすいと思いますので・・・


では、また。

 

こんにちは。
マサアキです。


以前にある人の講演会に行ったらこんな話を聞きました。

「海外からある金融関係者が日本に出張で来た時、その人から

"日本人は金の話を全くしない不思議な人達だね" と言われたことがあります。」
 
・・・ですって。 その通りですよね?(笑)


海外では違うのかって? ええ、全然違うと思います。

実際に海外の人々はもっと金(ゴールド)や銀(シルバー)を意識してますね。

ストレートに"GOLD" なんてタイトルの雑誌が発刊されていたり・・・

金価格だけのニュース番組(http://www.kitco.com/Exclusive-News/) が毎日あるし・・・

私たちの日本にそういうものは両方とも無いでしょ?

彼らの社会では金(ゴールド)はもっと身近で日常的なんです。


米国や英国には貴金属専門店がたくさんありますし、

彼らのウェブサイト上でカタログを見ながら注文出来ます。私も買ったことがあります。

カナダの人たちは自国のメイプルリーフ金貨を銀行で買うと、カナダで聞きました。


ヨーロッパのドイツ語圏や中東のドバイでは金(ゴールド)の自販機まで置かれています。

日本は自販機大国ですが、それでも金(ゴールド)の自販機は見たことがないですよね(笑)


インドの金消費は世界一ですが、最大の需要期は彼らの結婚シーズンです。

花嫁の持参金があの国ではゴールドなんですって!

中国人は歴史的に自身の国を全く信用してないそうなので、現金をそのまま保有するより、

余分なお金があれば金に換えてしまう人々が多いそうです。

昨今の中国人は現金を持ち始めましたから余計にその需要が膨らんでいるはずです。

両国とも10億を超える民を抱えていますから、この2ヶ国だけでも金の需要は莫大です。

その上に現在のユーロ危機や米ドル安問題などが、金需要に拍車をかけているわけですから、

教科書的には金を売る理由がまず見当たりませんよね。買いに走る方が自然でしょう。

ついでにもう一つ、フランス人の一世帯あたりの金保有量はなんと平均830gだそうですよ。

あなたの家には830gの金(ゴールド)がありますか?


こんな世界的金(ゴールド)買い情勢の中、売り手サイドに回っている国が

一つだけ存在しているのです。どこでしょう? 

我らが国日本です。これを読んでみて下さい。


何かにつけ日本という国は世界の潮流とは異なる方向に進んで行こうとすることが

多い気がしているのは私だけでしょうか?


しかし世界にとっては日本の金売りは非常に好都合でしょう。何故かって?

こんなに多くの富裕層を抱える日本の民が一斉に金(ゴールド)を

買い出したらどうなるでしょうか?

一説によれば、ジャパンマネーの僅か1%が金(ゴールド)に向かっただけで、

金価格は1グラム1万円を超えるらしいですよ。


不景気だとか給料が上がらないなどと言いながらも日本人はお金を持っています。

富裕層(純金融資産1億円以上持つ人)と呼ばれる人の数が

日本は米国に次いで世界第二位なのです。第三位のドイツと数で2倍の開きがあります。

これを参照して下さい。


日本人は、皆が行く方向に安心して付いていく傾向を持つ人々であることは

海外でも定評があります。

日本で特殊なマーケット(極端な大相場)が生まれやすい土壌は、

日本人のそういう行動傾向に起因しているものであると海外金融筋も理解しています。

ただでさえ潤沢なジャパンマネーが、金(ゴールド)に対して買い向かってくれば

金価格がどうなるかぐらい誰にでも想像がつきます。


世界が少しでも安く金を買えるためには、「金を買う理由」 から

日本人の目をそらす必要があったのではないでしょうか? 

日本人に金を買わせてはいけない、むしろ日本は売り手サイドに廻ってもらおうと・・・

日本はメディアを通じて外国に操られてきたように私は感じます。


外国に比べて金価格の報道が極端に少なく(それでも最近は多くなった方)、

こんなにも金(ゴールド)と疎遠な国民は世界でも珍しいのです。


東京の貴金属店のショーケースの中にあるゴールドは中国人とインド人に

買いさらわれています。

日本人の場合、最近は売りに来た年配の女性達しか見たことがありません。

私はとても残念でなりません。


しかし・・・

他の人がどうであれ、あなたは金(ゴールド)を売ったらダメです。

今はまだ買いの時間帯です。

特別な事情が無い限り、あなたは買い手のままでいて下さい。

まだ当分そのままで良いのです。


では、また。

 

こんにちは。
マサアキです。


先週号で「銀相場のポテンシャリティ」について

チャートを使いながら説明させて頂きました。

銀相場が他の貴金属に比べて出遅れ気味であることを強調したかったわけです。


相場というところはいつも理論的な秩序が保たれているわけではありません。

常に歪みや行き過ぎ、またはアンバランスを生んでいます。

相場の歪みの典型例は、上がり過ぎと下がり過ぎです。

上がり過ぎた相場は必ず下がりますし、下がり過ぎた相場は必ず反転上昇します。


そうです、相場で重要なことは・・・

"歪み(行き過ぎ)は必ず修正される"

ということなんです。


ゴールドとシルバーの場合も、

両方が1980年時の高値よりも上にあるなら納得ですが、

片方(ゴールド)は当時の2倍以上の値をつけているにも拘わらず、

もう一方(シルバー)は当時の値より下にあるなどというアンバランスな事実・・・

やはり私は見過すことが出来ません(笑)

これは「異なる二つのマーケット間のアンバランスという一種の歪み」

だと私なら見なします。

だから銀相場が今からでも更に上に伸びる余地の大きさを予感させるのです。

つまりシルバーが先に上に行ってるゴールドに追いつこうとする動きですね。



先週、少し触れましたが、GSR (Gold Silver Ratio) というものがあります。

名前だけは格好良いですが、大した概念じゃありません。

先週も書きましたが、

単にドル建て金価格を銀価格で割っただけの数字(金銀比価)です。

8/17午前現在のGSR の値は57.26です。

つまり現在、金価格は銀価格の約57~58倍だってことです。

銀価格が金価格に近くなって行けば、GSRが小さくなっていく論理はお分かりですね。


もし、金価格が4000ドル(現在1600ドル)になり、

銀価格(現在28ドル)が100ドルになれば

GSRは40ポイントになり、現在よりは両者の距離が縮まったことを意味します。


つまりこうなれば、

銀価格の金価格への割安感が解消される動きがとられていると言えます。


このGSRは、10ポイント台から100ポイント位まで非常に幅広く動きます。

銀(シルバー)の現在の地上在庫事情を考えれば、

銀価格が当分の間、下方向に戻る理由はどうしても考えられません。

金価格の更なる上値余地を考慮に加え、

なおかつGSRが30ポイント台→20ポイント台となっていけば、

銀価格が1オンス100~200ドル位になっていくことは、

そんなに非現実的じゃないどころか、かなり現実的なことだと思います。


金価格が250~260ドルだったのは、ほんの12年前です。

この時、世の中は誰も1000ドル超えの金価格など笑って信じていませんでした。

それが今は300ドルも下がって1600ドルなんですよ。

相場というのは、「え~っ?」という驚きを作るものなんです。


ただ日本では銀先物の取り組みは、金先物に人気を取られて薄商いです。

銀(シルバー)に関して私は先物を勧めません。

現物買いがお勧めです。

もちろん私も今、銀(シルバー)を買い集めてます。

チャンスを見逃さないように。

では、また。

 
2012/08/21 12:30
こんにちは。
マサアキです。


国内外貴金属相場は、

まる1年という長きにわたる調整相場を余儀なくされてきましたが、

その調整もかなり煮詰まってきました。最終段階に入ったと思います。


このように日柄の長い調整局面の後に訪れるのは、

相場の寿命が継続している限り、「高騰」です。

次の上昇波で海外金相場は2000ドルを大きく超えていくと思いますが、

金相場については、もう誰もが確信していることでしょう。


今日、私が触れたい内容は、実は銀相場についてなんです。

今のうちに言っておかなければと思って少々慌てて書いてます。


なぜなら、私は今後の銀相場の将来性について明るい見通しを持っており、

間もなく再開するであろう金の高騰時に、

銀も金と一緒に上がっていくと予想しているからです。

そしてそろそろ、その時期が接近してきていると見ているからです。


なぜ今、私が銀を押すのかについてはこういうことです。

貴金属4兄弟(金、銀、白金、パラジウム)の中で、

2012年夏の今日まで、未だ大きな相場を見せていない銘柄が、

唯一銀(シルバー)だけなんです。

以下のチャートを見て下さい。 すぐわかります。


<金相場 月足> 1980年時の水準よりはるか上を行く金相場
↓クリックで画像拡大↓
01.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


金相場は1980年高値の2倍以上まで高騰。

1980年水準からドンドン上に離れて行きそうに見える。


<白金相場> やはり1980年時よりも上を行く白金相場
↓クリックで画像拡大↓
02.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


リーマンショック前の最高値は1980年高値の約2倍まで高騰。

その後急落するも、未だ1980年水準より上に滞空してます。


<パラジウム相場> やはり2000年時にとんでもない大相場を経験済み
↓クリックで画像拡大↓
03.jpg
※上記チャートは、北辰物産の「DIAS」を利用しております。


パラジウムだけは上場時期が違うために高値が1980年ではないが、

2000年に既に大きな相場を見せているので、

これもやはり大相場経験済みということです。


<銀相場> 大きく上がりはしたが未だ1980年時の高値より下にいる
↓クリックで画像拡大↓
04.jpg
※上記チャートは、コチラの業者のチャートを利用しております。


賢明なあなたならもうお分かりでしょう?

銀(シルバー)が典型的な「出遅れ銘柄」だということが。

つまり、各銘柄の1980年水準を基準に見ると、

銀価格だけが異様に安く見えるんです。

「出遅れ」ているということは、先を走っている方(つまりゴールド)

にいずれ追いついて行く動きをとるということです。

そして、"追いつく"ってことは、

短い時間で一気に遅れを取り戻す動きをどこかでとらないと、

"追いつく" にはなりませんよね。

相場の一番美味しいところですよ。



今日の内容は、

次回でもGSR (Gold Silver Ratio) という概念で説明しようと考えてます。

何やら大層な事のようですが、単に「金銀比価」の意味です。

全然難しくありませんよ。しかし重要ですから・・・


ゆとりがあれば、いつもの金(ゴールド)に加えて

銀(シルバー)の現物の購入も視野に入れると、

貴方の資産運用の助けになると思いますよ。

ただし銀価格が安いうちに・・・ですね www

それがちょうど今なんです。

では、また。

 
2012/08/14 12:26

マサアキ×ヴィーナス

ヴィーナス

金先物業者の名門
フジフューチャーズとマサアキの
タイアップ企画。
このブログから口座開設し5枚以上取引したら、もれなく「金」読本
(日経BP)をプレゼント!

マサアキ×日産センチュリー

日産センチュリー

このブログから口座開設し3取引以上したら、 もれなく「商品先物取引入門の本」をプレゼント!

純金積立 楽天証券

ネット証券初の月1千円から出来る純金積立は、 楽天証券だけです。
金投資の一種ですが、低資金で始められるため、 近年非常に人気です。
私も定期預金代わりにやっています。

先頭へ戻る